2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「映画・テレビ」の120件の記事

2021年7月 9日 (金)

ソーイングビー(3)決勝戦1

いよいよ決勝戦、どぎもを抜かれたのはエズメ女史のビーズの総刺繍のジャケット、これを最後に見せるために、これまでビーズ作品を小出しに見せていたのか。いや、見事にまばゆい傑作である。Photo_20210709110001

 

さて、第一課題、正統派のヴェスト、小型だけれど、難題である。細部の縫製の手順に細心の注意が必要、リアは例のごとくパニックに陥り、芯を張らずに裁断、しかもあろうことか、肝心の裏地をつけてひっくり返すところを、リカルドに頼むとは?これって、ルール違反じゃないの?

リカルドはこのコンテストのことを、自分との闘いだと言っていたけれど、こんなハプニングは想定外、一番時間を有効に使わなければならないときに、イタリア人の女性へのやさしさを利用されて、邪魔された、といってもいい、しかもリアはリカルドに助けられたことを、あとで感謝している言葉もなかった。

 

第二作目リメイクも、リカルドは損をしそうな予感がする。次回に立ち直ってくれることを祈る。

 

 

2021年6月23日 (水)

「辻仁成の春のパリごはん」のこと

61歳の辻さんは、パリの街を歩いていたり、車を運転しているときはとても、その年齢には見えない。半分ぐらいの歳に見える若さ、溌剌さをたたえている。

それだけ外国で暮らす、緊張感はあるけれど、その場所が好きであるなら、なんともいえない高揚感を持ち続けていられるからであろう。

でも自宅で書斎に入り、作家の顔に戻るときは、年齢相応の表情になる。

彼がこのコロナ禍の生活で悟ったことを語ったときの表情はとても好ましく、語りの内容に大きな共感を持った。

世界がそのドアを閉ざし、今までのやり方では通用しない、スケジュールできない、予測のつかない状況になったとき、日常こそが、自分を幸せにしてくれる根本の問題だと悟ったという言葉である。

夕食の買い物がうまくいき、献立が成功して、食べた家族も美味しいと言い、自分のメニューの選択と作った味に満足したときの、充実感、幸せ感、それを大切にしなければ、とわたしも、日々思うからだ。

 

辻さんの料理はずいぶんとワイルドである。スパイスの入れ方でわかる。でも何を入れるべきかをわかっている彼のコック力はスゴイのだろう。ナツメッグをけずったり、クミンやカルダモンを加えたりする。あの、クスクスは絶対おいしいと思った。

美味しいものを食べさせておけば、安心、という言葉もジンときた。我が家の孫二人が三歳一歳で父親を失ったとき、わたしはともかく、その母親も加えて三人に美味しいものを食べさせなければ、と思いつつ、およそ十年の月日を援助した。

人間は毎日食べなければならない。その根本に手を抜かなければ、人生は生き抜くことができると確信するからだ。

 

アドリアン氏はもっと崩れた感じの人か、と思ったらそうではなかった。皮コートをまとった、哲学者の風貌、辻さんのとつとつ仏語をウイ、ウイと励ますように返事しながら聴いている。ますますファンになった。

 

辻さんの購入した海に近い家はステキだ。彼の家に対するセンスは女性もかなわぬものがある。あの窓を持つ小さな書斎で、彼はまた傑作を書けると期待する。

 

観光客のいないパリはコロナ禍の緊張が伝わるというよりは、街元来の美が戻ったという感じの方が強かった。住んでいるひともそれを感じとる余裕があるのだろう。

ドキュメンタリーの構成は見応えあったし、特派員には真似のできぬほどの、パリの今が伝わってきて、目が離せぬ一時間だった。

 

但し、彼のロックの才能はスゴイのだろうけれど、シャンソンはしゃがれ声ではなく、しみじみした語りの優雅さが欲しい。

 

 

 

2021年6月 6日 (日)

ソーインビー(3)8.9.10から、優勝予測

パトリック氏が言うように、J の付く名前の三人が目立ってきた。それに続く、男性ただ一人の生き残り、リカルド、この四人の決戦になりそうだと、予測している。

 

縫製の技術はイマイチだが、リアの色彩、デザインセンスは好みである。

背丈157センチが自分と同じなので、一段と応援したくなる。大きい人たちの中でよく奮闘している、勝ち残っている、と拍手を贈りたくなる。でもあとの四人は縫製に危なげ、まったくなしだから、追い越すのはむりだろう。よくがんばったと、大拍手ではあるけれど…

リサイクル、リユースばやりだから、と言って、テント生地から犬のレインコートを、という課題には、ここまでやるか、という感じだったが、ジェンの優秀作品はポケットまでついた、実用性デザイン性すべて秀でた仕上がりで、見応えあり、彼女の真の実力があふれでた一幕であったと思う。

古い布製品、カーテンやテーブルクロスの再利用のワンピース、自分で型紙まで探してきたリカルドの格調高い美を醸し出す作品は、さすがイタリア出身とうなずいたのであった。

ジュリエットのレースのワンピースは胸のふくらみがはだけそうなのを、エズメ女性はいみじくも指摘、だからこそ、この課題ではリカルドに花を持たせたかった。パトリックもリカルド作品の格調高さをほめちぎっていたのに、どうして???

 

ハギレ利用はジャネットが抜きんでていた。でもリアの子供服の美しさはまだ記憶から抜けきらない。二人一位でもいいじゃないの、と思うくらい、だったのだけれど。

 

ベルボトムのパンツ、トレーニングウェア上下、非常に難度の高い縫製技術を要する課題での一位、ジェンは見事だった。スコットランド独特の、落ち着いた色彩やデザインが他を圧倒するように、と、わたし個人としてはこのひとの優勝を期待しているのだが…、

 

2021年5月12日 (水)

ソーイングビー3(4)(5)(6)が佳境に

ソーイングビー3も中盤にさしかかって、それぞれの実力がはっきり表れてきた。

縫製の技術が自由で、デザインのセンスが光る、子供用コスプレの課題では、優劣つけがたいほど、ユニークな作品が並んだ。よくこんなことを思いつくというほど創造力があふれていて、ジェンのトリの帽子も美しかったが、ベンのアリの衣裳はとりわけ目をみはるものがあった。今回、その彼が落伍したのは、残念というほかない。デザインも自作、マッシュルームの柄なども自分で染め、子供服の生地も工夫を凝らす。それなのに、縫製技術の基礎がそなわっていないのが、惜しかった。でも今後の彼はデザインの才能で評価される場を必ず見つけると思う。

 

男性はあと二人となったが、イタリー系のリカルドはパンク衣裳がさすがだった。はじけているのに、美もそなわっていて、抜きんでていた。

 

アレクセイは病身でもあるのにがんばっている。マキシの裏付きの衣裳は本当に美しかった。袖の広がりが優雅で、わたしとしては、一番好みだった。

 

メルセデスもマキシで優勝、縫製技術も備わった実力者であることが明らかになった。彼女のハサミのネックレスがいい。お守り的な役を果たしているのだろう。

 

ネックレスと言えば、エズメ女史はめずらしく抑えたおしゃれ、細かいヒョウ柄のブラウスに白い蝶のネックレス、おそらく彼女のデザインのジュエリーなのだろうが、さすが、という感じである。Img_2853

 

リアというひとはイギリス人にしてはパリジェンヌの雰囲気のあるしゃれたセンスの持ち主だ。バレリーナの子供服は一位になっただけのことはある。色使いは地味なのに、何とも言えぬ優雅なデザインのセンスがある。大失敗は最初だけで、見事に勝ち残っている。がんばってほしい。

2021年4月22日 (木)

『椿の庭』を観る

めずらしく娘が電話してきた。とてもいい映画を観て感動したのだそうだ。

タイトルは「椿の庭」、上映されているのは知っていたが、題名からして内容が想像でき、関心はもてないでいた。

富司純子の美しさにしびれたのだという。わたしはにわかに観にいきたくなった。このところ疎遠ぎみの娘と共通の話題を感情移入しながら語りたくなったからだ。

 

ウイークデイのチネスイッチ銀座は空いていた。ここに来るのは数年ぶりで、和光の裏という場所はおぼえていたが、うっかり階段を降りてしまって、しまった、と思った。エレベーターはあったのだろうか。あまりにも久しぶりなので、チケットは予約でスマホのバーコードをかざすだけで入るということをしているのに、ひざ痛を起こさぬように気をつけるのを忘れていた。

 

満開の藤の花と、朱色の金魚の泳ぎと、ピアノの音色で始まる冒頭、セリフが極端にすくなく、映像の美を強調しているのがわかる。海を臨む広い庭つきの日本家屋に住む老婦人と孫娘の話。老婦人の夫君の四十九日の法要の画面が長々とうつされる。小津映画の一部のようだ。

一本の電話で、相続税の支払いがむずかしくなっていて、この家を手放さなくてはならないときが迫っていることが伝わってくる。

季節のうつろいと共に家と庭との別れが現実味をおびてきて、老婦人の命を脅かしていくのが伝わってくる。彼女が身辺整理を始めて、小さな包みと手紙とが孫娘に渡るが、手紙を読む声を聴かされるのでもなく、包の中身も知らされず、自然光を重んじたというこの映画の主張の強さで、わからずじまい。このことを惜しむ声はほかのレビューでも聞かれた。

駆け落ちして外国で出産した娘、その突然の死で、日本語がおぼつかない孫娘を引き取るという事情が短くて少ない会話の中から明らかになってくる。

孫娘との関係はおだやかそのものに思われたのに、落ち葉の掃除を祖母が苦痛になって、頼んだ時に拒否され、厳しい現実がわずかに覗かれた場面がある。

こういう場面を外国映画で観た記憶がふいによみがえった。

イタリア文学のベストセラー「心のおもむくままに」を映画化がした作品の一場面だ

 

終始着物で通す,富士純子さんは神々しいまでに美しい。この映画の価値を高めた功労者である。

我が家の庭はないに等しく、家を囲む灌木と花をつける樹木に目をやり、ウッドデッキにあるコンテナの中の植物への水やりを欠かさぬという仕事だけだが、それでも花をつけなかった植物が一年ぶりに蕾をつけたり、枯れかけた苗が急に生気を帯びたり、植物から、命の不思議さを教えられることは多い。

15年抱えていた構想を映画化した脚本、撮影共にたずさわった監督上田義彦氏は高名なカメラマンで、桐島かれんさんのご主人、美しい日本家屋はご夫婦の葉山の別荘ということがネットからわかって、涙を流した感動が少し違ったものになっている今である。

 

 

 

 

 

2021年4月 5日 (月)

ソーイングビー3(1)

3シリーズの第一回、新メンバー十人は女性六人、男性四人、司会者が男性になって、ジョー・ライセットという優男、仕切り方がどうなるか、これも興味深い。

審査員のパトリックの無精ひげに白髪がふえ、エズメ女史の前髪が短くなって老いがあらわになり、二人共一挙に老けたという感じがする。

 

タイトのワンピースは難所が袖、と直感。でもダーツが10本というのもハンパじゃない作業過程だ。

ともかくも時間内に、完成させるのが肝心だが、今回も二人、リアと、ジェネット、裾が切りっぱなしだったり、審査員にヨレヨレだと言われるほど、の不出来をさらしてしまった。

一位のジュリエットは小学校教師だということだが、20キロもダイエットしたという、精神力の持ち主だし、今回も余裕でほかのメンバーに手を貸していたりしていたから、決勝戦に残る有力候補とみていいだろう。

二位のベンは大学の博士課程で、獣医をめざしているというが、目玉焼きのTシャツは自身のデザインというから、なかなかのセンスの持ち主と見た。

 

次回のリメークでデザインとセンスのありようがどうなのかが見えてくるのが楽しみである。

 

2021年2月14日 (日)

ソーイングビー21、22いささか疲労気味…

今回もいよいよ準決勝まえ、いまや実力伯仲で、テーマもこれでもか、とばかりの難題なので、何が起こるかわからない。

モンドリアンルックなんて、直線ばかりの裁断だから、容易そうではあるが、かえって粗が目立つ。しかも同色糸を使わなくてはならないから、いちいち下糸も変えねばならない。

それを省略すると、すぐ手を省いたと指摘される。きびしい判定だ。

写真で比べてみると、やはりサン・ローランのお手本はエレガントで美しさが際立つ。白を基調としているからだ。ジョイスは見事なソーイングではあるが、配色はやはり素人洋裁というImg_2807 感じが否めないImg_2806

でもソーイング歴60年はさすが、正確さに限っては、随一を明白にしてきた。

自分流にやりたくなるのも無理はない。しかし、これを一度してしまったことが、大きなマイナスとなっているのは確かだ。

ソーイングビー、の最初のころは課題もオーソドックスで優美なものが多かった。センスの良さも重視されていたように思う。私的には好ましかった。

いまはタトゥーを両腕に入れたひとや、レッドヘアーのひとや、私たちの年代としては、ちょっと、と思ってしまうような、しかし、ソーイング技能は十分なのだから、それは結構なことなのだけれど、いまのヤングの人たちへの理解を変えていかなければならないことを、このプログラム作りの人たちも審査員たちも、十分承知で、課題的にも思い切った挑戦をさせずにはおかない、というところまできているのかもしれない。

 

一度失敗してしまうと、ほどきと縫い直しはソーイングの場合、経験からいって、非常なマイナスになる。与えられる時間は長いようではあるが、集中力もハンパじゃない凄さだから、精神力を保持するむずかしさが加わる。

 

このひとは絶対大丈夫と言いきれない番狂わせが起きるところが、この過酷な番組の人気にもなっているのだろうけれど、観ているほうも、疲労ぎみである。

 

2021年1月29日 (金)

ソーイングビー、(19)(20)民族衣装の生地は困難

「安泰な人なんていない。一度失敗したらいつでも落ちる」というシャーロットの言葉は、決勝まで残りそうだったジェイミーが落伍して、真実味を帯びてきた。

シルクブロケードを縫う、チャイナドレス、コンシールファスナーの部分とバイヤスカットの前身ごろをいかにうまくつなげるかが、勝負所であるが、シャーロットがマネキンに着せるところで、トレイシーに助けを求めたことが仇になったように感じる。

いつも冷静に見えるシャーロットがなぜコンシールファスナーを、開くことを忘れたのだろうか。手伝っているトレイシーにしても、だ。バイヤスカットの部分がのびてしまったことが致命的になってしまった。

トレイシーにはそれが有利に働いて彼女が一位獲得。Img_2800

 

インドサリーのリメイクもトレイシーが一位、これは文句なしの出来栄えではあったけれど。二位にとどまったシャーロットには複雑な思いが錯綜したのではないだろうか。

 

三番目の挑戦、インドネシアのバティック、親友がインドネシアに駐在していたので、訪ねていってこの独特な生地の魅力を知った。

今回はペプラムなどという複雑な飾り物をつけるスタイル、生地はかなり固めだからさぞやむずかしかったと想像した。個人的にはルマーナの作品が好きだったけれど、審査員はペプラムを重んじた、感がつよい。Img_2801

ジョイスはソーイング歴60年のツワモノ、自己流に自信があるから、突っ走って、損すること二度、今回は挽回した。

 

ジョシュの落伍は残念、センスのあるひとだったし、素直で好感が持てた。これであとは女性のみの熾烈な戦いとなりそうである。

 

 

 

 

 

2021年1月17日 (日)

ソーイングビー2(18)

新シリーズが始まって五回目、ソーイング技術の基礎的な試練が続く。下着のブラのあとは、スカーフを使ったリメイク、そして大仕事はローブである。

どんな生地を選ぶかが、勝敗を決するのだが、シャーロットだけは、コットンを選び、しかもすべて手縫い、ほかの全員がミシン縫いにふりまわされるのに、悠然と座ったままでの針運び、審査員も驚愕するほどの、美しい仕上げで文句なしの一位となった。Img_2797

外国人が手縫いのワザをこれほど、示すとは、視聴者の私たちも驚愕であった。

 

滑りやすい絹や、厚さの異なる二枚を重ねた襟回りのむずかしさが仇となって、ジェイミーは脱落。

これはまったく、劇的な場面展開、ドラマ以上の場面をしかと見届けた、という感じである。

カメラもそれをとらえていた。脱落者はどちらか?というところで、ジェイミーはジョシュの肩に手をおき、その名が発表されるとき、ジョシュの肩をしかとつかんだのだ。Img_2798

これは、ほら、がっかりするなよ、だったのか、ほら、言っただろう、この僕のほうだって、のぎゅっと、だったのか、この場面をとらえた映像はスゴイ、とわたしは息をのんだ。

 

ジェイミーは一位が連続し、前回のニールを思わせた。だが回が進むにしたがって、彼のあせりが、生地の選択や、デザインの挑戦などにあらわれ、目立とうとして奇をてらった形になったのは惜しかった。

審査員は苦渋の選択だったと言っていたが、正しかったと視聴者を納得させるところも十分だったと思う。

見応えのある、三十分であった。

2021年1月 8日 (金)

ソーイングビー(16)(17)

ソーイングビー(16)の子供服リメイク、生地は薄物、花嫁付添人のドレス、なので、ほとんどが女の子のドレスだったが、ジスレーンだけがスポーティな上下、アップリケも効果的で一位を獲得。彼女が制限時間に仕上げる力が弱いことをさらしてしまっているので、遠からず落伍するのを、審査員二人は見抜いていての、この栄誉だったのかも、と思ったりもした。ともかくこのコンテストは、時間内に仕上げることが必須条件、しかもどんな小さいミスをも見抜く目に追いかけられるプレッシャーがつきものである。

 

さて、子供服のマント、このマントと言う用語が気になって、吹替でなく、音声変換して英語のほうを聴いてみてやっぱり…、ケープが正しい用語、マントは仏語からくるもので、もっと長い中世の怪人などがひるがえしながら、まとうようなものを示す。NHKはこういうときこそ、正しい原語を使用するべきだと思う。

 

今回、多少の誤差はあっても、ほとんどのメンバーが愛らしく、スマートな仕上がりを見せた。入賞は逸したけれど、ジョシュのチェックのケープは個人的には好みだった。Img_2792

アンジェリンは一位を二度も獲得しているけれど、ビリもある。

いまのところ安定しているのはシャーロットと、ジェイミー、そして五十年もソーイングをしている七十代のジョイスは突出してはいないが、次のランジェリーで最高傑作を披露することになるツワモノ、決勝戦にだれが残るか、楽しみである。

 

ランジェリーでは、歴史が写真入りで紹介されて、一段と興味が増した。解説に登場した社会史学者の、ローズマリー・ホーソーン女史の美しさにみとれた。吹き替えの声がもったいぶった、くせのある声だったが、英語に切り替えてみると、抑制のきいた美しい声、クイーンズイングリッシュに聴きほれた。NHKはなんでも吹き替えにしてしまうけれど、こういうときこそ、原語を聴かせてほしい。シャツの下にパールのネックレスをさりげなく見せている、イギリスならではおしゃれが好ましい。Img_2793

 

ソーイングビーは歴史や、逸話、コンテスタントたちの私生活なども実に巧みに配合してエンターテインメント性の面白さをいやがうえにも高めているところがスゴイと思う。

より以前の記事一覧