2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 四十九日の日 | トップページ | いっしょに出かける »

2024年5月30日 (木)

かみ隠し

お墓にお骨を収めてやれやれと、思っていたのに、今度は大きな荷物が配達されて、それがなんとお花なのである。いろいろアレンジされたものであったり、ランが一種類だったり、下さる方は心をこめてとお気持ちはわかるのだが、いただくほうは荷物をほどくのが大ごとである。そのたびに息子に頼むのだが、一人住まいだったら、さぞ、と思ってしまう。いま、夫は三種の花に囲まれている。胡蝶ラン、洋花のアレンジ、今日、もう一種大きなランが届いた。これは植木鉢で、白いランであった。お花騒ぎはまだ続いている。

それに引き続いて起きたのが,大事なはずの、物のあり場所。いろいろものがなくなって出てこない。小さながま口状の入れ物に入っている,私の印鑑。何十年まえにわたしの名前だけを印鑑登録をしたのだが、それをとりあえず、必要なところに押してしまったので、そのあと、どこにしまったのか記憶は消え失せ、必死に探そうにも思いだせない。いまは、腕時計が消えている。最後に外したのはどこだったのか、その日はいつだったのか、そういう普通の記憶があまりにもいろいろなことを記憶しなければならないので、どこかに消えてしまった。その記憶を整理しようにも、次から次へと覚えておかねばならないのが、ふえていて、どれがどれやら、わからない。いまは香典やお花のもらったところを覚えていて書いたものから礼状を整理するところまではできているのだが、まだ、どんどん後に続くのでそちらに集中すると、以前のがどこかに行ってしまう。

パパが寂しがって、邪魔してるんだよ、と子供たちは言うが、そういえばだれも留守で私一人夜寝ようとすると、どことなく音が聞こえたり、なんとなく薄気味悪い感じがする、と思うときはもう眠くなっていて、また翌日がくる。

私の状況がどんななのか、電話をくれる友人がいる。同じような体験をした、決して異常ではない、そういうものなのだ、ましてや八十六になる歳、当たり前よ、と慰めてくれる。

新しい印鑑を息子がつくってくれた。自分のものも一緒に頼んだのだそうだ。無くなったものを考えるのはよそう、と言う。

有難いことである。

 

 

 

 

« 四十九日の日 | トップページ | いっしょに出かける »

コメント

自分長い間ご無沙汰いたしました。
先ほど夫の介護認定の調査が終わり、やっと一段落しました。
そして久しぶりのブログ訪問。「最近の記事」の「四十九日・・」を見て不安が立ち込めました。

昨暮れにコロナ陽性で寝込んでから、これからの生活の考え方が変わり、ブログ訪問もなくなっていました。
たった半年の間に・・・。心の奥で、ばぁば様のうちは大丈夫だという確信みたいなものがあったからです。
ご主人様に心を寄せながらも、感情的にならずに、冷静に対応されているところに、余計に来心をゆすぶられました。本当にご苦労様でした。
私の心に残る温かい一場面。イタリアから帰国されたときに、駅に迎えに来られた旦那様が、ステッキを振り上げて合図をされた・・・、それを想像すると今でも涙が出ます。
素晴らしいご夫妻でした。心の励みになりました。お二人に感謝しています。
近くにご子息様、お嬢様がおられて、どんなにか心の支えになられたことでしょう。

ばぁば様の文章を拝見する限り、頭脳明晰。これからもブログを続けてくださいね。

ちゃぐままさま
なつかしいお名前、お久しぶりで、一瞬、懐かしさはあるのだけれど、どなただったか、などと考え、遊歩道というブログの著者でいらっしゃるのを思い出すまでちょっと時間がかかりました。

あなたも、ブログからは想像できないほど、大変でいらっしゃったのですね。うちも夫を初めとして全員コロナになりました。それから、夫がだんだん弱ってきて、介護生活がはじまったのです。もう旅行どころではなくなり、日常生活そのものが変わってしまいました。
きょうもパソコンからチケットの申し込みをしようとしたら、期限がきられていて、もう一度すべてやり直しをしないと、ダメ。それもやり方がわからなくなっていて、あきらめたというあわれな自分を知りました。

でも遊歩道をのぞいたら、私が今一番気に入っているどらま、「光るきみへ」を解説していらっしゃるのには驚きました。それに相変わらず、お料理の立派なこと!!

あなたの心に残る一場面、あれは私自身わすれられぬ光景なのです。
よく覚えていてくださいました。
いまわたしは息子と一緒に住んでおります。息子を頼りに、自分が愚かになっていくのにくらべ、もう一人ではすめないという毎日です。

とても慰めていただきました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四十九日の日 | トップページ | いっしょに出かける »