« イースターの日に | トップページ | その日 »

2024年4月10日 (水)

久しぶりの外食

珍しく、娘からの誘いで、孫娘が出てきているから、夜の食事を外で一緒にしないかとラインがあった。 

しかも、昼間は夫の病院に行ってくれるという。私には休んでくれていいという有難い申し出だった。

場所をどこにしようかと言う話になって、近場の自由が丘で、待ち合わせも南口にしようということになった。

三人で外食なんて、一年ぶりぐらいだろうか。ここなら絶対おいしいという、スパゲティ専門の店にしたのだが、わたしはノロノロしていて、ナスベーコンのに決めたのがやっとで、彼等のようにデザートまできめておくのを、しないでいたので、娘が自分のプディングを多すぎるから、と言って半分くれた。

混んできて、騒がしい中で、気づいた。左の耳がほとんど、聞こえない。向かい合っている二人の私語はほとんど聞き取れなかった。そのことを娘に言ったら、そうみたいね、とわかっているのを、言われてしまって、このところ、老いを感じることが多く、情けなく思った。

もう86歳なのだから、仕方がない。

ときどき自分の手を見る。なんと、青い血流の空けた哀れな手であろうか。こすって、マッサージをして一瞬何もないかのような手になるが、すぐまた元のあわれな手に戻る。

よく働いた手だ。以前はピアノまで弾いていたのだから。

料理が得意の手でもあった。

近頃は料理の作り方を忘れる、手でもある。すぐパソコンの前に座って、グーグルを呼び出す。一度見ただけではダメで、二度、三度と見直す。それが面倒だから、作るのを辞める、というのではない。自分の味は絶対においしいから、何度でも見直して、完全な、いや、完全に近いものをつくる。

これが面倒になってしまって、何もかも、面倒になってしまって、老い逝くのはいつのことだろう。

 

 

« イースターの日に | トップページ | その日 »

コメント

本日 六球会 幹事の小西殿より ご主人の訃報に接しました。

容態はブログ から拝見しておりました。

全く学生時代から長いお付き合いをさせて頂きました。寂しさは例えようもありません。

如何か残されたご遺族の皆様のご健康を祈って居ります。

32年卒  増田 弘

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イースターの日に | トップページ | その日 »