« 「ポタージュ」健在 | トップページ | 結果がはっきりわかるまで(2) »

2023年12月11日 (月)

結果がはっきりわかるまで

このところ、毎週泳ぐことで、生き返るような、経験をしていたので、安心しすぎていた。

もしかしたら、急に泳ぎをやめなくてはならないことがあるかも知れない、とかすかに思うことがあったが、それでもそれはまだまだ後のことだと思っていた。

ところがそれは、ふいに来たのだ。

バックストロークで思い切り右手をのばしたとき、かすかな痛みをおぼえた。それが二度続いたので、不安になった。

思い切って、田園調布中央病院の整形に出かけたときも、不安よりも、ちょっとした腕の曲がりそこない、程度に、思おうとしていた。

 

医師は眉をよせ、ウゥム、キレてるぞ、これは、と言った。レントゲンをとり、MRIがないので、池上の松井病院というところまで取りに行って、結果をきかず、翌日の水曜まで待つことになった。

結果はやはり、腱が断絶。

ショックだった。医師はそれ以上自ら説明しようとしなかった。この人、付き添いは?と看護人に尋ねた。

わたしは手術が可能なのか、成功するのか、どの程度の手術なのかを聞いた。一時間、成功するとはかぎらないとのこと。

あとのことは煩わしそうな感じなので、キレている図を書いてもらって、出直すことにした。(続く)

 

 

 

« 「ポタージュ」健在 | トップページ | 結果がはっきりわかるまで(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ポタージュ」健在 | トップページ | 結果がはっきりわかるまで(2) »