2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 結果がはっきりわかるまで(2) | トップページ | 新年あと、さき »

2023年12月15日 (金)

結果がはっきりわかるまで(了)

翌週の月曜日、息子は朝九時まえに家を出た。

戻ったのは12時過ぎ、MRIの写しと、診断書が入った袋を、渡して、結果を話してくれた。

四本ある腱の一本が切れていること、手術は一時間くらいかかる。結果がでるのに時間がかかるので、脳梗塞が軽いものであっても、耐えられる身体かどうかわからない。

やはり、残り三本が補っているのだ。私は安心した。なるべく右手を使うことはしないようにしている。ひじから先は関係ないので料理などはできるが、思い鍋などを持ってゆすったりすることは、避けなければならない。いつも意識の中に右手のことがある。しんどいことだ。

それが八十五と言う年齢なのだろう。

半年以上、心地よい泳ぎをできたことを感謝しなければ、腱がほかを補って泳ぎを完成させてくれた。そして、警告も出してくれた。

まだひどくならないうちに、間にあうことができた。

良いことを想って感謝、感謝。

 

 

 

 

« 結果がはっきりわかるまで(2) | トップページ | 新年あと、さき »

コメント

 どうなることかとはらはらしながら拝読しました。とてもたいへんなことにはならなかったようで、よかったですね。私もプールに通っていますが、ほとんど水中歩行です。専用のレーンがあるので、忍耐力を発揮しながら黙々と歩いています。
 言い出せばきりがないほど、全身の経年劣化をかこちながら、ともかく転倒しないようにと心がけておりますが、明日のことはわかりません。
 懸命に前を向いていらっしゃって、本当にお見事です。どうかいいお年をお迎えくださいませ。

kikukoさま
全身をつかって泳ぐ心地よさを覚えると、歩くだけと言うのが、この寒い時期ちょっと心細い気がして、通う気になりません。
ご旅行やら、美術館見学やら、積極的によいものを吸収なさること、ただただ、目を見張るばかりです。
目下は喧嘩をしつつ、毎日自分をはげましつつ、生きていかなければならないのが、運命というものと、心に決めなければ、とは思いつつも……
お察しくださいませ。

ばあば 様

ブログ 心配しつつ読んでおりました。
大変なことと思いつつ、それでも少しほっとしております。
どうかご無理のないようにと 京都から願っています。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果がはっきりわかるまで(2) | トップページ | 新年あと、さき »