2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月に作成された記事

2023年11月27日 (月)

「ポタージュ」健在

良く通っていたその店は、自分が健康そのものだったときで、夫もまだ介護を必要としていないときだった。ブリッジの一日の試合を終えて、帰り、五時過ぎによってみると、まだ夜のお客が来ておらず、その時間をおしゃべりしながら、待つ、という時間を楽しみにしていた。メニューはポタージュスープと手焼きのパン、それに手作りの野菜料理一皿と、手作りのジュース、クッキーなどがついて、ちょうど軽い夕食と言うメニューがぴったりの、しつらえで、ほとんど毎週のように通っていたのだ。

そこから直行のバスがなくなって、夫の介護や私の病気やらで、一年、コロナ禍が始まって三年、およそ四年、行くことがなかった奥沢の店、行かないで過ごす数年が過ぎた。いつも頭の中にそこで話したこと、買ってきたパンの温め方、温度など、ことあるごとに思いだすのだが、行くことはなかった。

きょう、いつものように泳いで、さて、どこに行こうかと迷ったとき、まず、自由が丘のお蕎麦屋さん、「さらしん」の引っ越し場所を確かめること、奥沢に続く通りに見つけたのだが、きょうは月曜で休み、とわかって、そのまま、奥沢の駅まで歩いていた。

そして思ったのだ。

あの店はあるのだろうか、と。

ちょっと胸がどきどきしたが、京樽の角を曲がり、一軒一軒、確かめ、その小さな「potage」と言う字を見つけたときのうれしさ、「あった!」と思わず叫んでいた。

客はまだ来ておらず、12時まえだったが、どうぞおかけください、とちっとも変っていないご主人が言った。私は病気のことを言って、家に起こった、変化のことも残らず話し、家の事情が、自分が楽しんで通うということをやめさせてしまったということを知らせた。

久しぶりに食べるカブのスープ、パンはクルミパン、それにクッキーや食後の甘味がつき、紅茶の飲み物、主の得意のキャベツの漬物などがついて、出されたあの味。もっと早くにくればよかった。でもそれは以前にもましておいしく、美味だった。

また来てみよう、今のこの時期、前と変わらず、以前にも増していい味の、この小さな店を維持するのは大変らしい。

でもよかった、来られて。

わたしはクッキーやパンなど。千円ぐらい買って、また来ることを約束したのであった。

2023年11月13日 (月)

或る日の月曜日

夫がデイサービスに行ってくれる日、このところ調子がよく、自分で持っていくものをととのえて、出かけてくれた。

わたしは夫が出るのと同時ぐらいに、家を出て「せせらぎ」のモーニングを食べに行く。そして田園調布で降りて、タクシーを待つ。

きょうは運よく早めに一台やってきた。行先は緑が丘小学校のプール、九時から一般開放がある。

三十分、泳いで、気持ちよく表に出る。

十時半、さて、どこに行こうか、今日食べるものを調達しなければならない。そうだ、久しぶりに紀ノ国屋に行ってみよう。ほとんど一年ぶり。

自由が丘からバスが出ていたのに、それがなくなってしまった。交番でバスの行方を尋ねる。

ひまそうな二人のお巡りさん、古いよれよれの地図を出して、バスはなくなっちゃったよ、と言った。

でも、学園通りに行くバスなのよ、なくなるわけないでしょう、と私。

この先渋谷からくるバスが通る通りに出てみたら?とお巡りさん、ほかの通りを通ってるかもしれない、怪しい情報だが、それ以上は聴きようもないので、心当たりの通りまで歩いた。三つ目の停留所,八中前、というところに人が待っていたので、聞いた。彼女も紀ノ国屋まで行くとかで、安心した。歩いた方が速いかも、とか言われたけれど、私の足はもうヨレヨレ、ようやくバスが到着。

紀ノ国屋は健在。美味しそうなものばかり売っている。とりわけ紀ノ国屋特製というお弁当類がすごい。わたしはフィンランド風のサンドイッチと紀ノ国屋特製のコーヒーゼリー、紀ノ国屋特製パエリア、ほかにも紅ショウガ、油揚げ、トマト、など購入。

帰りは自由が丘行きばかりやってくる停留所で、待ったらすぐにバスが来た。

わたしはまた、あのひまそうなお巡りさん、のところに立ち寄って言った。「あのね、バスはこの目の前から出てるのよ、今度誰か訊いたら、恥かかないように、おしえてあげる」

「おかあさん、目黒に行くっていったでしょ」「紀ノ国屋って言ったじゃない」あんたから、おかあさん、なんて言われる筋ない…

押し問答は疲れるので、電車に乗るべく足を急いだ。ったく、もう…

 

2023年11月 7日 (火)

夫の急変

夜中に鈍い物音がしたので、階下に降りていった。夫が車いすから落ちていた。

息子を起こして車椅子に座らせてもらった。それが二度続いたので、トイレに車いすで行くのは無理だからと言って、枕元の簡易トイレを使うように、説得した。

翌日、足が猛烈に痛いと言って、マッサージの予約をしていたのだが、中止してもらった。でもわざわざ来てくれたので、診てもらうと、足がかなり腫れているというので、氷で冷やし、やわらか氷まくらをしばらく当てていたら、それがよかったらしく、痛みはおさまった。

その日は担当医の往診がある日だったので、彼が、お尻のあたりを診てほしいと言ったのだけれど、先生が見えるまで、待ってと言ってしまった。

わたしも、夜中の疲れと、それに続く対応とでよれよれに疲れていて、お尻を診るどころではなかったのだ。

先生はその前にきたLEの看護師の報告を聞いて必要なものをすべて用意していてくださった。なんとお尻に床づれができているというのである。

夫はあおむけに寝ることが多いので、このところ、昼間も寝ていることが多く、床づれまでは、気づかなかった。かなりひどいらしいのだ。

先生は大き目の真ん中に薬が入った絆創膏を張ってくださって、薬が効いてくるまでこのままで、とおっしゃって帰られた。

それが効いたらしく、痛みはおさまったが、四日先のデイホーム行きは無理だろう、と思って覚悟した。

タバコはあいかわらず、吸ってはいるが、このごろ減ってきているような気がする。

デイホーム行きはとても無理とわかって、自宅で休んだ。

わたしは朝の六時から夜の八時まで、安眠もせず、頑張っている。

食事はさすがに手作りばかりとはいかず、はじめてウーバーイーツなるものを利用した。

味噌汁やスープはつくるけれど、おかずは買ってくる方が多い。

そういうときがきたのだ。

一週間がたち、しぶとい夫は痛みがおさまったので、頑張ってきょうはデイホームに行ってもらった。

玄関の四、五段の階段が大変だった。迎えにきたひとに支えられながら、後ろから見ていると、足が着地するまでの時間がかかる。可哀そうな足。それでもデイホームに行ってくれるのは私のため。

大変な老後を息子の力を借りつつ、二人で生きている。

 

 

 

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »