2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

« メイ・サートン『総決算のとき』をスゴイ速さで読む | トップページ | 夫の急変 »

2023年10月28日 (土)

アンスネスとリソール

七年ぶりに見るアンスネスは正に王者の風格、彼の理解するシューベルトも、初めて紹介されたドヴォルザークの作品も、最初に登場した二十年まえ耳を奪われてから、ずっと、ピアニストが成長し続けるのちに体得した音を、聴き手が完全に受け入れる素晴らしさを心の底から感じられる表現力に、満足しきってうなずいた。私はこの人の醸し出す音ををずっと聴き続けてきたのだ、と。

今から16年まえ、わたしは、アンスネスが監督する、リソールでの音楽祭に友人三人と共に、出かけたのであった。

ノルウェーへの旅は簡単なものではなかった。大きな荷物をかかえながら、二つのバスを乗り継いで、ようやく着いた先の家は凸凹のすごく急な二十段の階段付きの家、但し家の中は若い新婚夫婦でも住みそうなインテリア、広いバルコニーもある。急階段は予想していなかったが、今更すべてを変えるほどの気力もないほど疲れていたので、妥協する。  

リソールはきれいなところだ。室内楽がよく似合う街。店も贅沢ではないが、センスがあってしゃれている。但し、すべての表示に英語が少なく、ノルウェー語ばかりなので疲れる。それでも、階段に慣れ、それなりに居心地よくなってきた。あとの三人(夫妻とその親友の女性一人)は外食を好んだが、わたしはこの時とばかりにひとりでスーパーで買い物をし、お米を探し、沢山の種類の中から美味しい小さな袋のものを選び、買ってみた。帰ってから、一人でご飯をたき、ピラフをつくり、フィノッキオという野菜を入れたピラフにして、デザートにイチゴを食べて満足する。

そのあと、コンサートの情報をえようと出かけたとき、バスに乗らずに帰る方法を若い男性から教えてもらえたのはラッキーだった。

オープニングナイトの日は一日じゅう雨、会場は中心部の教会、長蛇の列に並んで、後ろの端の方の席がやっととれた。室内楽が正にピッタリのスペースに、chamber music が美しく響き渡り、正に小さい部屋で音楽を分かち合っているという、思いを深める。休憩のとき、帰りの交通情報を教えてくれた男性がカメラを片手に近づいてきて、新聞記者のクリスチャンだと名乗り、四人の写真を新聞にのせたい、と言ってきた。アンスネスとの写真もとり、あなたを追いかけて日本からやってきた,という話をすることができた。

二回目のコンサートは良い席に座れず、思い切って舞台の後ろの方に座る。アンスネスが若い才能を紹介する場にしているのを感じる。若い人のすぐ後で彼が弾く現代音楽、ソレンセン、響き渡るように、美しい音色、やはり実力の差を感じた。

新聞が出る。大きく四人の写真もよくとれて、記事もわたしたちの言ったことがはっきり発表されていて、皆大喜び。

夜のコンサート、最前列、アンスネスの独奏曲、ベートーベンの歌曲も、リスト編曲があるあのメロディーで、私の大好きな曲が聴けてうれしかった。

グリークの日、前列、左端の席、教会のベンチに長時間座る辛さがこたえる。アンスネスと、トルペスキの連弾が聴きものだった。息もぴったり、胸にずしんとくる響き、ハーモニーに魅せられ、CDを買い求める。

最終日、早めに出て、思っていたことを行動に移す。この一週間いつも座席が不満だった。一時間以上前に行ってもよい席にはすわれない。近隣の人たちの条件にくらべ、日本からはるばるやってきて老人四人、最後の最後くらい良い席を手配してもらえないだろうか?と。席の手配のエリックというひとに話そうと言ってもらえた。

そして夜22時からのコンサートでは、指定席がもらえて、初めてゆったりと音楽の中に埋没することができた。休憩のあと、アメリカ人の男性が英語でこの音楽祭の主旨を説明した。longingーあこがれー今更ながらにうなづける言葉だった。

最後のアンスネス、ラクリンのショスタコーヴィチメロディー、アンスネスの硬質で響きのある音を、いつまでも胸にきざみつつ、この夜を終えたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

« メイ・サートン『総決算のとき』をスゴイ速さで読む | トップページ | 夫の急変 »

コメント

7年ぶりのアンスネスの演奏は、待った甲斐のある素晴らしい演奏会でしたね。彼の音の胸を打つ響きに「ああ、やっぱりアンスネス」とじーんと来ました。この様な経験は、若いピアニストの演奏会では、味わえませんね。ばあば様は、ノルウェーにまで出かけられたので、感慨ひとしおでしょう。リソールには行ったことがありませんが、素敵な町のようです。行ってみたいとも思いますが、多分もう無理でしょう。今、買い求めたアンスネスのCD,ショパンのバラード4曲と小夜曲を聴いています。彼の思索の深さを音から感じます。

お久しぶりです。 コメントは殆ど差し上げてはおりませんがいつも 興味深く読ませていただいております。
アンスネスというノルウエイ出身のピアニストのことを寡聞にして存じませんでした。そこで ユーチューブでバラードを聴きました。澄んだ音色で てらいの無い演奏、非常に素敵でした。
このショパンのバラードのCDを買いたかったのですが、現在手にはいらないようなので、 Griegの叙情小曲集を求めて今聴きながら書いております。どれもきれいな曲。 
演奏している場所がトロルハウゲンのグリーグの家でGriegのピアノを使っています。リソールという町は残念ながら知りません。
トロルハウゲンにはいらっしゃいましたか? 私は1994年にツアーで行きました。懐かしいです。
ピアノ科を出た娘に「アンスネスって知ってる?」とききましたら、ロンドン留学中(1994年から99年)に師事していた先生にレッスンを受けに来ていて(当時もうデビューはしていたはずだけれど)「彼はうまいんだよ」と紹介された、と言っておりました。そういうわけでなおのこと生の演奏が聴きたくなりました。 横浜での演奏y会はないようで残念です。
 

aiaiさま
アンスネスは二つの音楽祭の監督をしていたとか。若い人たちを応援する監督業はご自分の能力を高めることにも、なります。
母国で、ゆったりとピアノの奥深さに浸っっていらっしゃったのかも、と思いました。
わたくしも、買い求めたベートーベンの二番と四番に聞きほれております。
誰が弾いても美しい曲ですが、このCDはアンスネスだからこその、美学が光っていて、何度聴いても、聴きほれます。

ykさま
ご訪問を光栄に思います。
ノルウェーはリソールだけです。
彼はコンクールで世に出たひとではなく、もうその前の段階で認められていたのでしょう。
私のCDの中ではアンスネスが一番多く、アンコール特集というのに、良く知られていない人のものが入っているのですが、それを彼が弾くと、世にも妙なる曲にしてしまう、というところがあります。
お嬢さまは恵まれた音楽生活をおくられたのですね。
誇るべき逸話です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メイ・サートン『総決算のとき』をスゴイ速さで読む | トップページ | 夫の急変 »