« R.シュトラウスの魅力 | トップページ | メイ・サートンの世界 »

2023年9月25日 (月)

贅沢な内覧

わが家から、徒歩三分くらいのところに、高齢者向けのホームが建った。

この三年間、建築の騒音にプラス猛暑で、暑さは耐え難いものがあったが、我が家は通りを一つ隔てているので、お向かいに住んでいる方に比べれば、まだマシだったのかもしれないが、完成して、音がなくなってみると、何と静かになったことかと、驚くばかりだ。それにしても騒音ぷらす、それにかかわるひとの暑さに耐える耐久力がよく続いたものだ。顔を真っ赤にして交通整理のために、怒鳴っている中年以上の人たち。ずっと立ちっぱなしで、よく耐えていると思った。

今回の建物が建つまえは、五階建ての独身寮があったので、まず、それをこわすのが壮烈だった。壊しても壊しても終わらない、結局、機械には頼れない。最後はそれを扱う人の力なのである。

この地に越して六十年、我が家も二度建て替わり、規模も二階建ての中小住宅に変わっている。

外出してみると、内覧受付と言う旗がたっていた。そうだ、ホームに入る予算も、つもりもないけれど、中を観てみたい、内覧申し込みをしてみよう。

申し込みは混んではいなかった。翌日の四時、内覧することに決まった。

内部は思ったより、落ち着いた雰囲気で、派手なかんじはなく、通された部屋も、中庭の大きな樹木にトリの小さな小屋がかかっていて、見えなかったものが、目に優しく入ってきた。

中年の女性が一人だけ、案内役を務めたのだが、次次と示される、数字には関心がなく、うなずくだけで、先を急ぐ。

すでに二十二組の申し込みがあるのだそうで、前途悠々の体制に思われた。白木の床がさわやかである。部屋は必要最低限の広さ、軒が深くとってあるので、ゆったりした感じである。

ふいに今読んでいるメイ・サートンの著作の言葉が思い浮かんだ。「使い古された快適な椅子が一つもないような家には魂がない。私たちに求められているのは完璧ではなくて、人間的であることだという事実にすべて煮つめられる。人間的な家に入ってゆくことはなんという安らぎだろう!」

五階からの見晴らしは素晴らしかった。花火が二子だろうが、横浜だろうが、すべて見られるのだそうだ。

一か月48万円という金額は我が家には高すぎる。それゆえの、感想ではないのだが、わたしはやっぱりまだ住み込んだ家に住んでいたい、と思った。

« R.シュトラウスの魅力 | トップページ | メイ・サートンの世界 »

コメント

 48万円! 到底無理! 姉がホームに入ると言ったり、やめたり、ずっと迷っていましたが、その右顧左眄に付き合うのも疲れました。
 幸か不幸か、私の場合は経済的に不可能です。何よりも一人が好きですし・・・。夏の間、生い茂るのを見ないことにしていた庭の手入れを少しやっただけで腰痛に見舞われて、いつまでできるかしらと不安になりましたが、できなくなったらプロの方に頼ろうと思います。
 見事に回復されて、コンサートも楽しまれているご様子、頼もしく、嬉しく、私も見習わなければと奮い立たせていただいています。

Kikukoさま
メイ・サートンの独り居の日記を日本版で実行していらっしゃるようなKikkoさまのお暮し。
拍手です。
そしてそれをちゃんとご自身の意思として、さわやかにおっしゃれるご立派さ。
うれしくなりました。

きょうも、まぶしいくらいに明かりがついて、ホームの夕食は始まっているようです。
あちらはご馳走版ですが、我が家は一食だけの、みじめ版、まあ、いいでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« R.シュトラウスの魅力 | トップページ | メイ・サートンの世界 »