« ベビー用品売り場へ | トップページ | 待ちかねた電話 »

2023年7月 3日 (月)

安らぎと情報収集のとき

夫がデイサービスで二日間、泊りも含めて留守の日、それを知っている古い友人たちから誘いをうけて、三時間ぐらいランチを含めておしゃべりを十分にするゆったりした時間を楽しみ、かつ学びのときにしている。

きょうはわたしより五歳年下、古い付き合いの仕方を知っているひとで、しかもいまの何もかもスマホでこなす能力も会得している、その上キリスト教徒としてはわたしより数倍長く教会員をつとめているひと、私の病気のこと、子供たちの経験した不幸のこと、真っ先に心配して、彼女がしりたがったのは、曽孫の誕生のニュースだった。写真を見て、なんと可愛い、これからの成長が楽しみと、感想を語った。

赤ちゃんの発育は大変だけれど、大変なのは二年間、それを、なんとか過ごせれば、最初の苦難は終わる。

彼女はご長女を不意の病気で失うという不幸を経験していて、わたしはすでに娘が夫を亡くすという、不幸を経験していたので、その時の状況をくわしくしたためた手紙を送って、励ますという経験から、お互いの親しさを深めたことがある。

いまはわたしがいろいろ習う立場だ。

セブンイレブンでは、豚の角煮が美味しいというニュースや、「無印」のカレーは間違いなく美味であること、いい情報をもらった。

ちょっと、一ランク上のスターバックスでランチをして、三時間ほどおしゃべりしたのだが、迷惑そうにされることもなく、話に花が咲いた。

彼女と会うときは、服装に注意、彼女のおしゃれは本格的で、きょうも黒に決めてヴェストを、古いものなのよ、と謙遜しながら、見事に合わせていたのだが、そういえば、自由が丘のブティークを紹介してもらって、おしゃれを高めることができるようになったのも、彼女のおかげ、そこはヴェストが見事なので有名だから、彼女のヴェストのコレクションも会うときの楽しみになっている。

でもおしゃれや、グルメの話は二の次、いまはどうやって自分の意思を子供たちに伝えるか、彼女も書きはじめているそうだ。

お互い、そっといつのまにか消えたいわね、という淋しい結論は同じであった。

別れぎはに、靴下を買いたいんだけれど、と言ったら、それは「無印」をすすめるという、出かけてみたら、普段用も、よそいき用もいっぱいあって、満足する買い物ができたのであった。

 

 

« ベビー用品売り場へ | トップページ | 待ちかねた電話 »

コメント

ご友人との楽しい語らいでゆっくりと時を過ごし、話に花が咲いた様子が伝わってきました。心が通じ合う友人との会話ほど大切な時間は、他にはないですね。悲しみも嬉しいことも理解しあえる友人がおいでになること、素晴らしいです。色々な情報も得てお買い物もできて、読んでいる私まで楽しくなりました。

差し支えなければ、その素敵なヴェストを売っているお店の名前をお教えいただけますか?

aiaiさま
楽しい語らいには食べ物も大切なのですが、その日は期待したものと違っておりました。
クロアッサンのサンドイッチで、どうやら、売れ残っているクロアッサンを処分したいという様子、ちょっとパサパサしていて、期待していた味とは違っていたようです。
わたしが期待していたのは、パイのようなものと、果物のジュースでした。
スタバ、もいつものものがあるとは限りませんね。

中田さま
アトランティックという店です。もうすぐセールだという、知らせがきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベビー用品売り場へ | トップページ | 待ちかねた電話 »