2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 『捨てない生きかた』我が意を得たり | トップページ | 若い植木屋さんに大感謝 »

2022年5月15日 (日)

スマホは何処?

英国のウエールズのフルーツケーキが簡単に作れておいしいと聞いたので、ぜひ試してみたいと、田園調布のトミーズにドライフルーツを買いに出かけた。ついでにベーキングパウダーとオールスパイスも買ったので、計五点、セルフレジなので、バーコードを登録して音が鳴るまで待って最後に現金を払うという、ややこしいことをし終えるのに神経を使い、そのあと、プレッセに立ち寄って、春巻きの皮を買う。中身は家にあるもので間に合う。あとはブロッコリーがめずらしく安かったので、それに豆腐ドレッシングをかけてたべようと木綿豆腐の小を買う。レジで私の前のひとは一万円ぐらい払っていたが、わたしは千円でお釣りが来た。こういう風におうちごはんをしているから、近頃貯金がたまっている。

夕飯の支度は三時過ぎから始めて、あらかた下準備ができたころ、スマホが鳴っているような気がした。わたしのは誰からか、名前を読み上げてベルが鳴るシステムに登録してある。その音をかすかに聞いたような気がしたので、スマホを探したのだが、見つからない。固定電話で呼びだしてみたのだが、電源が入っていないのかお出になりません、とアナウンスが答える。これはおかしい。電源を切っていないのは記憶していたからだ。あちこち探したが、どこにもない。あせりつつも、よ~く考えて、答が出た。考えられることはトミーズで、バーコードを登録したときだ。あそこに置き忘れたに相違ない。ケーキを作る材料を確かめるためにアルバムをクリックしたのを覚えていたからだ。トミーズに電話する。やはり、そうだった、ただし、店員がそれを東急の管理事務所に預けてしまったのだという。東急の事務所は夜までやっている。さあ、大変、とるものもとりあえず、出かけた。

よかった!!スマホは無事だった。東急の管理事務所はバスロータリーのそばにあって、私の身分証明のマイナンバーカードを見せたのち、渡してもらえた。「トミーズはバーコード入力がややこしくて大変なんですよ、そっちに頭がいきすぎてついつい忘れちゃって」と言い訳すると、事務所のひとが「そういう方多いんですよ」と笑顔で答えてくれて、せわしかった気分がちょっと和んだ。さすが東急、この九月に無事100周年を迎えるだけのことはある、と思った。

帰り、もうクタクタで揚げ物はする気がしなくなって、またプレッセに行き、できたおかずを買う。

結局、春巻きは出来合いのコロッケにかわり、豆腐ドレッシングのための豆腐は味噌汁の実になり、千切り春キャベツにブロッコリーを付け合わせて、夕飯を完成。

 

それにしても、あの空耳できこえた、呼び出しのスマホ音、不思議だ。あれがなければ、夜になってもスマホは引き取れなかっただろう。

神に感謝の祈りをささげた。

« 『捨てない生きかた』我が意を得たり | トップページ | 若い植木屋さんに大感謝 »

コメント

今回も面白く読ませて頂きました。
私がいつもただただ感心するのは最新のシステムに
臆面なく挑戦し、それを難なくこなしていらっしゃるところ。
私はセルフレジなんて使ったことありません。

私が住んでいる田舎町でも最近になってようやく
セルフレジを導入するスーパーが出てきました。
しかし私はへえ~と横目で物珍しそうに見やるだけで
当然のように混雑した店員がいるレジに並びます。
田舎ですからセルフレジを選択する人なんて
ほとんどいません、ガラガラです。
だからそっちに行けば早く決済できるのにと思いながら。

こういう時、ばぁばさまだったら何のためらいもなく
セルフレジ一択なんでしょうね。
これを読んで、ああ私も負けてはいられない
私もひとつやってみるか、という気持ちになりました。
早速今度挑戦してみますね。

それにしてもスマホが無事手元に戻ってよかったですね。
読み進んでいくうちに、こちらまでハラハラしました。
改めて文章力のなせる業に感服いたしました。

そして出来合いのおかずをそのまま食卓に並べるのではなく
きちんとした晩ごはんに仕上げるところがまた素晴らしい。
へとへとになって帰宅した後に出来ることではありません。

最後の文章はどこかオー・ヘンリーを思い出させました。

やまねこさま
過分なお言葉いただき、恐縮しております。
トミーズ、すなわち富澤商店ですが、かなり広い店の割には店員さんの数がこのところ二名ぐらいで少なくなったのは、売れ行きが悪いのか、と想像をめぐらしたくなるのですが、バーコードを入力する完全セルフレジしかなくなってしまったので、やりたくなくても、やらざるを得ないというわけなのです。
つくるつもりでいたレシピで材料をチェックしながら、買い物したので、柄にもなくスマホ片手となったのが、災いの元となりました。
一日に一度外出したら、たとえ、近くのコンビニでさえ、行くのがつらくなる高齢ぶりなのに、せわしなく二度出となり、本当に疲れました。
お心のこもったコメントいただき、ブロガー冥利をいただきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『捨てない生きかた』我が意を得たり | トップページ | 若い植木屋さんに大感謝 »