2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 群馬県、四万温泉ひとり旅 4 | トップページ | 足のトラブルふたたび »

2021年11月28日 (日)

好物にさよなら

半世紀近く、峠の釜めしを愛していた。

いつ食べても絶対に味は変わらない、おいしい駅弁、いつ食べても満足する味を信じていた。

横川という駅がなくなって、いっとき買えるのは軽井沢に行くときぐらい、だと思っていた。ときたま、駅弁祭りという行事がデパートなどであるときは、早めに出かけていって買うぐらい、楽しみにしていた。

銀座シックスの地下に荻野屋が店を出し、早めに行けばそこで、買えるようになると、銀座に行く楽しみがふえ、うれしくなった。

そのころから、ちょっと味が変わったかな?出来立てを食べられず、レンジでチンするせいなのかな?と思ったことがある。。

そして、あの四万温泉の帰り、高崎で駅弁コーナーに駆けつけ、釜めしを、近頃は紙の容器に入ったものもあるのだが、やはりあの陶器のほうが、おいしいという店のひとの言うことを信じて、重たいのにもってかえり、言われたとおりにチンする温度と時間を正しく行なって、ふたを開けたとき、これは違う、と愕然としたのだった。

タケノコの切り方が大きくて厚め、そしてまったく変化したのは、大き目で雑な味付けの鶏肉、ゴボウも雑な切り方、すべての具のなんともいえぬハーモニーは消えてしまった。おいしくない、かすかに昔からの味も残っているが、繊細ではなくなった、雑な味、食べていて満足感がない、むなしい思い、楽しみにしていた期待が大きかっただけに、もう、二度と買うまいと思った。

若い人向けに肉を大きくしたのか?元祖のひとの指導がなくなってしまったのか?指導はあっても守る人たちがいなくなってしまったのか?

わからない、すべての長続きしている名物に起こりうることなのか?

その点、田園調布の茶巾寿司と関西寿司の醍醐は大したものだ。作っている場所がガラス張りでよく見えるのだが、常に、注文を聞いてから厨房の高齢だけど熟練の作り手が手作りして詰めはじめる。味はいつも同じ、三十年ぐらい続いているのではないかと思う。

最近あるひとの京都旅行のブログから、和久傳の鯛ちらしのすし飯がぱさぱさだったという感想に大きくうなずくものがあった。三年まえの京都旅行で、和久傳の鯖寿司を買って、夕食をそれで済ますことにして、楽しみにしていたのだが、生臭さに、愕然としたのを記憶している。菊乃井の稲荷ずしもべちゃべちゃで、汁気多すぎ、あれも腹立たしくがっかりした。

京都の名店は必ずしもおいしくない、名前にだまされてはならないのである。。

やっぱり自分の手でつくったものが、たとえおにぎり一個でもおいしいと、思ってしまう近頃、疲れているときでも、味に満足を得られれば、疲れはどこかに消えることを、確信するこのごろである。

 

 

« 群馬県、四万温泉ひとり旅 4 | トップページ | 足のトラブルふたたび »

コメント

峠の釜めしは、学生時代山からの帰りに、買って食べた懐かしい味でした。そうですか?あの味が変わってしまったとは、淋しいことです。我が家から二つ目の駅に「峠の釜めし」の東京の製造元だという小さなお店があります。2回ほど買ったことがあります。昔の味を再現しているとは、思いませんが、懐かしさで買い求めました。愕然とするほどの味の変化ではありませんでしたが、美味しいとは感じられませんでした。有名な名前に甘えて味を守る姿勢がないのは、情けない限りです。四谷三丁目の「八竹」は、大きくてふっくらした茶巾寿司が500円で、今も美味しくて嬉しいことです。支店もなく職人さんが奥でつくっています。こんなお店が長く続いてくれますように。

釜めし!懐かしいです。 
私の両親は金沢です。何年かに一度ですが、子供時代は金沢に行ってました。
横川駅が近づくとソワソワソワソワ、乗車口に立って、到着するや否や走ったことを思い出します。 
帰りも買って、重いのにお釜をもってかえったものです。
半世紀も前の話、味が分かる、という頃ではなく、ただ長い車中の楽しみな時間の思い出だけです。
金沢にはもうずっといっていません。
今は新幹線ですから、釜めしを買って車中でいただく、ということもないのでしょうね。
都内で買えるとは、また都内に製造元があるとはしりませんでした。
旅の思い出としてだけ、大切にしておきましょう。

「八竹」、なつかしいです。実母が四谷で日本人形づくりを習っていて、いつもお稽古の帰り、買ってきてくれるのを楽しみにしていました。
但し、「八竹」がデパ地下に進出したとき買ったことがあります。そのときはごはんがパサパサ状態でおいしいと思えませんでした。お寿司は寿司めしが命、すしと合わせ酢の絶妙なしっとり具合が時間の経過で失せてしまったのでしょう。
でもまだ「八竹」が繁盛しているとしたら、半世紀以上ですよね。スゴイです。
峠の釜めしも、今のものを初めて食べたひとはそれなりにおいしいと思うのかもしれません。
わたしの郷愁は、ちょっと個人的すぎるのかも、とも思ってしまいます。

ykさま
金沢がご実家とはグルメでいらっしゃるのもうなずけますね。

半世紀以上も郷愁を持ち続けた、ちょっと特殊なわたくしですが、それが佳き時代の軽井沢を思い出す最初の味だったからかもしれません。
学校の夏季寮が旧道の近くにあったので、小学校から大学まで、そして卒業生のための数日の寮生活の思い出につながります。
コロナ前までそれはあったのですが、軽井沢の変遷も実感しつつ、自分の老いをひととき忘れられる日々だったのを、今はなつかしく、再開はむずかしいだろうと、さみしく危惧を抱いております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 群馬県、四万温泉ひとり旅 4 | トップページ | 足のトラブルふたたび »