2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 半年ぶりに | トップページ | ショパンコンクール2021二次予選を聴きまくる »

2021年10月 9日 (土)

ようやく咲いたヘブンリーブルー

7月末に買ったヘブンリーブルーの苗、元気に伸びて、竹の囲いを越し、計画通り、モッコウバラの中に入ってツルを伸ばした。

だがツルは元気にのびるのだが、蕾らしき姿が見えない。せっかちのわたしはハイポネックスの肥料などをやりながら、もしかすると、今年はこのままかも、などとあせっていた。

九月の末だろうか、ようやく小さい蕾らしきものがあらわれはじめて、まずは安心、それからの成長著しく、きのう第一輪が咲いたのが見え、歓声をあげる。でもお隣さんの方を向いているので、写真がうまくとれない。

ようやく、きょう三輪の姿をとらえることができた。ブルーの色は、去年とかわらぬ淡い色、バラの枝の中をもぐっているうちに精魂はててしまうのだろうか?もう少し、心くばりが必要だったのかもしれないが、なにしろ、主のわたしの体調、イマイチだったので、残念だった。Img_2867

でもこの色は好みである。やっと咲いたよ、の気持ちがあらわれているようで、愛しい。

下のウッドデッキを彩っているのは、コリウスの葉っぱ群。Img_2868

植物好きのお隣さんのご夫妻、朝雨戸をあけるたびに、目を楽しませていただいてます、とうれしい感想をいただく。

 

« 半年ぶりに | トップページ | ショパンコンクール2021二次予選を聴きまくる »

植物」カテゴリの記事

コメント

やあ、ヘブンリーブルー咲き始めましたね。
この清々しい青色を見ると心が洗われるような気がします。
蕾もいっぱいついているし霜が降りるまでは楽しめますね。
今年は10月になってもこの陽気なのでこれからどんどん
花付きがよくなるのではないかしら。
一面がブルーで覆われるのも、もうすぐですね。
満開になった時の写真も楽しみにしています。

コリウスも色とりどりで目を楽しませてくれます。
お隣さんの嬉しい気持ちがわかります。
花穂が出てきたので、こちらはもうそろそろ終わりでしょうか。
生育期が長い植物はお得感がありますよね。

モッコウバラを潜って咲いているので、整然と咲くというのは無理で、一面ブルーはちょっと難しいかもしれません。
あるじの、いい加減さが、花にも影響しているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半年ぶりに | トップページ | ショパンコンクール2021二次予選を聴きまくる »