2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« メモからノートへ | トップページ | モノクロは美を引き立てる »

2021年9月 2日 (木)

ネットフリックス、わたしの今、イチオシ、イッキ観の作品

ようやく見つけたこの作品、タイトルは『レイト・ナイト・私の素敵なボス』、エマ・トンプソン、ジョン・リスゴーの出演者の名を詳細情報から見つけて、ハリウッド映画ではあったが、観ることにしたのだった。

ストーリーはテレビ界、レイトショーの司会を長年つとめ、エミー賞、ゴールデングローブ賞などを多く受賞、一番人気だった番組が、視聴率がさがり、カリスマ司会者は降板の危機にさらされている。十人近いグループで結成されているライターはすべて男性、そこにズブの素人の女性を採用、さて、その成果は?というストーリー。

主役のエマ・トンプソン、実年齢六十代半ばだが十年以上若い役柄を、美しく、賢く演じ切り、ショートヘアーの姿見とれるばかり、クイーンズイングリッシュの英語が耳に心地よく、ストーリーのテンポのよさも手伝って、実に楽しく、面白く、ぐいぐい引き込まれてしまう。

英国人女性が、これ程長期にキャスターの座に君臨できたのは、この、米語ではなく英語を、視聴者が聴きたかったのでは?と思わせる設定、アメリカ人は実は、語源の古い、英語にコンプレックスじみたものがあり、あこがれを持つひとたちもいる。

そんな雰囲気が立ち込める、男性ライターたちの従順な態度、それなのに、これ程長期に君臨されるとコンチキショウ的な反発も生まれ、という状況が実によく出ている会議の見せ場沢山。

女性司会者の元大学教授、夫役のジョン・リスゴーが素晴らしく、知的でいい年取り方をしていて、みとれる。夫婦の危機をむかえたときの二人のセリフのやりとり、ノートに書き留めたかった。

もう一度ゆっくり観たい映画。Late-night

一般視聴者のレビューにも同意見あり、満足感大、元気をもらった、という言葉も見つけた。

 

« メモからノートへ | トップページ | モノクロは美を引き立てる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

すごく面白そうだったので検索してAmazonでレンタルしました。
ネットフィリックスは登録していないので。

プロフィールの画像、ヘブンリーブル―ですね。
まさしく天上の青。
今日はなんだか蒸し暑くて辟易していましたが
この写真で一気に涼しくなりました。

記事はもちろんですが毎回変わるこの画像も楽しみにしています。

Amazonでレンタルという手段もあったのですね。そういえば、アマゾンプライムはどんなか、しらべてみたら、なんと観たかった「ハワーズ・エンド」があるのに、アッと喜び、しかも無料で観られるという、ラッキーでした。ヒントをくださったこと感謝しています。
プロフィールの画像は一昨年の花です。花の数は少なかったのですが、色はきれいでした。
お励ましのお言葉、明日のための元気をいただきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メモからノートへ | トップページ | モノクロは美を引き立てる »