2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 青虫はいずこへ? | トップページ | 半年ぶりに »

2021年9月30日 (木)

ようやく全快

実は八月半ばから再発した膀胱炎の悩みを、きのうまで抱えていた。

信頼していた横浜元町のクリニックは漢方薬を二週間分処方してくれたが、ほとんど効力なしだった。どうしたら治るのか、というわたしの必死の問いに、83歳で現役主婦というのが一番の問題、と言われてしまったのには、ショックだった。どうすることもできない現代の家庭の状況を、原因にして片付けてしまうなんてもう、ここへは来ない、と決心した。

自由が丘に三十年以上開業している泌尿器科の権威というところにも出かけた。また別の漢方薬と抗生物質を処方されたが、それも効かなかった。83歳の現役主婦ということが問題だと言われた、と話したら、手抜きしきゃだめ、だめ、と言われた。

手抜きなんかとっくにしている、知ったかぶりして言われたくない、と、思った。

そこで、自分で勉強しなおし、と思って、家にある漢方や、民間療法なども載せている『家庭の医学』を熟読してみた。

お灸や指圧が効くことがある、として身体のツボが写真入りで示されていた。あと、ハブ茶やドクダミ茶が効く、ゴマやスイカなどを積極的に食すること、コンニャクをあたためて、恥骨のところに毎日10分以上湿布すること、などが書いてあった。

まずはお灸だ。いつも行く整骨院はお灸のベテラン、指名でしてもらっている女性マッサージ師に『家庭の医学』の写真をスマホに映して見てもらって頼んだ。ちくっつ、と、アツッツとするところもあったけど、翌日それが劇的に効いたことがわかった。不快な症状が消えたのである。

その夜別の情報が入った。ブログ経由で友人となった若いひとが膀胱炎を患い、わたしのメールを読んで、ドクダミ茶を煎じて試したのだそうだ。袋入りの茶葉を買ってきて、大量を煎じ、まっ茶色の液体を三回のんで、医院に行ったら、完全にクリーンになっていたのだという。

わかった、いい情報だった、わたしもドクダミ茶も試そう、そう決心し、自然食品店で、オオサワのティーバッグを購入、それを煎じて一日三回、一週間飲み続けて、徒歩距離の婦人科に出かけた。がん検診の結果をききに行ったついでに尿検査もしてもらう。

結果は両方とも、無罪放免、わぁ~っつと叫びたくなるくらいうれしかった。

こんなに民間療法が効果あるとは、医学のまえに存在していた、この植物に関する知恵や、伝承療法の力を見直すときがきているのではないか、と悟りを得たような思いがしたのである。

 

 

« 青虫はいずこへ? | トップページ | 半年ぶりに »

コメント

全快されたとのこと、本当に良かったです。膀胱炎は、鬱陶しいことだとお察しいたします。民間療法は、馬鹿にできない効果があるのですね。私も、定期的に鍼灸マッサージの懇意にしている先生に診てもらっています。お灸は、確かに私も良いと感じます。

かなり前に購入した「家庭の医学」が書棚に並んでいますので、気掛かりなことがあるので紐解いてみます。ありがとうございます。

aiaiさま
ありがとうございます。お灸は初体験だったので、より効果があったのかもしれません。
要は血のめぐりをよくすることが大切なんでしょうね。
ときどきアツッと感じてしまうのは技術的な問題なんでしょうか、もう結果が出てしまってからはまたやってほしいとは思えないんですよね。痛いのと熱いのは苦手なので…、

Tacchanさま
私の「家庭の医学」も主婦の友社創業70周年記念に出版された、いざというとき必ず役に立つ本、という宣伝文句ですが、本当に役に立ちました。
わたしにだけでなく、15歳も若い友人の役にも立ったわけですから、キリスト教的に理解すれば、神さまの、お引き合わせのようなものです。
西洋医学より、日本の民間療法を見直すとき、だったのだと思います。
ついつい、ネットに相談しがちですが、書物は信頼がおけるな、とつくづく思いました。

≪ようやく全快≫この文字にどんなに希望が見えたことでしょう。
よかったですねぇ-。西洋医学東洋医学と、ご自分でもいろいろ調べられて
行きついたこの結果、本当に良かったですね。
漢方薬の効き目は侮れませんね。何しろ歴史が深いですから。
私も脛に傷を持つ身として、とても貴重な情報です。
さっそくメモしておきます。

ドクダミは庭でのはびこり方はすごいものです。小さい芽を出したら
こまめに取り除いています。こんなにすごい効果を持つものだとは!
とはいえ、ドクダミ茶は買ったほうがいいですね。
心身ともにさわやかに秋になりますことを祈っています。

ちゃぐままさま
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
私自身、今回の展開に驚いています。
ドクダミは以前の庭にはびこり続けた雑草のカシラのような存在で、可愛げな花をつけたりしているのに、生々しい臭いのする、好感が持てない植物でしたが、それだけ生存力の強さは悪い菌をも殺す力あり、だったのだな、と納得しました。

あなたのブログも訪問して、感心することばかりですが、角野隼斗さんのフアンでいらっしゃるとは、驚きました。私も彼のYouTubeの映像は、ほとんど観ていて、圧倒されました。
とりわけ「猫ふんじゃった」のテーマの変奏曲が気に入っています。和音の組み立てがスゴイ、あれほどの才能を持ち合わせていると、もうソリストの領域を超えた存在ですね。

ばぁば様
角野さんファンと聞いて嬉しくなりました。
角野さんの1次予選はすばらしかったですね。素人ながら、予備予選の時は
指が震えていて本来の力が出せていないような、と心配していました。
1次予選は本来の演奏でよかったです。音色の多才さ、人を引き付ける芸術性、
が老若男女を問わずファンが多いのだと思います。
角野さん、ピアノコンチェルトまで進んで本領発揮してほしいです。
見るたびに痩せていかれて、過酷な練習をされているのでしょうね。
本番前は、フランスのルイサダに師事するために早めの渡仏されたようです。
コロナ禍の中でストレスもたまったでしょうね。

私は反田恭平さんのファンでその対談の中で角野さんを知り、音楽についての
考え方がすばらしいと思いました。
先入観なしに、牛田智大さんの演奏は絶賛しました。ショパンはこんな風に弾いて
もらいたかったのではと思いました。
それに沢田蒼梧さんのカワイを使った演奏も澄み切った品格のある演奏で、
日本人はすばらしいですね。2次予選が楽しみです。

ちゃぐままさま
角野さんのフアンというほどではありません。カティーンの名で弾く変奏曲にしてしまう実力に注目しています。

ショパンコンクール、あれだけ精鋭が集まると、だれが突出するのか、むずかしい問題ですね。そのときの審査員の評価の運のようなものもあるでしょうし、聴衆をどれほど魅了するかにもかかってくるのかもしれません。

きょうの題名のない音楽会で、小林さんと角野さんが出演していましたが、私は小林さんのワルツ五番に魅せられました。あの曲がワルツの中で一番好きで、難曲であり、名曲だと確信するからです。

それにしても、日本はスゴイ、楽器も進歩しましたが、あれほどの弾き手をかかえているとは、世界の注目度も素晴らしく、外国人のコメントも、ほめちぎっているものが多いですね。

ショパンコンクール、日本人が8人も一次予選を通ったと一昨日知りました。若い日本のピアニストが、続々と出てきて嬉しい限りです。私も昨日の小林さんのワルツ5番とても心に響きました。

aiaiさま
日本人のコンテスタントも多いですが、中国も多いですね。しかもガンガン弾くひとが多くて、あまり好ましくないです。目立ちたがりに負けそうで心配していましたが、女性でも進藤さんは音楽性もあり、ガンガン度もすごく、迫力で安心しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青虫はいずこへ? | トップページ | 半年ぶりに »