2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 尾籠な病 | トップページ | 『時の面影』から『ホワイト・クロウ、伝説のダンサー』へ »

2021年8月 9日 (月)

捨てないでよかった…

今の時期、食料品の買い物に行くことだけが唯一の外出だったりするから、せめて、そのときは何の不安もなく、安定した気分で目的を果たしたい。

瓶や缶に入れられたもの、重い野菜類、粉や砂糖、掃除の洗剤などが加わっても、気にならない収納が可能な用具、それはやはり買い物カートだ、とつくづく思うようになった。

移動スーパーが来るようになって、重いもののいくつかは、解決したのだが、砂糖や塩など、こだわると、思い通りのものがないことが多く、別途補給が必要になったりすることもあり、カート購入を急ぎたかった。

 

東急ハンズや、自由が丘でずいぶんカートは目にした。ハンズにあったものは、黒ばかり、自由が丘のスイニーというメーカーは四輪で動きがなめらか、それはいいのだが、形が箱型のスーツケースみたいなのが気に入らない。値段20000円代と、予算過剰。これ、といったものはなかなか見つからない。

 

夫の部屋に十年以上も敷いてあった六畳敷きの絨毯があまりにも古くなって、ダニでも住んでいたら、面倒なのではがすことにした。粗大ごみに出すので、ほかにも処分するものをと、納戸を探していたら、以前イタリア旅行の時に使っていた、機内持ち込みのバッグが目についた。引っ張り出してみると、これが買い物カートにピッタリだと思えてきた。ファスナー付き大ポケット二つがついた、四輪のカート。早速これを試用、近所に買い出しにいく。コンビニで飲み物を買い、自然食品店で全粒粉パン、冷凍ひき肉、パン、果物ジュース二瓶、手作り野菜を売っている苗店で、ジャガイモ、ピーマン、パプリカ、トマトを購入、そこの奥さんが作っているクッキーも。かなりなカサと重さだが、バッグはまだ余裕しかも動きが実にいい、アスファルトの上も音も小さくスイスイ動く。Kimg0318

ローマからオルヴィエートに直行したときこれを持って列車に乗り、ケーブルカーでオルヴィエートの街に上がり迎えの車に乗ったのだった。

懐かしいバッグが健在でこれほどに役立つのがより気持ちをウキウキさせてくれる、思わぬ嬉しい発見だった。

 

 

« 尾籠な病 | トップページ | 『時の面影』から『ホワイト・クロウ、伝説のダンサー』へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾籠な病 | トップページ | 『時の面影』から『ホワイト・クロウ、伝説のダンサー』へ »