2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 治療中ではあるけれど | トップページ | うっかり節分 »

2021年1月29日 (金)

ソーイングビー、(19)(20)民族衣装の生地は困難

「安泰な人なんていない。一度失敗したらいつでも落ちる」というシャーロットの言葉は、決勝まで残りそうだったジェイミーが落伍して、真実味を帯びてきた。

シルクブロケードを縫う、チャイナドレス、コンシールファスナーの部分とバイヤスカットの前身ごろをいかにうまくつなげるかが、勝負所であるが、シャーロットがマネキンに着せるところで、トレイシーに助けを求めたことが仇になったように感じる。

いつも冷静に見えるシャーロットがなぜコンシールファスナーを、開くことを忘れたのだろうか。手伝っているトレイシーにしても、だ。バイヤスカットの部分がのびてしまったことが致命的になってしまった。

トレイシーにはそれが有利に働いて彼女が一位獲得。Img_2800

 

インドサリーのリメイクもトレイシーが一位、これは文句なしの出来栄えではあったけれど。二位にとどまったシャーロットには複雑な思いが錯綜したのではないだろうか。

 

三番目の挑戦、インドネシアのバティック、親友がインドネシアに駐在していたので、訪ねていってこの独特な生地の魅力を知った。

今回はペプラムなどという複雑な飾り物をつけるスタイル、生地はかなり固めだからさぞやむずかしかったと想像した。個人的にはルマーナの作品が好きだったけれど、審査員はペプラムを重んじた、感がつよい。Img_2801

ジョイスはソーイング歴60年のツワモノ、自己流に自信があるから、突っ走って、損すること二度、今回は挽回した。

 

ジョシュの落伍は残念、センスのあるひとだったし、素直で好感が持てた。これであとは女性のみの熾烈な戦いとなりそうである。

 

 

 

 

 

« 治療中ではあるけれど | トップページ | うっかり節分 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 治療中ではあるけれど | トップページ | うっかり節分 »