2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ソーイングビー2(18) | トップページ | 治療中ではあるけれど »

2021年1月23日 (土)

突然の不自由

朝起きたら、腰痛に襲われた。以前から、ときどき腰のあたりの違和感はあったのだけれど、高齢ゆえの、頼りない感じくらいの意識だったのだが、きょうのは違った。

思い当たることと言えば、今週は国際婦人クラブの例会のオンラインで、上野千鶴子さんがゲストで講演されるとあって、およそ一時間以上、PCに見入っていたのが、疲れた。

画面に出ているので、途中で立つことがはばかられていて、集中したあとの疲れをまともに感じた。それと、多摩川を往復することが二度ほどあって、曲がりくねったかなりの急坂をのぼるとき、腰のあたりではなかったけれど、身体全体でつらいと感じた事実はあった。

 

リンゴの生ジュースとヨーグルトとミルクをかけたシリアルを急いでかきこみ、いつもの接骨院へ。大した事ではなさそうな診断、電気をかけてもらい、腰の牽引をする。入浴などであまり温めないほうがいいと言われた。

 

食事だけはまともなものを食べたい。イーオン系のスーパーが魚を特売するというニュースを、夫が聞きかじってきたのを思い出し、寄ってみると、なるほど見た目もおいしそうなブリがあったので、それを男性二人に、わたしはタラを買い、春菊、豆腐でタラチリにする。このイーオン系のマイバスケット、午前中だというのに、大根が見当たらない。

 

こういうときは裏にある、あのオジサンの店へ。彼は夫と同い年、「同級生、元気?」などと声をかけてくれる、何でも売っている便利な店。夫よりはずっと元気、まだ白菜の漬物を自分で漬けて自慢にしていて、事実、とても美味しく、わたしの必需品。

やっぱり立派な大根があった。葉がついているのを、半分にしてくれる。「同級生」は弱る一方だと報告したら、よろしく言って、大事にね、とキャンデイをおまけにくれた。

オジサン,えらいなあ、と思う。「これもお客さんのおかげ」と言うところがまた、頭が下がる。

そして、もううんざりしている家事を、まだ頑張ってしようか、という気持ちにもなる。

腰をかばいながら、でもそれを言い訳に、夫と息子に跡片付け全部をしてもらいながら…

 

 

« ソーイングビー2(18) | トップページ | 治療中ではあるけれど »

心と体」カテゴリの記事

コメント

突然の腰痛、さぞお辛いことでしょう。起き抜けに腰の痛みに驚くことは、私も4か月位前に経験しました。特に思い当たることもなかったので、かえって不安になりました。ばあば様がすぐに治療院に行かれたのは、良かったです。同じ姿勢を長時間するのは、禁物のようです。無理のない範囲で下半身の筋力を少しでも強化するのが、大事だそうです。
毎朝のストレッチなどなど。どうぞ無理をなさらずこまめな体操などしてください。お大事に。

aiaiさま
お心のこもったお見舞い、ありがとうございました。
立ち上がるときが、つらく、これではコンサートなど、当分無理だと悲観しております。

ネット検索しますと、起き抜けの痛みはあまり深刻なものではないというのでちょっと安心しましたが、ストレスが原因の場合が多いとか、で思い当たります。ずいぶん一人旅をしていないし、うちにいるのが、そして、限りなく家事があるのが、ストレスになっているのです。ようやく腕と手首の痛みが少し落ち着いたかと思ったら、いよいよ、腰とは
ほんと八十代は死の入り口のように思われてきます。、、

腰痛とは…さぞ痛いことでしょう。
心配しています。
なにもかも完璧にこなされ、頑張ってこられているので、
身体に無理がきたのではないかと
心配しています。
どうぞ、無理をなさらぬよう、
たまには身体をやすませて、日々のお仕事も少しは手を抜かれて…
といっても、ついつい頑張られるのだとおもぃますが…
本当にご無理なさらないでくださいね。

花さま
ご心配恐れいります。
痛みは立ち上がるときだけで、一度立ってしまえば、いつもとそれほど変わりはありません。かがむときの少々違和感がある程度です。
でもこれ以上ひどくなると困るので、きのうは夫と息子にすべて任せて、夕飯はさぼりました。
今週は何も予定なしなのが、気が楽、これから「モーニング」を食べにせせらぎ館に出かけるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソーイングビー2(18) | トップページ | 治療中ではあるけれど »