2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 掃除革命 2 | トップページ | 突然の不自由 »

2021年1月17日 (日)

ソーイングビー2(18)

新シリーズが始まって五回目、ソーイング技術の基礎的な試練が続く。下着のブラのあとは、スカーフを使ったリメイク、そして大仕事はローブである。

どんな生地を選ぶかが、勝敗を決するのだが、シャーロットだけは、コットンを選び、しかもすべて手縫い、ほかの全員がミシン縫いにふりまわされるのに、悠然と座ったままでの針運び、審査員も驚愕するほどの、美しい仕上げで文句なしの一位となった。Img_2797

外国人が手縫いのワザをこれほど、示すとは、視聴者の私たちも驚愕であった。

 

滑りやすい絹や、厚さの異なる二枚を重ねた襟回りのむずかしさが仇となって、ジェイミーは脱落。

これはまったく、劇的な場面展開、ドラマ以上の場面をしかと見届けた、という感じである。

カメラもそれをとらえていた。脱落者はどちらか?というところで、ジェイミーはジョシュの肩に手をおき、その名が発表されるとき、ジョシュの肩をしかとつかんだのだ。Img_2798

これは、ほら、がっかりするなよ、だったのか、ほら、言っただろう、この僕のほうだって、のぎゅっと、だったのか、この場面をとらえた映像はスゴイ、とわたしは息をのんだ。

 

ジェイミーは一位が連続し、前回のニールを思わせた。だが回が進むにしたがって、彼のあせりが、生地の選択や、デザインの挑戦などにあらわれ、目立とうとして奇をてらった形になったのは惜しかった。

審査員は苦渋の選択だったと言っていたが、正しかったと視聴者を納得させるところも十分だったと思う。

見応えのある、三十分であった。

« 掃除革命 2 | トップページ | 突然の不自由 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 掃除革命 2 | トップページ | 突然の不自由 »