2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ソーイングビー2(5)ローナの快挙 | トップページ | 『エール』の長崎の鐘、感動シーン »

2020年10月22日 (木)

ソーイングビー2(7)超難題の日

よりによってコルセットを縫わせるとは、なんと難しい課題だろう。12枚もの曲線のパーツを縫い合わせて、しかも、ボーンをきちんと収める袋をつくらなければならず、しかも柄合わせ、バイヤステープのふちどりの仕上がり、曲線の正確さにも目配りが必要とは、厳しい課題である。

 

結果は男性群が上位を占めた。

 

洋裁歴四十年のタトゥーシニア、ポールも善戦して三位、ニールがダントツ一位だったが、色彩的には、わたしはローナの、ひも選びまでセンスの良さが光る仕上がりを、評価したかったけれど、完成度がいまいちで、五位に転落、ニールは優勝して、会心の笑みを浮かべていた。Img_2674 Img_2675

 

今回の挑戦者たち、女性はローナがとびぬけているが、続く人がいない。男性はニール、ポール、ライアンとスゴイ顔ぶれ、最後の決勝戦に残るのは、ニール、ローナは確かだが、あとはだれになるのだろう。

 

予告編でライアンが泣いている姿が映った。

それほどにきびしい課題が続くということだろうか。

« ソーイングビー2(5)ローナの快挙 | トップページ | 『エール』の長崎の鐘、感動シーン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソーイングビー2(5)ローナの快挙 | トップページ | 『エール』の長崎の鐘、感動シーン »