2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« マスクファッション考 | トップページ | 氷枕効果 »

2020年7月 7日 (火)

人吉の無事を

熊本県人吉は、義父の故郷である。

これまで何度も台風や水害が九州を襲ったが、この二十数年、人吉は無事だった。

それが、今回は正に直撃である。荒れ狂う球磨川の映像を、リハビリの場所のテレビで見たわたしは叫ぶくらい、衝撃を受けた。夫はすぐに、従弟たちに電話をしたのだが、通じなかった。ひとりだけ、従妹のY子さんは電話に出たというのだが、難聴だと言って、会話ができなかった。でも電話に出られたのだから彼女は無事ということだ。

でももう一人一番、親しかった従弟の消息が気になる。被害状況のすさまじさを刻々知ればしるほど、気が気ではなかった。

 

義父は銀行員で戦前戦後海外駐在が多かったが、趣味の書道は、プロ並みの実力で、故郷でも高く評価され、作品の石像が建ったという出来事のあと、私たち夫婦は人吉を訪れた。九州の小京都と称せられる、趣き深い街に、わたしは惹かれた。球磨川のゆったりした流れ、緑の多い城跡、人情味ゆたかな住人との会話、人吉旅館というところに宿泊したのだが、料理のおいしさ、温泉の心地よさはいつまでも記憶に残るものだった。

 

やがて電話で話す夫の声がひびいた。彼の声はフレイルが進んでいる今でもよく通るのである。町田在住の従弟の未亡人、T子さんに電話が通じて、みな無事、駅にちかい高台のビルに避難しているのがわかったという。

 

よくT子さんの電話番号わかったわね、とわたしが言うと、オフクロの番号簿さ、という答え。

わたしの電話番号簿は引っ越し二度のときに紛失、パソコンを変えたときに整理ができないままとなり、ウィンドウズ10になったときに、また怪しくなった。

 

親戚の住所録や、電話番号簿をきちんと整理できているのは、義母そのひとで、やはり彼女にはかなわない、恐れ入りました、と首を垂れた。

« マスクファッション考 | トップページ | 氷枕効果 »

コメント

お早うございます。 熊本、人吉の豪雨被害はテレビで見るだけでも
怖さが伝わり、ガクガクしそうです。
遠い昔の話ですが、寮に入って中学生活を始めましたが
その一番最初に、一緒の部屋になった一人が、人吉出身の人だったので
人吉はとても身近に感じます。現在、彼女は関東の住人のはずですが。
お身内の方々のご無事が分かって何よりでした。
この先が、またご苦労かもしれませんが、命あってのことですものね。

tomokoさま
今回の球磨川の氾濫の激しさには身のすくむ思いがしました。電話で話したT子さんは毎年のように人吉を訪問していて、情報もくわしく、昨日もまたついつい話し込んで一時間近くの長電話をしました。
葬式で出会うこともなくなった親族、縁ができた人たちなのですから、こういう時期であるからこそ、縁を深めたいものだと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マスクファッション考 | トップページ | 氷枕効果 »