2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 『駅ピアノ』から | トップページ | リハビリ通い »

2020年5月26日 (火)

岸恵子さんの『私の履歴書』

およそ一か月まえ、緊急ステイホームの延長宣言にため息をつきながら新聞をひらいたとき、日経の『私の履歴書』の次の執筆者が岸恵子さんだと知って、歓声をあげそうになった。

 

これで五月は毎朝、新聞を読む楽しみがふえると、思ったからだ。

 

期待は裏切られなかった。真っ先に開く日経の文化欄、そこには小説よりも、映画やドラマの名作にも勝る、わたし自身が生きた時代に重なる見事なドキュメンタリーが繰り広げられている。

映画が何よりの娯楽だったときに、その楽しみにどっぷり浸っていたわたしなので、岸さんのデビュー当時から主演映画はほとんど観ている。それまで日本人形型の美人顔一辺倒だった映画界に、個性的で美しく知性も秘めた彼女の美貌はまぶしいくらい、映画界を圧倒していたのだ。

その魅力は海外の監督の目にもとまり、名作中の名作を生みだしていたデヴィッド・リーン監督からまでも、出演依頼を受けた彼女のニュースはマスコミを一段とにぎわすことになった。

二人の間に何かがあったというゴシップもささやかれた。

 

その真相がどうであったのか、『履歴書』にはリーン監督から見つめられてミルクをこぼしてしまったエピソードと、彼女の家で浴衣を着せられて、くつろいでいるように見える監督との記念写真が提示され、すでに英国留学を果たし、勉学中に撮影中止の報を知らされ、衝撃を受けたという、短い記述がある。

今回の履歴書が口述筆記であるのかどうかはわからないが、彼女の語り口はエピソードの選び方、詳述の描写、すべてがすぐれていて、その場の映像が浮かび、ぐいぐいとせまってくるものがある。

リーン監督がのちに『戦場にかける橋』を撮ることになったときも、彼女に出演を依頼し、それがかなわぬと知ったときに、その場面を削除したというエピソードも語られているから、それが特別な感情を秘めたものであったかどうかは、知る由もないが、わたしの好奇心は大いに満足した。

身長160センチ以上という当時にしてはかなりの長身だったのに、初めて知らされた彼女の悩み、靴のサイズが21だという事実に驚かされた。フランス人は華奢なひとも多いけれど、足のサイズは別らしい。わたしは22・5でもはける靴を探す苦労を味わっているのでどれほどか、と想像できる。

 

離婚後の彼女の文筆家としての人生が、あと五日で語られるのだろうか。

彼女の小説はデビュー当時のものから、『わりなき恋』まで二冊ほど読んだが、正直いってあまり好みではない。

巧みな文章を書こうとする気負いが強く感じられて、ちょっとへきえき気味だった。

87歳でいまだにダウンのヘアスタイル、あれほどの容姿の彼女なら、年齢相応、後ろにまとめる、むしろ地味目のヘアーにしたら、さぞ、美貌が映えるのに、と思うことがある。

岸恵子さんは彼女の人生そのものが、一人の女性として輝かしい。

少し踊っているように美しい自筆の『私の履歴書』の文字がそれを伝えている。

 

今回の『履歴書』はまだ語り足りないくらいのエピソードが秘められているのではないか、また続編を書いてほしい、とまで思うくらい、それに一層好奇心をそそられている自分を発見している。

 

 

« 『駅ピアノ』から | トップページ | リハビリ通い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。ご夫妻ともお元気な由、何よりです。コロナも次の段階に移りそうで、少し気分が晴れてきました。今日、友人から テレがあり、「私の履歴書」読めよ。と連絡がありました。貴女のブログで大体の推測がつきました。生憎、日経取って居ないので、単行本にでもなったら読みたいな と思っています。

massyさま
そちらもご無事のようで、安心いたしました。
massyさまも、夫も、岸さんと同級という年齢ですね。お読みになったら、特別の感慨をお持ちになるでしょう。
夫は最初の戦時の描写に驚いていたようですが、それほど映画に興味のあるひとでもないので、読み続けていないようです。
長かったステイホームのお疲れ、でませんように、お大切に。

岸恵子氏の履歴書、圧巻でしたね!
無駄のない文章、表現はもとより、多岐にわたる知識に裏打ちされた
文章力に打ちのめされました。
今までの著名な男性群の履歴書を置いてきぼりにした感じで
読んでいました。
それに、嘘がないと素直に感じています。

幼いころ両親に連れられて行った「君の名は」。
主人公の、すれ違いのかわいそうな内向的な人というイメージが
強く、そのフィルターで見ていました。
考え方、物の見方など、日本で収まる人ではなく、やはり海外で生きる人
だったのだと気づきました。
友人に回覧しようと切り抜きました。

ちゃぐままさま
岸さんの『履歴書…』が終わって、さみしくなりました。最後の五回はあまりにもありすぎる出来事の具体的な描写が足りなくて、ちょっと残念でした。語学習得のこと、友情関係、子育て、孫育て、お母さまの介護など、そして何よりも、いまのこの状況をどのようにとらえていらっしゃるか、グローバルな方だからこそのご意見のあふれたご生活ぶりが知りたかったです。続『履歴書』が読みたいと思いました。

実はわたしも、切り抜きしていたのですが、なぜか、あのサイズ21のところが消えてしまって、回覧が不十分になりました。なにかがよく消えてしまう、日々で、困っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『駅ピアノ』から | トップページ | リハビリ通い »