2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 渋谷東急プラザ探検 | トップページ | 誕生日、82歳のその日 »

2020年1月30日 (木)

不安の当日

今日はわたしにとって危うい日だった。三年ぶりの胃カメラ受診の日だったのである。

食欲もあるし、胃が痛むというのでもなかったが、十二指腸潰瘍になったことがあって、そのとき経験したひりッとするような痛みがときどきある。それを抑えるのにこの7,8年、ザンタックという薬を愛用していたのだが、これがなにか悪い成分がある、とかで、発売中止となって、仕方なく、ファモチジンという薬に変えた。

 

でもそのザンタックの悪影響がもしや起きているのではないか、と心配なのだ。

それにこの年齢、最初の麻酔薬で一時間以上も寝てしまうとき、もう意識がそのまま覚めず、といこともあるかもしれない。

 

数日まえから憂鬱で、この先のいろいろな誘いの返事を即答しないで迷っていた。

 

今朝も、食事抜きで出かけるので、時間はたっぷりあったが、五時に目覚めてしまい、その時間、「もしものときのために」というノートをひっぱりだして、目を通し、追加を付け加え、そういうときが起きたときに備えた。

 

田園調布中央病院は胃カメラの技術には定評がある。看護師さんもとても慣れた扱いぶりで、親切、「お歳には見えない若さでおきれい…」などとお世辞を言って励ましてくれる。

喉の麻酔の薬を吹き付けられて、飲み込む力が失せ、ひどくせき込む。鼻から息をして、吐いてください、と言われてそうしようとするのだが、うまくいかなかったりする。でもそうしているうちに腕に麻酔の注射を打たれて、いつのまにか、寝てしまい、起きたときは終わっていた。

 

なんだかモウロウとして、もうどうでもいい、何を言われてもいい、と腹がすわっていた。

若い先生はできたばかりの写真を示し、ところどころ小さいポリープがあるけれど、問題じゃない、潰瘍の痛みというのも気のせいじゃないかな、と言われたので、急にうれしさがこみあげてきた。

救いを得た、と思った。

終わってからすぐ夫に電話、夫が大声でよかったなあ~と言った。

興奮のあまり、ファイルを受け付けに出すのを忘れて、さっぱり呼ばれず、三十分近くも遅れてしまった。

 

プレッセでおかずを買い、きょうは料理をさぼることにする。そして久しぶりに娘のところのネコたちに会いにいくことにした。

 

« 渋谷東急プラザ探検 | トップページ | 誕生日、82歳のその日 »

コメント

胃カメラをの検査をなさったのですね。特に何もなくて良かったです。私も2年に1度の割合で胃カメラを飲んでいます。いつもほとんど寝ている間に検査は終わっています。ファモチジンは、以前は毎日服用していましたが、今は具合が良いので止めております。麻酔を使っての検査は、やはり心配になります。でも、終わって何も悪いところがないとほっと致しますね。お元気で美味しいものを楽しんでください。

aiaiさま
定期的に検査をなさって、ご立派です。
わたしはだいぶさぼっていたので、今回はとても心配でした。
甘いものをついつい食べすぎるので、胃が悲鳴をあげているのではないかと思っていたのです。
結果がよかったので、俄然、元気がでてきて、またチョコレートを食べすぎて、ファモチジンをのんだところです。

検査の結果、何事もなくよかったですね。
私も一年に一度、人間ドックを受けていますが
受診時も結果が届く時も心配で気が重いです。
しばらくコロナウイルスの影響で旅から遠ざかれることと思いますが、
終息すれば元気に飛びまわられること
楽しみにしております。

花さま

お気遣いありがとうございます。おかげさまで無罪放免となり、うれしさのあまり、その日にあれこれ食べすぎて、もしかしたら、検査のとき胃に傷ができて、刺激してしまったかしら、とか、また心配してしまったりしましたが、今はようやく安定状態になったので、また卑しく食べすぎ傾向となっております。、

何事もなくてよかったてすね( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°
何よりもご主人様が嬉しかったことでしょう。私もホットしました。

我が家もまもなく夫が80歳に。まだまだ大丈夫ですが、何も出ない
夫、とにかく私が夫を送ってから......というのが、今の心情です。

ちゃぐままさま
ありがとうございます。どちらが先になるか、神のみぞ知る、なのでしょう。
最近わたしのまわりにはご主人を先に送った友人たちが、次々に、認知症になりかけているという現象が起きていて、その彼女たちが、申し分のない主婦であったひとたちだけに、哀しい気分におそわれます。
主婦業を完璧にこなすということは、人生八十年以上が普通になってくると、やはり、それだけキツイ状況だったのか、と自分の今に照らし合わせながら、感じております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 渋谷東急プラザ探検 | トップページ | 誕生日、82歳のその日 »