2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 京都駅のトイレは〇☓方式 | トップページ | あったかファッション »

2019年12月13日 (金)

肩が痛い

 

京都からの帰りにスーパーに立ち寄り、夕飯用の買い物をして、それを右手に下げながら戻ったら、すでにときどき感じていた肩の痛みがひどくなって、翌日から接骨院通いが一週間近く続いている。

なんでも肩の腱が傷ついてしまっているのだそうで、日常のかなりの動作を禁じられてしまった。ともかく腕が宙に浮く状態を避けるということ、たとえばパソコンのキイをうつときには腕に枕をあてて、固定すべき、など。この枕は麻布十番で見つけた、飛行機で使う枕を分厚くしたような代物、朝、ベッドで新聞を読むときも腕を支えるすぐれもの。

 

ケーキ作りなど、かきまわす動作は避けるべし、というのだけれど、この時期、クリスマス用のフルーツケーキ作りを、まもなく始めなければならない、と話すと、先生、ハンドミキサーを使えば、と、しばらく使っていない、道具の存在を思い出させてくれた。

アメリカ駐在のときの、五十年まえの器具、まだ動くだろうか、と、もうしまった場所のこともうろ覚えで、あちこち探して、床下の貯蔵庫からようやく見つける。

それが立派に動いた。サンビーム製、大したものだ。ケーキの仕上がりもいい。

 

そういえば、近頃キッチンなどの小さな汚れがやたら気になって、百円ショップで買ってきた場所別用の汚れ落としティッシューでふきまくっていたのも肩の負担になっていたのだろう。

 

接骨院の先生は二代目、先代は慶応の野球部の面倒をひきうけていた名人級、二代目の診療は主に電気治療だが、骨の模型を片手に、悪くなっている場所をしっかり説明して納得させてくれる。

 

私の膝がパンク状態になったときも、駆け込んだのはここだった。右腕を下げているだけで負担が加わるから、できればポケットに入れて支えるという意識が必要、など、忠告を聴きつつ、患部はテーピングされ、湿布を当ててもらって帰る毎日、痛みはだいぶおさまってきている。

 

 

 

 

« 京都駅のトイレは〇☓方式 | トップページ | あったかファッション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都駅のトイレは〇☓方式 | トップページ | あったかファッション »