2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 寒さが身にしみる歳末 | トップページ | 元旦の夕餉 »

2019年12月31日 (火)

ベーカリー物語

徒歩三分ぐらいのところにベーカリーができたのは三年前のことである。

難しい場所だ、長続きはしないだろう、と言ったのは、五十年近くも営業している豆腐店の主だった。

 

パンを焼いているのは女性、このあたりの地主の長男のお嫁さんである。最初は行列ができるぐらいで、わたしも並んで買ったのだが、あまり自分好みではないとわかって、しばらく買わないでいた。ところが彼女はいろいろ工夫を重ね、イタリア風のパンまで焼くようになって、朝食用の種類が俄然おいしくなったので、再び買い始め、いまでは全粒粉の食パンを予約してまで買うようになっている。

とうとうオープンして以来三年が経過したのだが、最近になってしばしば、体調によって、営業は週三日、とかいう張り紙が出るようになり、えっつ?体でもこわしたのかと心配したが、実は、おめでたであることがわかった。

もう臨月というとき、顔を合わせるときがあったので、大変ね、頑張って、応援しているわ、と言ったのだが、ガラスケースをのぞくと、スープやらパスタなどのお惣菜も出ているのに驚き、あら、こんなものも?すごいじゃない?というと、いえ、これは彼が…といったので振り向くと、わたしが思っていた男性とはまったくの別人が笑っているではないか。理解に苦しむ、わたしを見てとったのか、彼女は言った。「あたし、いろいろあって再婚したんです、もちろんまだたずねていくこともあって、子供たちにも会いにいくんですけれど…」

へえ~~~~~~~~~~~っつ、三年のあいだにこんなドラマが起きていたとは!

お大事にね、くれぐれも、と店を出た。

 

そして三日前、店は開いていて、おなかが小さくなっている、彼女がいた。「男の子でした」と彼女は言った。母乳ですか?と聞くと、彼女はちょっと困ったような顔をして、「続けられないかも…よく出るんですけどね」と言ったので、わたしは思わず言ってしまった。「もったいない、うちは私も娘も二人の子供に母乳だったのよ。四人ともまったく大病しないでここまできたの」と。

あれから、ベーカーリーは閉まっている。余計なことを言ってしまったか。でも、自然の摂理で湧き出る神様のミルクの力は大きい。

 

どうか彼女が離乳のときまで、母乳をあげられるように、わたしは今、願っている。

 

 

« 寒さが身にしみる歳末 | トップページ | 元旦の夕餉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒さが身にしみる歳末 | トップページ | 元旦の夕餉 »