« パソコン戻る | トップページ | ようやく解決 »

2019年9月12日 (木)

ホームメイカー

 今から49年まえ、アメリカイリノイ州のエヴァンストンという町に住んだときは、まさに女性解放運動華やかなりしころで、主婦すなわちhousewifeという既成概念を一新しようという試みのゆえなのか、homemakerという新たな呼び名が広められていた。
ホームメーカー,何をメイクするか、ときに味覚、ファッション、室内装飾、レクリエーション、教育、料理、小児や老人の即席手当、近所付き合い、もてなしに至るまで、即戦力を発揮し、購買に関しては、いつも冷蔵庫の中身と乾物、缶詰、調味料保存食品など、目配りよく、足りないものはないか補充、管理しなければならず、そして掃除に至っては、料理する手間のぶんだけ汚れるキッチン内のあらゆる部分に目をやり、こすりふきとり、ゴミの種類を手早く処理、管理する能力を有しなければならない、ああ、主婦というのは、いくらホームメイカーとおだてられようとも、シンドイ仕事である。
アメリカでの主婦生活は、語学が役立つということで、張り合いがふえ、仕上げたあとの喜びが倍加するという楽しみがあったが、自国では、あたりまえの労働、しかも体力消耗が激しい高齢となっての毎日はがんばるほどに、若い時ほど効果も出ずただ疲れるだけという結果に終わることも多い。

81歳の現役主婦は、食費はケチっても、マッサージはケチらず、このひとは、という技術の確かなひとを見分ける意識も高めつつ、疲れをためこまないように、努力しなければならない。

先日の台風のあとは、庭木が倒れかけて、枝をかなり切り込まなければならず、本来そういう仕事は夫が受け持っていたのに、その彼が枝切りばさみを握る力も失っている老衰ぶりなので、わたしがしなければならず、ホームメイカーの分野に植木園芸までが大きくかかわることになった。

娘ぐらいの年の差の、アメリカ人の友人に、ホームメイカーという名称は今でも健在なのか、聞いてみたら、彼女は首をふり、今はそのホームそのものが消えつつあるのだ、と答えた。

 

 

 

« パソコン戻る | トップページ | ようやく解決 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パソコン戻る | トップページ | ようやく解決 »