2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« プールでもらった情報 | トップページ | ウインドウズ10へ »

2019年8月22日 (木)

思わず、ぞ、ぞっとして

早朝まだ涼しいうちに庭仕事を、とモッコウバラのシュート切りをする。左のほうに目をやると、アジサイの葉が枯れかかっているので、数枚を切って落とした。そのとき、何やら、低いブーンといううなり声が…これはもしやハチ?と見まわしたとき恐ろしいものを目にしてしまった。アジサイのとなりにキンモクセイが植わっているのだが、その葉っぱの重なりの奥に、不気味な波紋の柄の、楕円形が…これはもしや、もしやスズメバチの巣では?

あわてて、屋内にかけこんで、ネットを開く。今年はスズメバチの巣作りがスゴイらしい。

しかも今が真っ盛りだとか。駆除業者を頼むと、安くて8000円ぐらいもするようだが、大田区はスズメバチなら無料で駆除してくれると知った。

ただし、いまは一日五・六件仕事が混みあうとか、で、来てくれるのは翌日の午後なのだそうだ。

 

それにしても、よく、ブーンだけで済んだものだ。警告をくれたのは、ありがたかった。

放っておいたとして、十月末ごろから寒くなってくると自然消滅するらしい。

でも我が家はお隣さんも接近していることだし、その家にはお子さん二人もいる。やはり駆除という手段をせねばなるまい。

この建てこんでいる地域によく巣などをつくったものだと思った。

 

少々残っていた眠気がすっかり覚めてしまう出来事であった。

« プールでもらった情報 | トップページ | ウインドウズ10へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

刺されないでよかったですね~。その後の処置の手順がさすがです。参考になりました。

我が家では庭で蜂が飛び回るなと思っていたら、2階のベランダに10センチほどの蜂の巣を夫が発見しました。
蟻もブラスチックの車輪の中に巣を作っていました。昆虫の世界も様変わりをしているようです。

ちゃぐままさん
巣を破壊するのは心が痛みますが、このせまい東京では被害が広がりやすいので、せざるをえません。
翌日、区から派遣された業者のひとが来てくれました。彼も大変なのです、ゴム引きの、目のところだけ透明の上着を着て、これが地獄なんだ、といいながら取り去ってくれました。わたしはすかさず、氷でひやしておいたおしぼりを差出しました。
翌日も働きに出ていたハチが戻ってきて、巣のあったところに何度も入っていきます。ちょっと哀れでした。ここ当分ウッドデッキでの洗濯干しは避けようかと思っています。
軽井沢でスズメバチに刺されたという友人の話を聴きました。ご主人と二人、お庭で刺されたということですが、これといった特効薬はないそうで、痛痒いハレが退くのをひたすら我慢だったそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プールでもらった情報 | トップページ | ウインドウズ10へ »