2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« おしゃれ、にまつわる話 | トップページ | 軽井沢に行くまで »

2019年7月22日 (月)

久しぶりの縫い仕事

孫娘が電話してきて、「ばぁばって、まだお裁縫する?」と訊いたので、私はもう二年以上使っていないミシンのことを思ったが、「するけど…」と答えたら、学校などに演奏しにいくときに履く上履き用の運動靴をいれる袋を作ってもらえないかと頼まれた。

さて、困った。ただの袋だけというわけにはいくまい。このところ超多忙なので、生地を買いにいくひまもないから、ありあわせでなんとかならないだろうか?と頭をひねり、すでに作ってあった、自分用の刺し子をほどこしたバッグを活用してみることにした。

 

ネットで上履き入れを検索、寸法をゲット。バッグの必要な部分を、裏ポケットも活用するように裁って、さて、ミシンで縫いあわさなければならないが、ミシンの使い方、忘れていないだろうか、などと不安になってくる。

 

不安は的中、ミシンの糸通しまではできたが、針がどうしても穴に入らない。なぜか位置がおかしくなっている。幸いミシンの修理店の電話番号は控えてあったので、連絡。その状態では一週間ぐらい預からなければならない、という返事。

 

困った。急がなくてもいい、と孫娘は言っていたが、私の予定がするなら今しかない、という状況なのだ。この大きさなら、えぇぇいっ、手縫いで縫っちゃえ、と決心して、およそ二時間で仕上げたのが、この写真。S005_20190722222201(写真の上でクリックを)

 

返し縫いを多くして細かい目で縫えば、けっこうしっかり形になる。ミシンは修理に出した。縫える状態に戻っても、果たして使うかどうか…でもこのミシン、娘が使わないというので、もらってしまったものなのだ。やはりいつも使える状態にしておかなければ、出費およそ15000円、いまどきはそんな値段なのだろう。

 

やった、という達成感はあるけれど、疲れた一日であった。

« おしゃれ、にまつわる話 | トップページ | 軽井沢に行くまで »

手芸」カテゴリの記事

コメント

ひと針ひと針の手仕事、ミシンより価値がありますね。今あるもので、と目まぐるしく動く頭脳は元気そのものですね。
それにしてもミシンの修理代が高いですね。私も50年近く使っているので心配です。

ちゃぐままさま
ありがとうございます。うれしいコメント、励まされます。
修理代、ほんとベラボウですよね。
以前は道具持参で、直してくれたものですが、持ってかれてしまって、この値段と言われるのは、納得がいきません。まもなく届けるというTELがあったのですが、20000円に跳ね上がってしまったので、クレームをつけて、17000円にしてもらいましたが、なんでも修理というのは、高くつく世の中になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おしゃれ、にまつわる話 | トップページ | 軽井沢に行くまで »