2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« わたしの平成最後の日 | トップページ | 連休あとの身体の負担 »

2019年5月 2日 (木)

タケノコ事情

タケノコがそろそろ終わろうとしている。

四月の初めに、生タケノコが出まわるのを待てず、『美濃吉』の四百円ぐらいするタケノコごはんを買って食べたのだが、タケノコは白っぽく、香りも風味もまったくない代物で、がっかりした。

自分のタケノコご飯が食べたい、一番近いスーパー『OTENTO』は農園と提携しているので、野菜、果物類が安い。でまわったタケノコは小ぶりで、値段も三、四百円ぐらいだったが、よほど売れ行きが悪いのか、すぐ三つ四つ束にされ、それも束で四百円ぐらいと安いので、早速購入して、そのときは糠がついていないので、わざわざ「いりぬか」を購入して、自分でゆでた。食べたい一心だから、手間が少しも面倒でない。

 

炊きあがったタケノコご飯のおいしいこと!!わたしは揚げやほかの野菜など加えず、ひたすらタケノコをおいしく煮て、その煮汁をお米にまぜ、出しこぶを入れて炊き、電気がまが蒸らしにかかったとき、煮てあるタケノコの具を加えるというやり方である。

 

庭の山椒の葉をとってきて、包丁でポンとたたきご飯の上にのせ香りを楽しみつつ、ひたすら食べる。

残ったゆでタケノコはチンジャオロースーに使ってもいいし、ワカメと一緒に炊いてもいいし、焼きそばの具や味噌汁の具や、用途は豊富だ。

 

先日東急デパートに行ったら驚いた。生タケノコは見当たらず、ゆでたものが山盛りで売っていて、それが千円以上もするのだ。生はないの?と訊いたら、一本だけ見つかったが、それはゆでたのよりもっと高かった。

 

こんなとこで買うより『OTENTO』でいい、と思い、もしかしたら、もうないかも、と思ったのだが、あった。また束になって売っていて、しかも高くて四百円ぐらい…もう最後かも知れませんよ、という言葉にさみしくなったが、それをまた大事にゆでて、最後のタケノコご飯を炊く準備をしている。

 

いまのひとはもう自分でタケノコを茹で、料理をするなんてことはしないのではないだろうか。こんなにおいしいものを、料理して食べないなんて、ああ、タケノコさんが可哀そう、食べないひとも可哀そう…

« わたしの平成最後の日 | トップページ | 連休あとの身体の負担 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わたしの平成最後の日 | トップページ | 連休あとの身体の負担 »