2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月に作成された記事

2019年2月27日 (水)

柳家喬太郎プロデュース、とみん特選寄席、堪能

昨年末からチケット購入して、楽しみにしていた柳家喬太郎師匠の落語、しかも彼がプロデュース「とみん特選落語」を聴きに、紀伊国屋ホールに行く。Photo

伊勢丹前の大通りも変わった。三越もなくなり、新しいビルばかり、古色蒼然の紀伊国屋ビルはそのまま、四階のホールは客席まで階段、これはちょっと避けたい観劇状況だが、客席内部はそういう階段苦手の高齢者で満員、でも若者観客数もかなり。大したものである。
前座を含め若手の落語四人は、いずれも達者に口は動くが、字の読めない店員が届け先を人に訊いてそれをくり返していく、いまどき考えられない想定の内容や、釣り禁止の場所で大量に釣り上げた魚の言い訳をする二人、など、クスッとも笑えぬ内容多々、懸命に面白くしようと表情まじえて努力すればするほど、しらけてしまう。

間に入った、ギター漫談、期待していなかったのに、この、八十は過ぎているという高齢芸人、ペペ桜井というひとの舞台が前半、一番面白くて笑ってしまった。ギターの腕が達者、長調と短調の差を演奏してみせて、シャープを会社名ともじってシャレでユーモアにして笑わせてくれたり、客席が初めて湧いた。芸にこのひとの人生が詰まっているのを感じさせたからだと思う。

意外だったのは、一龍齋貞橘の講談、よどみない語り、張り扇叩きの迫力、カタいばかりでなく、ユーモアもあったりして、引き込まれて聴いた。

さて、喬太郎師匠、登場するなり歓声がとび、掛け声しきり。それにしっかりこたえるマクラの笑、すでに観客を自分のものにしている。『品川心中』お女郎さんの悲劇なのに、おかしい、所作、せりふまわし、どれをとってみても、完璧、ごく自然で、昔を今におきかえて笑いにさせる天才的な芸、声の調子も、ゆったりした緩急自在の表現力。日本の話芸のなんと素晴らしいことか。
なかなか羽織を脱がない、いつか、と見守るうち、お女郎が白装束に着がえるまえに、それをする。そこまで、観客を集中させる実力、心中という悲劇をいかに落語にするか、いや、もう、お見事でした。

平成の名人誕生、もっと聴きたい、追っかけになろうと思って、ネットから5月14日、春風亭一乃輔と桃月庵白酒の三人会を予約。

師匠、もっともチケットが取りにくいひとなのだとか、これはもう大変。

2019年2月22日 (金)

こんなに大きくなりました

Img_0136


一緒に生まれた兄と妹ネコ、兄のほうが敏捷でひとまわり大きくなった。妹ネコはいつも控えめ、二匹ともすこぶる元気、家ネコの二匹、外に出られないのはちょっとかわいそうだけど、野良になるのを娘が助けたのだと思うことにしている。
Img_0227


わたしが持っていったダンボールの小箱にあたたかいあまり布を敷いてやったら、それが気に入ったらしく、そこで寝るようになったとのこと。
Img_0144


2019年2月17日 (日)

ウイメンズ・コンファレンス2019

Wocon_2019

一年に一度のわたしの楽しみ、Women’s Conferenceウイメンズ・コンファレンスに、2月15日から二泊三日、参加した。今回の会場は那須塩原のアジア学院、宿泊場所は乃木温泉ホテルで、温泉三昧の楽しみも倍加する。
テーマはbeatitude(キリストの山上の垂訓・幸福とは?)で、講師として、ベネディクト派のシスターであり、国際的な看護活動者として高名なヴェロニカ・ダニエルズ女史が招かれている。
会場は木造の素朴な建物で、ネコが飛び回っていたり、白いヤギの姿が見えたりするのどかなところ。大食堂には暖炉が赤々と燃えていた。S004

夕食と昼食がどのような料理なのか、興味津々だったが、供されたものは素朴すぎるほどの野菜のいためものと、肉のぶつ切りのソテーで、いつも家で食べている味噌汁とはちょっと違う、出汁のうまみが目立たぬ、茎つきの葉が入った茶色のスープといった感じのものだったが、二度目からは、似たようなレシピではあったが、とても自然でお腹にやさしく、口当たりがよいという感想に替わり、最後のココナッツミルクを加えたカレー味のトリ肉と具だくさんの野菜スープ、炒め野菜のメニューは、皆が一様においしいと言い、人工のうまみ調味料に毒されているような普段の生活の反省しきりとなった。S012


ロニ・ダニエルズ女史の語りは、彼女が選ばれて看取ったとされるマザー・テレサの逸話も加わり、心にしみいる内容があふれるものであった。英語の語尾が聴き取りづらくて、感想をかたりあうところで、内容の確認が必要になり、隣席の南アフリカから来ているメンバーに助けてもらった。現在わたしがかかえている教会に関する悩みも含めて、とても辛抱強く聞き役を果たしてくれて、理解を示してくれたのがうれしかった。
今回の出席者は五十数名、アフリカ諸国、インド、オーストラリア、カナダ、英国、イタリア、アメリカ出身の日本居住者である。なんと今年は日本人が二割程度の少数で、英語の聞き取り力がかなり落ちているのを感じつつ疲労がたまった。S008
S009

この会の素晴らしいところはキリスト者として経験が浅かろうと深かろうと、まったくの差別も、偏見もなく、皆が心を開いて語り合えることで、この親しみがあふれて雰囲気も一段となごやかで深みのある感動が広がるのだと思う。しかもプロテスタントばかりでなく、今回はカトリックや聖公会からも参加者があり、和気あいあいの風景でうれしく思った。

乃木温泉ホテルの湯は熱すぎずぬるすぎず、実に適温で、あたたまり、しかも整形上の痛みに効果抜群で、脱衣所にはマッサージチェアが二台もあるので、肩凝りのひどいわたしには、大助かりだった。


S005


パペットの余興

S016


日曜日の礼拝、聖餐用に焼かれたパンが持参されて、それをちぎってグレープジュースに浸して食する儀式

2019年2月 9日 (土)

『椿姫』をぜひ、(2019メトロポリタンライブビューイング)

必見の『椿姫』である。これまで数回、このオペラを観たが、今回が最高、本場ヴェネチアまで出かけて、フェニーチェで観たイタリアの上演作より出演者も舞台美術も、演出も音楽もはるかにすぐれている。Photo


ヴィオレッタが美しく、ダムラウの演技が素晴らしい。第一幕はほとんど切れ間がないほど歌唱力を要するアリアが続くが、観る者を疲れさせない余裕の表現力である。
幕間にリハーサル風景が紹介されるが、指揮者ネガ=セガンが導き出す、歌唱力の見事さに圧倒された。すなわちピアニッシモに哀しみと秘めた病気のつらさを表せという解釈が生きているのである。

フローレスのアルフレードも至難のベルカントをこなしてきた彼にはいともたやすい、楽しめる役柄なのであろう。わたしにはロッシーニ歌劇より、ヴェルディを歌う彼のほうが好ましく感じた。アリアの質においてはこのオペラ、ヴィオレッタの数曲が突出しているが、今回フローレスはアルフレードのそれを、忘れがたい旋律に高めるほどの功績を遺したと思う。Tubakihime_2


そして、耳新しい名前なので、それほど期待していなかったクイン・ケルシーのジェルモン、二幕目登場最初の発声を聴いた途端、しびれた。のびやかで迫力あるバリトン、これぞ、「プロヴァンスの海と陸」のアリアを歌うにふさわしい声。このオペラで一番聴きたいのは、わたしにはヴィオレッタの数曲より、ジェルモンのこの一曲なのである。
そして彼はそれを切々と、心ふるわせる声音で歌いきった。
カーテンコールのときも彼があらわれたときはごお~っという歓声が一段と強まったのは、このアリアへの期待がそれほどに強い観客が大勢いるのをあらわしているのではと思われた。

ハワイ出身とのことだが、メトオペラは逸材を発掘するのが巧みだと思わないではいられなかった。

めずらしく、この初日のライブ、二子のシネコン、ほぼ満席で、三十分まえに行ったのに前から四番目の真ん中、これは疲れるぞ、と覚悟があったのだが、かえって画面にも音楽にもずっしり浸れ切れて、満足感が高まった。

一つだけ、難を言えば、二幕目の舞台が室内だけで、パリ郊外のヴィオレッタの屋敷という雰囲気が薄かったこと、数十年前シカゴのリリックオペラで観た庭園の緑が見える、恋人二人の憩いの場所の感が深まる舞台美術がなつかしく思われてならなかった。(二子シネコン18日まで、東劇21日まで)

すみません、東劇21日まででした!

2019年2月 4日 (月)

バースデイは外食モーニングで

朝一番の誕生祝は、niftyとKLMからのメール、夫はカードをくれたけれど、娘や孫たちはメールもなし。忙しいのだろう、それより、行きたかったところに行ける絶好の天候、朝から実行することにする。
それは、おいしい朝食を食べに行くこと。すでに銀座や、有名ホテル、高島屋の新館などをチェックしてあったが、電車で行く気がしない。近場の自由が丘にこれは、というところを見つけてあった。
南口から徒歩一分、『Latte Graphic』同窓会で一度行った場所、けっこう椅子は埋まっていて、パソコン持参の一人客も数人いたので、心強かった。S002


注文したのは、ハーフグリル野菜のベーコンエッグサラダ、フレッシュオレンジジュース、季節のパンケーキと紅茶。S001

S003


どれもおいしかったが、パンケーキが想像したものと違った。アメリカンみたいではなく、フワフワのケーキのような代物、トッピングがチーズ入りクリーム、支払のときそれを言ったら、いまはこれが主流ですからね、と強気の返事。S004

日本人はこういうフワフワ、クリーム系がよほど好きなのだろうか。そういえば奥沢にオープンしたプリンの店にも長い行列ができていた。

食べ終わって十時半、プールに行って三十分泳ぐ。一月の疲れが取れておらず、バックで手を思いきり伸ばそうとすると痛みが走った。無理をせず、続けていたらだんだんに痛みがうすれてきた。

やはり水泳はわたしの活力の源、もっと通わなければ、と思いつつ、この寒さでは足がにぶる。

プールは娘の家のそばなので、ネコちゃんたちの様子を見に立ち寄る。兄ネコのジミはすっかり私に慣れて、喉をゴロゴロ鳴らし甘えるようになっている。

八十一のバースデイは日常の凝縮で、まずは平穏、満足した。

2019年2月 2日 (土)

カユい、カユい

「お~い、背中掻いてくれ」という夫の背中をボリボリ掻いてやり、「お願い、背中に貼って」というわたしの頼みに湿布薬を貼ってくれる、いまやこういう交換が高齢夫婦の究極の親密愛なのかな、と思うときがある。

夫のドライスキンを笑っていたのだが、このところの猛烈乾燥で、わたしもすさまじくカユくなってきた。おもに腹部両脇と背中から、腰まわり。

夫の保湿クリームをわけてもらったのがなくなったので、近くの病院の皮膚科に行く。
午後からの診療の皮膚科、もらった番号札が15番、18番という番号札を握っていた隣の男性が話しかけてきた。「皮膚科ですか?」
83歳というその男性、もう五年もカユいのだそうだ。「ステロイドのはあまり頻繁につけないほうがいいです」と言った。
順番に呼ばれるひとたち、ほとんど高齢男性、「あのひとたちも、カユいのかしら」と笑ってしまう。

皮膚科はあまり長々悩みを訴えるひとがないせいか、意外とはやく順番がきた。
カユいところをみせると、なじみの女性医師はああ、乾燥のせいです、保湿剤だしときますから、入浴後すぐ塗ってください、とのこと。
朝晩二度入浴することを告げると、二度も?と怪訝そうなので、ついでにお風呂で膝の体操するんです、そのほうが楽なので、と言ったら、先生も看護師さんもすごく興味をしめして、どういうやり方なのか、と訊くので、デイケアで指導の達人に教わって以来、私の膝の痛みが消えた話をして、教えてあげた。

それにしてもいまや、ドライアイ、ドライスキン、足腰の痛みを少なからず、共有しているのだな、とつくづく感じた午後のひとときだった。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »