2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 京都一泊旅行 1 | トップページ | 京都一泊旅行 3 »

2018年11月 8日 (木)

京都一泊旅行 2

庭園には先客がいた。きびきびした足取りで、自然を愛でながら目配りよく歩くそのひとは近くに住む京都人の女性、私よりは十歳ぐらい若そう、会話をするようになった。
そしてもう一つ近くにとてもよい神社があります、という言葉に、徒歩十分ぐらい先の松尾大社まで案内していただくことになった。
ふいに視界が広がって 目のまえは桂川、橋を渡ると、一面まぶしいような緑、それより少し濃い秋色の山を背にした立派な赤い鳥居の松尾大社をみたときの感激は忘れないだろうと思った。Photo

自然を愛し、京都を愛し、それを写真にとり、詩をつくりながらブログをつづっているそのひとと、神社のふもとのお茶屋で抹茶つきくずきりを食べた。
窓の外の庭は沢山の岩が突き出たユニークなデザインで、目を楽しませた。Photo_2

ブログを書く苦労、それでも書かずにはいられない気持ちをわかちあう。

京都にきてブログライターに遭遇し、お互いのことを語り合えるなんて、想像さえしなかった。
閉店が四時半というので、あまりゆっくりできなかったが、売店が閉じる寸前、沢庵の青シソ漬けやしば漬けなども買うことができた。
そしてすぐそばのバス停からまた28番のバスに乗る。

今回の旅、この思いがけない出会いはトップメモリーになったという気がしている。(続く)

« 京都一泊旅行 1 | トップページ | 京都一泊旅行 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

京都ではありがとうございました。
思わぬ楽しい出会いになり、こちらこそ、喜んでおります。
猫の姿が見えなかったのが残念でしたね。
後でブログを拝読し、猫を見るためにこられたのだな~思っておりました。

松尾大社で見られた不思議なお庭…あれは重森三玲という作庭家が、晩年、最後につくられた庭と言われております。

重森三玲庭園美術館(自宅が美術館になっています)
  ↓
http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/association-jp.html
(重森三玲については検索されればたくさんでてきます。)

またどこかで、この人のお庭を観られることもあるかもしれませんね。
特徴のある庭なので、たぶん、すぐにおわかりになるだろうと思います。

京都にはこのような新しい方以外にも、先祖代々からの庭師さんや
桜の守と呼ばれる方がいらして、興味深いところなので、
また、季節のよいときにお運びください。


花さま
ネコちゃんには三匹会えたので満足しました。
松尾大社にはまた再訪したいです。よい場所にお連れいただきました。感謝しております。お庭の情報ありがとうございました。時間があれば、もっとじっくり眺められたのに、と残念に思いました。
暮らすように旅をするのが私の理想です。イタリアではそれが叶えられたのに肝心の京都ではいつも物足りない思いをしていました。
ブログの取り持つご縁で、京都人のお暮らしの真髄を知ることができそうでワクワクしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都一泊旅行 1 | トップページ | 京都一泊旅行 3 »