2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 怒る自然 | トップページ | 紫の贈りもの »

2018年9月14日 (金)

ジューサー騒動

朝の生ジュースをかれこれ四十年ぐらい続けて飲んでいる。
リンゴ、キャベツ、ニンジン、仕上げにレモンを絞りいれる。
「お若い!」とか「お肌きれい!」とかお世辞まじりとしてもそういうコメントを沢山もらうのは、このジュース効果大、なのかもしれない。

このところ、十年以上使っているパナソニックのジューサーミキサーのフィルター部分が、損傷してきて、もう買い替えるときがきたように思った。

スムージーブームのせいか、なんでも液状にしてしまう、ミルサーなるものの、宣伝映像をテレビショッピングで観て、音は静かだし、コンパクトな形状、上から押すだけでできてしまうという部分に、魅せられ、ジュースは水を少々加えるというところが気にはなったが、愚かにも思い切って購入。

ところが実際使ってみたら、材料を入れてふたをし、逆さにしてセットするという、最後にふたをする部分をよほど強力にしないと中身がもれてしまうという問題点大を発見。手の力弱く、痛みを伴ったりしたら、毎日使うどころではなくなるではないか。

テレビの映像は材料を入れるところは映らず、ともかく上から軽く押して、たちまち液状の仕上がりを見せるばかりだったので、思い及ばなかったというわけである。

一度購入したら、返品できない、と小さく隅のほうに出ていたというのだが、「使ってみなければわからないじゃないの!!」と声を荒げて主張、「高齢者には肝心な部分を目にとまらないような示し方をするというのは、言語道断!!」製造元にも直接交渉することに成功。
ひきとってもらった。

ヤマダ電機店を再訪、最近のジューサーミキサーをあらためて点検、カスをとりのぞいたり、洗ったりするのはたやすくはなっているのだが、液体部分が出るところがいかにもせまく、デザインも洗練されていない。説明にあたった店員が情報をしっかり把握しているひとで、なんと、現在使っているジューサーの部品はまだとりよせできると、いうのである。機械の耐用年数が短くなる一方なのに、まだ部品があるということはこの製品、よほど、需要が多かったということを意味している。

機械が動くうちは、まだ使い続けようと、便利さ、容易さは二の次にして、もう少し現状維持で行くことに決めた。

« 怒る自然 | トップページ | 紫の贈りもの »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

購入した商品が自分の希望していなかった時など製造元に連絡します。困った点など説明をすると製造元が一番心よく対応してくれます。せっかく散財したのにこれはひどいと思い悩まず「言うべきことは言ったほうがいい」と痛感することが多々あります。

返品不可なら私なら諦めてしまうところですが、さすが理路整然と説明され、説得力があったのですね。私なら軽くあしらわれかねないと思います。
ヤマダ電機の話。いい話です。我が家もやっぱり同じ電器店で良心的な対応にあい、世の中見捨てたものでないと嬉しく思ったことがあります。
良心、これがあれば世の中丸く治まりますがね・・・。

Tacchanさま
そうですね、メーカーに先にかけたほうがよかったのかもしれません。
コンパクトなデザインで、音も小さく、液状化、ミル機能なんでもOKなんてそんな万能家電があるわけないのに、結果だけさんざん見せられて、落とし穴にはまってしまいました。
その結果を生むための作業も万能化しているのか、見極めるのが先でしたのにね。

ちゃぐままさま
理路整然だったかどうjかは自信がいまひとつですが、押しの強さがものを言う場合が多々あることを、海外旅行での体験で学びました。

思い当たるものが浮かびました。カタログハウスで買った水蒸気が出て、何でも綺麗になるというもの、うまく動きません。あきらめて放り出してありました。新橋にカタログハウスがあったころ、持ち込みましたが、まあ、ふん、チャンの態度をとられて、もう絶対、だまされないと思い、それ以来何も買っていません。早速、取説を見直して、挑戦してみます。勇気が出ました。やってみないとわかりませんね。まあ、よくぞ、次々とやらねばならぬことがよく出てくるものです。忙しい老後?・・・これもまあいいかと・・・と思っています。

最近の販促チラシは少し行き過ぎていると思います。誇大広告の傾向が強いです。
僕は、ワイフに「先ずメーカーのお客様相談室に電話しろ」と言います。
最近スパーを見ていると、ブランドの強い物を表示する傾向が強いですね。
例えば、「パン」「神戸屋」と「成城石井」ブランド  「成城石井」がそんなに大きな工場を持っている訳はない出よう。皆、「OEM」方式をとっているのでしょう。昔、シンガポールのホテルで天海と言う店に入りました、「築地直入のマグロ」が入りましたと言われなした。僕は「いい漁労長は居ないか?」と言う事を聞かれていました。まぐロはこの変に沢山いると...全くりゅつう経路は複雑です。消費者が利口にならないと。。。
さて、余談が長くなりましたが、僕のFACEBOOKの写真ご主人に見せておいてください。我が家の娘も載せました。一人で好きにやって居るので、文句が言えません...

ミヨちゃんさま
新しいものを購入してトライするのに、勇気がいる年齢になりました。
とても億劫なのです。

そこにつけこもうとする、いかにも簡単そうな誇大宣伝にだまされないようにしなければ、とつくづく思います。

Massyさま
さすがのご経験からのコメントありがとうございました。
夫も私もSNS関連はしておりません、フェイスブックもツイッターも、 
残念ですが…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怒る自然 | トップページ | 紫の贈りもの »