2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月に作成された記事

2018年8月31日 (金)

去る者は日々に疎く

夫の母親は九人兄弟、両親は海外駐在で、子供たちが親戚のうちに預けられたりしたことが多かったせいか、とても仲がよく、戦争で二人は亡くなったが、あとの七人はいつも定期的に集まって、親交を保っていた。
七人が二、三人ずつ子どもを産んでいるから、いとこたちも多く、親が高齢化してからは「いとこ会」なるものができて、多い時は二十人ぐらいが集まっていた。
それが現在まで一年に一度、何十年も続いていたのだけれど、だんだん出席者は減って、現在では数人程度、七人兄弟の長兄の長男が常任幹事で、集まる場所は学生時代を思い出したいのか、いつも駒場か本郷のレストランと決まっている。
七人の兄弟のいとこ会なるものもあったらしく、現在は当時最年少の従姉妹であった、九十を過ぎる彼女が常連となって、昔話に花が咲く。
わたしの知らない、彼らの昔は関心も湧かないので、欠席したいのだが、夫はなつかしいらしいので、夫の付き添い役で義務のようについていくことが多い。

最近になって、幹事役の彼が何を思ったのか、親戚アルバムなるものを作りたいから、我が家の一族の写真と、経歴をメールで知らせてほしいと言ってきて、それを編集して送るのは、夫がパソコンをしないので、私の仕事となった。

義姉は亡くなり長男は早世し、次男がいるのだが、現在はアメリカに住んでいて、四人の子供がすべてアメリカ育ち、義姉の最期のときもとてもあわただしく往来し、教会で告別ミサもせず、引き揚げ、その後音信不通になってしまっている。

連絡先の住所を幹事の彼に知らせたのだが、やはり、返事なしだったという。義兄と義姉の死亡日と享年を知らせてほしいという再度の依頼に、困惑した。義兄は義母より早くなくなったので、だらしないわたしと違って、そういうことにきちんとしている義母が過去帳に記していたのでおかげで、判明したのだが、義姉の亡くなった日がわからない。さて…

ふいに思い出して、このブログをたどった。2011年の九月七日に危篤のときの記事『漂うひと』を書いていて、それで判明したのである。家族の大きな出来事はやはり記しておくものだ、ブログは人生の記録として、必要な役を果たしている、と、そのとき、続けていてよかったと思った。

2018年8月27日 (月)

忙しく学んだ日

今朝、わたしのパソコンは入院寸前だった。
朝一度開いてからスリープの状態にしておいたのに、気が付いたら、点灯しなくなっていて、電源が入らなくなってしまった。これはおかしい、念のために出ているコードを全て外してみて、もう一度はめ直すということを試みてみたのだが、やはりダメ。もっともひざをつくのが苦手な身体で不自然な姿勢になるし、その上いま右手の靭帯に痛みがあって、治療中なので、その処置が完璧にできたかどうか、いまひとつ自信が持てない。
ともかく、九時になるのを待って、エプソンの修理に電話する。やはりコードをはめ直すということして一分待つということを指示され、それが反応しなかったため、修理ということになってしまい、翌日業者をよこすから箱に、本体とキーボード、ACアダプターをこちらが詰めて送るようにという手配を済ませた。一万数千円以上かかり、さらに部品によってはもっと、ということも考えられる。これまでの保存してあるディスクがすべて消えるリスクもあるという。一週間以上を要する、ああ、これは面倒なことになったと思った。

この日はわたしの部屋のテレビのテューナーの交換でイッツコムの工事担当者が来ることになっていた。テューナーはなにか不具合があった場合にだけ変えてくれるのであるが、これも、わたしが持っているヴィデオで一番好きな『ゴズフォード・パーク』がどうしても読み取りできなくなっていて、ためしに二階の息子のテューナーに入れたら、読み取れたので、これはおかしいということになって、変換依頼となったのである。
業者のひとにパソコンの故障が発生して大変だった、と話したら、あとで見ましょうか、と言ってもらえた。あまり期待もせず、プロにコードをはめ直すということをしてもらったうえで修理に出すのなら、納得がいくから、程度に思っていたのだが、なんと、なんと、パソコンは起動したのである。わたしはどうもACアダプターをはめなおすことを怠ったらしいのだ。神か仏か、と言いたいくらいうれしかった。

テューナーも変えたら、オンデマンドで映画やTVドラマも見られるとわかり、大画面でYou Tubeも見られる、読み取りは迅速、よく見るケーブルテレビをあらかじめ登録もできるなど、技も教えてもらって、つくづく、機械の扱いを慎重にする、慣れる、より便利で高度な機能への意識をあきらめてはならない、という学びの日であったと、実感したのであった。

2018年8月23日 (木)

我が家のピクルス

夏になると出番の多いピクルス、でもこれは一年中、サラダをつくるのが億劫なときなど、重宝するので、年に数回はつくる。
娘が買った料理本の、スパゲティの付け合せレシピとして出ていた、ミックスマリネサラダ、野菜はカリフラワー、人参、キューリ、パプリカ,小玉ねぎ、セロリなど、好みで何でも…とりわけ、カリフラワーが抜群においしい。

マリネ液
水2.5カップ、サラダオイル0.5カップ、酢1カップ、粒コショー小さじ1(白または赤)、
ローリエ一枚、ニンニク薄切り一片分、塩大さじ2、砂糖大さじ4

野菜は乱切り、カリフラワーは適当な大きさに切り分け、マリネ液煮立て、ボールに入れた野菜にかけて一晩おく。

写真のビンの場合、マリネ液は半分から三分の2の分量でちょうどよい。002


これを、教会で寝起きしている独身の副牧師さんに差し入れしたら、大層喜ばれて、食べ終わったあとも、このマリネ液をとっておいて、サラダドレッシングのかわりにする、というのを聞いたことがある。


2018年8月19日 (日)

夫の誕生日

8月17日は夫の誕生日だった。数年前までは、孫息子の15日の誕生日と合同の祝いにして家族の食事会などをしていたのだが、孫たちが独立してから、超多忙となって、それが無理になった。
今回は夫が楽しみにしている大学時代のマージャン会と重なったので、いずれまた、機会をつくって集まろうということになった。
娘はお盆休みに一週間のオランダ一人旅にでかけ、戻ったと思ったら、自宅に落ち着かず、孫娘がいる山形に出かけてしまったので留守。その日の夜戻るので、プレゼントを持って訪ねたいという電話はもらってあった。
わたしたちはもう、お互いプレゼント交換などはせず、誕生日は日常の思いをつづったカードを交換することになっているので、わたしは、ハッピーバースデーのオルゴール入りのカードを用意して、食卓においておいた。

夫、86歳、杖はつき、背中も丸みをおびてきたけれど、まだ目つきはしっかりしていて、認知症の兆候はない。その日はツワモノ三人、とたたかい、大勝して上機嫌でタクシーで戻った。このところ負け続きのベイスターズの試合の録画をとっておいたのだが、広島との戦い、八回まで負けていたのに、筒香の満塁ホーマーが出て逆転、そのあとも二人がホームランで追加点を増し、勝利するといういい試合で、夫は録画を大層喜んで観入った。

観終ったころに、娘が訪れ、孫娘との寄せ書きのカードと、Tシャツのプレゼント、それにオランダみやげの、コーヒー、わたしにはエコバッグを持ってきてくれた。
夫のプレゼントは何がいいかと相談されていたのだけれど、ポロシャツばかり着ている彼にTシャツを着せたいと思っていたので、それを頼んだ。好みのうるさい夫なのだが、なぜか娘の選択は気に入ることがわかっていたからだ。
墨クロのそのシャツはとても夫に似合った。ダンディと言われたことがある昔がよみがえったようにも思われた。

その日が終ろうとする深夜、孫息子から祝いの電話があった。そして思いがけないニュースを伝えた。年末に結婚式をあげるので、九月に彼女と挨拶に来たいというのである。
去年の春、独立したとき、彼女といっしょに住むということを発表していたのだが、結婚までこぎつけて、よかった。
小学校のクラスのランキングで、「早く結婚するひと」の上位に名前があがっていたのは、本当になったようだ。
反抗ばかりして問題児だったあのころがよみがえって、なんとも深い感慨につつまれた夜となった。

2018年8月12日 (日)

クライブ・オーウェンを見続ける

ノロノロ台風に振り回された三日間だったが、閉じこもるまえ、備えのために電車で十分の蒲田に向かった。
三日分の献立はすでにたてていたので、その買い物をすまし、ツタヤに立ち寄る。
お目当てはクライブ・オーウェンの代表作三本、と『ホームランド』の新シーズン。

ケーブルテレビを何気なく検索していて、映画『エリザベス:ゴールデンエージ』に目が釘付けになった。ウォルター・ローリー役のクライブ・オーウェンに魅せられたのである。Photo


眉間に三本のしわを刻み、あまり笑顔がないニヒルで憂愁をたたえた風貌、けれども表情豊かな大きな瞳にみつめられると、エリザベス一世ならずとも、引き込まれる魅力があふれる。彼の声が好きだ。哀愁のこもった澄んだバリトン…

彼が英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞を獲得してその地位を確かなものにしたという『クローサー』をまずは、アマゾンから購入したのだが、これはマイク・ニコルズ監督で、ジュード・ロウやジュリア・ロバーツが共演する、豪華配役のドラマにしては、会話でポルノに仕上げたような下品な中身で、がっかりした。

次こそはと、その日、ツタヤでレンタルしたのは『トゥモーロー・ワールド』『キラー・エリート』『ラスト・ナイツ』

『トゥモーロー・ワールド』はP・Dジェイムズの原作なので、期待したのに、何と近未来(と言ってもそれは2023年)のストーリーで、子供がほとんど生まれない時代となった英国が舞台、どこもかしこも薄汚れていて、難民や低所得層の紛争があり、安心して道が歩けないような街を、唯一出産をまじかに控えるアフリカ系の女性と出会い、彼女を守りながら逃げまどう役人のオーウェン、彼が出ていなかったら、観終ることはなかっただろう。

『キラー・エリート』は初めから最後まで撃ち合いと殴り合いのシーン満載の映画、ジェイソン・ステイサムと死闘を繰り広げるオーウェン、ロバート・デニーロまで出ている。これまたオーウェンが出ていなかったら、見たくない映画だった。

『ラスト・ナイツ』は紀里谷和明監督が五年の歳月をかけて、制作したという忠臣蔵を中世の舞台に置き換え、騎士を活躍させる作品、批評は芳しくなかったようだったが、大石内蔵助役のオーウェン、適役で、最後まで厭かせず見せた。オーウェンは時代劇が向いているのかな、という気もする。

でもこれであきらめない、まだ現代もの、『私が愛したヘミングウエイ』と『ザ・バンク』も見てみなければ、と思っている。

2018年8月 9日 (木)

コリウス、コリウス…

001_2

カラフルな葉っぱの植物、コリウスが好きで、今の季節には必ず買う。今回もグリーンと赤を二鉢買っただけなのに、のびた先を摘んでコップの水につけておいたら、すぐに根が出て、それを鉢に植えていったら、こんなにふえて、ウッドデッキがにぎやかになった。

台風はいつくるのか、そのまえに恵みの水がいっぱい天から落ちできたおかげで、これほどの、鮮やかな色彩の広がりを見せてくれた。

2018年8月 6日 (月)

『京都人の密かな愉しみ』に魅せられて

観光旅行では見えにくい、京都人の生活文化や習慣を、見事な映像と、ドラマをちりばめて製作されたNHKBSのドキュメンタリー『京都人の密かな愉しみ』が近頃、また不定期に再放送されはじめたので、録画予約して、楽しんで観ている。
見る度にため息の出る美しい映像ばかりで、ああ、京都に行きたいと思ってしまうのだが、実際に出かけてみれば、外国人も混じった観光客で一杯、ここに現れる人情味豊かな京都人には巡り会えず、したたかな商売術にのせられ、高額な費用ばかりを払われされそうになる現実がある。

このシリーズの雛祭りのころ、「祝う春」の映像は本当に素晴らしい。
梅まつりのあとの雛祭り、梅の名所の写真がちらと出るが、これがまた息をのむ美しさ、大覚寺の梅林にぜひ行ってみたい、とメモするのだが、実現しないだろう、という予測しながら、である。

料亭「萩坂」の女将役の高岡早紀が匂うばかりの美しさである。このひと、悪女やら、したたか女の役を演じるとあまりの名演で、実物もこんなひとかしら、とまで思えてくるのだが、『京都人…』の演出家,源孝志さんの、お気に入りなのだろう、このシリーズのドラマにも主役級で出演しているし、『平成細雪』でも主演のひとりだった。
このドキュメントに出演している俳優陣はみな、自分の役どころに惚れ込んでいるのだろう、いい表情、演技を見せてくれる。庭師見習いの、林遣都も、もともと演技派ではあるが、この『京都人…』のオムニバスドラマ、『桐たんすの恋文』のときもいい演技を見せていたが、「祝う春」では苔や、桜の根っこの手入れまで詳しくみせるこの庭師の仕事着のよく似合う彼、見惚れるばかりだ。この母親役の外国生活の長かったバーのマダムもいい。こんなバーに行ってみたいとつくづくと思わせられる、演出がにくい。Photo


あのすさまじく立派な骨董、ともいえる、雛飾りをしつらえて、美しい顔立ちのひな人形をとりそろえ、見るからにおいしそうな雛祭り膳を供する木屋町の料亭の名をぜひ知りたいと、女将、『松井薫』からつきとめた。料理そのものは目がとびでるほどは高額ではなかったけれど、二人以上からの予約のみ、ついでに配達可能なおせちの値段も見たら、すべて40000円以上、これもまた、したたかさのにじむ京都商売である。

日本の衣食住の粋とも言える、この京都のゆったりした、しきたりと、それを継承する庶民の生活、本当にそれは成り立っているのだろうか?
東京のあまりにもスピードばかりが優先してしまう日常と比較して、ともかく、ため息がまず出てしまうのだが…


2018年8月 4日 (土)

コメント・トラブル

コメントを下さっていたaiaiさま、ちゃぐままさま、Tacchanさま、失礼いたしました。

今朝、niftyの「まかせて365」から調べてもらって、コメント非公開になってしまった原因がわかりました。
実は、六月ごろ、スパムらしきコメントが入るようになり、それを削除して、拒否する仕方を、「まかせて365」に教えてもらったのですが、その際、逆▽をクリックする手順で、その逆▽が二か所あるので、どうやらわたくしが押し違えるという間違いをしでかした結果、niftyのメインテナンスの影響などもあって、ほかのコメント拒否、非公開になってしまったようなのです。

スパムがほかのコメントに影響することは全くないということも判明して、ちょっと安心いたしました。

アクセスが多めのブログに、横文字入りの文章で、クリックさせようとするスパムコメントが入り込むことはあちこちで見られるらしいです。

これから順次、お返事をいたしますので、遅ればせの失礼お許しくださいませ。

この一カ月半、コメントをいただかないな、とは思ったのですが、自分の書くものが以前より、活力が下がっているのは、自ら認めるところだったので、まあ仕方がないか、などとあきらめの境地だったのですが、こうして、まだ、コメントいただけていることは、大変ありがたいことと、うれしく感謝しております。
今回の現象を、わからせてくださった、KUMIKOさま、こころより御礼申し上げます。

                                                ばぁば

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »