2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 難聴経過 | トップページ | スマホトラブル »

2018年7月24日 (火)

シルバーさん、ありがとう

このごろ、家の隅々の汚れがとても気になる。日常の雑事に追われて一通りの家事をなんとかすませることで一杯だった以前より、少しゆとりが出たからなのか、家が築後六年たって汚れがたまってきたのか、ともかく、まだ間に合ううちに、きれいにしたいと思うようになった。

たとえば、浴室の洗い場、浴槽は定期的に洗浄するのだけれど、洗い場は洗剤をスプレーして、ブラシでこする程度で、膝が痛むことになるので、かがみこんで手まめに掃除することはサボっていた。

凹凸がある表面が黒ずんできたので、製造元に電話したら、それはカビですね、よほど専門の手にかからないと、とれないですよ、と言われた。
専門は、高価だから当たり前だが、どの程度、手がかかって、きれいにしてくれるかはわからない、ともかく、さしあたって、頼りにするのはシルバー人材センターだ。
六、七十代の男性のシルバーさんには、去年もカーテンの取り外しと、取り付けをとても手際よく、安価に助けてもらった。

電話して、二週間ぐらいして、この猛暑の午後、シルバーさんが来てくれた。だいぶ汚れていました、という感想、二時間たっぷり、のぞいてみると、洗い場の汚れは完璧に近く、きれいになって、見違えるばかり、わたしは「うわぁーっつ」という歓喜の叫びをあげたので、彼は「そんなに喜んでいただけると、張り合いがあります」という感想を述べた。
七十代後半の彼、三年まえに膝を骨折、その後足首もいためたとか、胃癌の手術もしたとかの壮絶人生だったらしいけれど、自分用のグッズ一式を持参、本当に隅から隅まで、ピカピカに仕上げてくれた。午前中、どこかの家の換気扇の掃除、我が家のあとも、外人が大勢住んでいるマンションのゴミの整理に行くとか、ゴミの出し方がメチャメチャなのだそうだ。

仕事なんで、まだやれるあいだはやります、という彼、これぞ掃除仕事の見本というように非の打ちどころのない、仕上げぶり,、心の底からつきあげるような感動を味わった。


定期的にお願いしようと思っているが、次の掃除が今日ほど、大変にならないように、私自身も定期的に洗い場をきれいにすることを心がけたいと思った。

« 難聴経過 | トップページ | スマホトラブル »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難聴経過 | トップページ | スマホトラブル »