2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 柚木沙弥郎さんの世界 1. | トップページ | 二つのコンサート »

2018年6月20日 (水)

柚木沙弥郎さんの世界 2.

ともかく、どうしても柚木さんの作品展を、この目で見て、素晴らしさを実感しなければ、と思った。24日まで駒場の日本民芸館で開催されている。

昨日はめずらしく梅雨の晴れ間の日だったので、民芸館なら何度も行ったことがあるから、大丈夫と思ってでかけたのだが、澁谷経由の井の頭線には乗りたくない、一番長く複雑に歩かされるから…と、ちょうど二子玉川行のバスが来ていたので、それに乗って、田園都市線から井の頭線への接続がいいのではないかと期待したのが、大間違い、降りてからも結構歩き、駒場東大前の西口からが、また結構歩き、着いた民芸館は、わたし同様、ウイークデイの梅雨の晴れ間をねらってきた人でいっぱいで、靴を脱いで上がらなければならず、その靴を各自、ビニール袋に入れて持ち歩かなければならないので、いろいろ疲れた。001
002


それでも作品はどれも、目が吸い寄せられるほどの色彩と形の調和美の極致、とりわけ緑と紺色のものが何とも言えないほどの印象を刻み込む。
1976年作の注染雲文着物は忘れられぬ強烈な美しさだ。
そのそばにあった1998年作の型染草文のれんも、対照的な繊細さに満ちた作品だった。Photo


ちょうどお昼すぎだったので、駅そばで食事を、と思ったのだが、このあたりはおよそ入りたいという店はなく、そうかといってまた渋谷に戻る気はしなくなって、かつて何度も通った下北沢に出て、バス、バス接続で戻ることにした。

下北沢でよくランチを食べたイタリアレストランに入ったのだが、味が以前とまったく変わっていてがっかり、駒場の民芸館も、下北沢ももう、もう一度来たい場所ではなくなってしまったことを寂しく感じた。

帰宅してもう一度、録画しておいたあの日曜美術館の映像に浸った。
柚木さんもご立派だが、あの染職人のひとの支えが素晴らしい。六十年以上持続している二人の合作が作品により力を与えている。

柚木さんは芹沢銈介氏と師弟の間柄と知ったが、師より十年近くも長生きして、形と色の染の美を完璧に究める境地にまで達せられたのではないか、そう思った。

« 柚木沙弥郎さんの世界 1. | トップページ | 二つのコンサート »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今日、私も日本民芸館に行ってまいりました。着いたのは10:15で、既にかなりの人が入口付近に居りました。NHKで放映した後だからでしょう。染織をしている仲間から聞いていたので、行こうと思いつつ遅くなってしまい、混んでいました。作品は実際に目にしてみると、力強い造形で元気を頂きました。私は、初期の型染めの細やかな配色も好きです。最近の作品は、大胆で伸びやかで何か突き抜けていて、楽しくなりました。

番組は見逃しましたが、来週の再放送に期待しています。着物のデザインが斬新で生命力が溢れていますね。
前回のリビングのインテリアはご自宅ですか?余分な物を廃した知的なテイストが素敵です!
それから水盤の植物も形が珍しいですね。植物名は?

aiaiさま
芸術を究めているひとの作品を鑑賞していると、生きていくのはこういうことか、と悟らせていただくことがありますね。
柚木さんの世界はまさにそれだと思わされます。

ちゃぐままさま
あのインテリアは柚木さんご自身のお宅の写真です。インテリアデザインを試みていらっしゃることもあったとか…
水盤の植物の名はわかりませんが、民芸館の入り口にあったものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柚木沙弥郎さんの世界 1. | トップページ | 二つのコンサート »