2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 二度目の待遇表現授業 | トップページ | ウイメンズ・カンファレンス2018 »

2018年2月 1日 (木)

きのうの皆既月食

「おい、始まるぞ」夫の声がかかった。友人との長電話を早々にきりあげ、二階の夫の部屋にいく。窓から居ながらにして皆既月食が眺められるのだ。
カメラに収めようとしたが、白くしか写らない。あきらめた。

月が欠け始め赤みをましたころ、もう二階からは見えなくなったので、コートを着て外で眺めた。地球が宇宙の一部なのだという、当たり前のことを、きょうほど実感したことはなかった。それも刻々とわからせてくれる変化が胸をドキドキさせる。Photo


早めに帰宅した息子も何度も外に出ていた。
仕事がすさまじく忙しいらしいのだが、まだ月を眺めようとする余裕があるのだと、少し安堵した。
宇宙の変化をまざまざとみても、いつもの黄色が赤く変化しても、わたしにはやっぱり「お月さま」である。

« 二度目の待遇表現授業 | トップページ | ウイメンズ・カンファレンス2018 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二度目の待遇表現授業 | トップページ | ウイメンズ・カンファレンス2018 »