2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月に作成された記事

2017年10月31日 (火)

続、孫娘の音楽会

孫娘はいつもと変わらず、むしろすがすがしい表情であらわれた。自分の一番好きなカラーを選んだというレンタルのブルーのドレスも、シンプルなデザインだったが、金色に輝くトロンボーンを引き立てるのにふさわしく、彼女に良く似合っていた。
平常心でね、と前の日、メールをしたのだけれど、その通りの第一音が出た。

トロンボーンは管楽器の中でも、もっとも人間の声に近いとされている。人類最初の楽器は笛だったと言われているが、そのルーツが、「天然」というニックネームをもらっている孫娘の素朴な性格に合ったのだろう。食べ物をとてもおいしそうに食べる子で、小さいときから好き嫌いはほとんどなく、ワカメが大好きだった。男性に負けないような肺活量も養われてきたのかもしれない。

一歳のときに死に別れた彼女の父親は音響の仕事をしていた。わたしが不安な時の神頼みなどしなくても、きょうのあの音は、天上から父親が守っていてくれるからこその響きなのかも知れないと思った。

終って娘たちと合流した。「音がずっとよくなっています、もう立派なプロですね」という孫娘の担任の講師の声が聞こえた。

楽屋口で孫娘は大勢のひとに囲まれて写真を撮られていた。009
今夜は疲れをやすめるひまもなく、新幹線で仕事場のある地に戻るのだという。

感想とねぎらいのメールを送ったら、「緊張したけど、やりたいこと全部出し切れてよかった! ばぁばも身体に気をつけてね!  またご飯食べにいくね」という返事があった。

2017年10月30日 (月)

孫娘の音楽会

台風も接近しているというきのうは、孫娘の音楽会の日であった。
オーディションで選ばれたほかの三人のソリストと、それぞれオケつきで演奏するという、音楽大学のイヴェントで、トリを務めるのだという。

彼女はすでに東北地方唯一のプロ交響楽団に就職しているが、卒業前のこの音楽会は最後の晴れの舞台になるのではないかと、我が家から電車で二度乗り換えのちょっと遠いその場所に出かけた。

ケース付きのトロンボーンという楽器は結構重いので、それを背負い、しかも必要なもの全部が詰まったカサのあるバッグを肩に、朝のラッシュ時に通うのは大変だっただろうな、と察することができた。

孫娘が取っておいてくれた席は中央からちょっと右の一階席だったが、すぐそばの中央に、とても目立つ高級なおしゃれをした美しい女性がかなりの席をおさえていて、皆におめでとうございます、と挨拶されていたので、出演者の母親なのだと察しがついた。

孫娘の直前のソリストはその女性に良く似た、細身の美女で、真っ赤なドレスに、光る石をちりばめた白いベルトをして、楽団員に挨拶するときに後ろ向きになった姿は前側のデザインよりもっと目立つ、大きなフリルの流れた、ドキッとするぐらいの立派な立ち姿だった。しかも演奏も緊張がまったくみられない、たおやかで流れるように美しい、テクニックもすぐれた、サン=サーンスのピアノコンチェルト。
終わるとソリストにそっくりの母親に、招待されたひとたちは、その曲だけ聴きにきたらしく、150点でしたよ、という褒め言葉を述べて去っていった。

このあとはプレッシャーだろうな、とわたしは孫娘を思いやって、神に祈った。どうか無事に務められますように…。(続く)


2017年10月25日 (水)

よく戦った、DeNAベイスターズ、そしてありがとう!

まさか、これほどの躍進を果たすとは、ファンでさえも、想像外だったのではないだろうか。

夫は大洋ホエールズ時代からのファンなのだが、1998年に優勝してからは、名前が変わり、監督が代わっても、成績はさっぱりよくならず、内川、谷繁、村田など、これという名選手はほとんど引き抜かれて、この先望みはなさそうだから、もう応援するのやめなさいよ、と何度も言うぐらい、鳴かず飛ばずの試合ぶりにしょげかえることが多かった。

それでも、ひいきの熱情が娘一家にのりうつり、彼女たちが我が家を訪れると、わたしは置いてきぼりで、野球の話に熱中する。それがせめてもの幸いか、と思っていた。

今回もリーグ戦の始まりは相変わらずの勢いのなさで、わたしは元々野球が特に好きというわけではないから、ともかく、夫が鬱にでもならないように、時折励ますことはしていたけれども、期待は全くしていなかった。

ところがどうだろう、三位からまさかのCS出場、キャプテン筒香はタイガースとカープを破ってかならずここに戻ります、などと無茶な宣言をして、と思ったのに、それが本当になってしまったなんて。

敵の本拠地で闘う四戦、三勝目のわずか一点の差、わたしも祈る思いで見届け、守り切ったときには夫と抱き合ってしまった。そして一昨日、マシンガン打線が復活したような勢い、ラミレス監督のお立ち台の最初の一声、神に感謝するという言葉に、まず感動。これぞ、野球の面白さ、を見せてくれながら、夫を元気にさせてくれて、ありがとう!!ベイスターズ!

夫はきょう理髪店に行って、生気が戻り、若返ったようだ。
まだ、もしかしたら一週間も野球が楽しめるかも…と言いながら、笑顔になっている。

2017年10月23日 (月)

ようやく、枝野さん…

きのうの投票日は迷っていた。
天候も、だが、教会にも行かなければならないし、午後にもその足で出掛ける予定がある。
どうしよう・・・
東京第三区、入れたい候補者なし、でも支持政党は、迷いなく立憲民主党なのだが…。
枝野さんびいきなのである。十年ぐらい前、国会中継を見ていた時、耳を疑うほど、見事な質問をするひとがいた。論旨が明快、声よし、迫力あり、場内はめずらしくシーンとして、ヤジもなく、皆が聴き入っていた。だれだ、こにひと? さっそくネットで調べ、注目し続け、もっと、もっと活躍してほしいと思って応援していた。

そしてきのう早朝、朝日新聞を開いて、社説のところで目が釘付けになった。
「棄権なんてしていられない」のタイトル、…思案の雨の朝である、で始まるその文章、
政治の、「打算と駆け引きの果て、置き去りにされたのは、理念と丁寧な説明、そして国民である」その通り、叫びたくなった。
「…だが今回の一票は、時代を画する重みを持つ」そうなのだろうか?  次に「ヒラリー氏の嘆き」…あの選挙の時、投票率は50%、多くの市民から、実は投票に行かなかったのだと、謝られたそうなのだ「市民としての責任を最悪の時に放棄したのね」と言う言葉をのみこんだのだとのちに語った。「…棄権という選択は、将来を白紙委任することに他ならない」そして「…選ぶことをしなければ、民主主義は始まらない」「…関心が高いから投票に行く、投票へ行くから関心が高まる、どちらも真理だ。さあ一歩を。」なんという説得力ある言葉の数々…朝日新聞にはこういう文章を書けるひとがまだいる…よみがえったな、と思った。

そして投票へ。
結果、立憲民主党の素晴らしい躍進。枝野コールが沸き起こるあのすさまじい人だかりの街頭。

これまで彼は、持てる力を出し切れずにいた。3・11がなかったら、民主党政権は続いていたかも知れない。でも彼が陣頭に立つには時間がかかっただろう。

そして今、チャンスが訪れた。枝野さんのときが・・・応援してます、枝野さん。

2017年10月22日 (日)

氷雨の一日ではあったけれども・・・

土曜は通常、一日ブリッジトーナメントの日である。
きのうも52人、四人一組になって戦うイーブンチャンスに参加した。
ペアはあらかじめ約束した二人だが、どのペアと組むかはその日にならないとわからない。
運もあるのである。
最初の2ラウンドは大敗に終わり、きょうは運がなかったとあきらめるほかないのかと思っていた。ところがランチ前の2ラウンドを勝ち、真ん中辺の順位に達し、更に午後、ずんずんと勝ち進んで、トップを争うまでとなった。その日の1位は負けなしの不動の強さを誇るチームなので、かなり善戦したけれど、追いつかず、最終結果は2位。

ブリッジゲームの勝ち負けは人生に似ている、と言ったひとがいるが、この日は正にそうだった。どん底から這い上がることもある。最初にトップでいても、まっさかさまに転落してしまう日もある。

夜はその足で、自由が丘のレストランで開かれる出身校の支部会に出る予定なのでかなりハードな一日なのだけれど、好成績に終わったゲームの高揚感で氷雨も気にせず、出席。

10人ほどの出席者、選挙の話から、健康体操、高齢者向きレストラン情報の話まで、会話は途切れず、盛り上がった。イタリア料理も大皿盛りが供され、好きな分量をとることができ、カルパッチョや、チキンのバルサミコソース焼き、ホワイトソースのニョッキなど、おいしく、旺盛な食欲に自分でも驚く。

東京のトップクラスの高齢ホームに暮らすひとが出席していて、そこの食事がおいしくない、と言ったのに驚いた。そういう本音を隠す向きもあるのに、彼女の率直さも好ましかったが、なんでも隠さず、話せてしまうようなその夜の雰囲気のせいもあったのだろう。

経済的に恵まれているからこその理想郷かと想像していたのだが、ひとによっては満足できないこともあるものらしい。

2017年10月19日 (木)

電話かメールか・・・

娘との気まずい電話のあとの修復を、やはりなんとかしておかなければ、と思い、メールをした。「あなたをなんとか慰めたくて」というタイトルで、きのうのわたしの反応は心無かったと言う言葉と、自分も娘ぐらいの歳のとき、母親からの電話がうとましかったこと、そして職場のストレスや、愚痴などを、かかえこまずに、我が家を吐き出す場所にして、と書いておいた。

ほどなく娘から「いろいろごめん」というメールが届き、仕事は毎日が戦場で、理不尽なことや、抑圧や、誹謗中傷などが渦をまき、働き終るとパンパンに膨れ上がったストレスの空気を抜くことで、何も考えたくないくらいになるのだけれど、でも仕事をしていれば当たり前のこと、鬱になる種類のものではなく、裏を返せば今の孤独になってしまった自分のやり甲斐でもあるので心配には及ばない、と結んであった。

こういうやりとりは前にもしたことがある、母と娘のシンドロームとでもいうのか、繰り返しているという実感がある。

母をうとましく思ったわたしのあのころは、それが本心ではないのだと敏速に伝えるメールという手段もなく、母をより深い孤独においやっていたのではないかという悔いの思いとともに、今のわたしはあの世の母と心ゆくまで話したい、そう今ならば、という感じなのである。

電話で始まった不具合はメールでおさまった。でもその逆のこともある。メールを読んでもらえず、てっとり早い電話のほうで音声の伴う言葉から誠意が伝わることも・・・

電話とメールをいかに使い分け、こころの通い合いを保っていくか、いまはそれが敏感にできても、いつか鈍感になってしまう配慮の衰えを想像して、10月にしては寒すぎる天候により寂しさを感じたのだった。


2017年10月18日 (水)

続、きのう・・・

きのうの昼過ぎ、国際婦人クラブで同時期、奨学生の選考委員をしていたひとがクラブを退会してしまったというので、電話してみた。同い年の彼女、八十をまえに、もうやるべきことはすべてやったからと、決意をしたのだという。

ご主人と仲睦まじい彼女、海外旅行はいつもカップルなのだが、昨年クルーズに参加したときご主人がインフルエンザになり、幸い同室の彼女は無事だったそうで、手当も病院並みに行き届いたというが、拘束された状況になり、大変だったようだ。ご主人はもうこりごりだということで、海外旅行は打ち止めになったと言う。

そんなお互いの消息を話し合い、およそ一時間以上しゃべった。
同世代の電話はやはりメールより便利、お互いの体調も声の調子で察することができたりする。

でもこの電話という通信手段、娘世代にはとても迷惑らしい。わが娘は語学校の教師だが、夜の帰宅が遅いので、わたしは、元気かどうかだけ、知りたくてつい、電話してしまうのだが、それがとても迷惑らしく、いつも不機嫌な声が返る。

きのうもほどなく開かれる孫娘のコンサートに行くときの打ち合わせをしたくて、つい電話にしてしまったのだが、あまり迷惑そうなので、すぐ受話器をおいてしまった。ところが肝心の開始時間を訊き忘れたので、それだけ訊くつもりでまた電話してしまったら、職場で不愉快なことがあったらしく、疲労困憊で戻ったところなのに、一方的にまくしたてないでよ、というので、こちらもガチャン。

でもなんだか様子が心配になってきた。いま孫息子も独立し、孫娘は地方の交響楽団のメンバーとなって、東京住まいではないので、娘は独居である。
このところパソコンのやり過ぎなのか、夜になると腕が痛くなるので、メールはしたくない。

いまできるのは孫たちにママを元気づけてもらうこと。幸い孫息子には電話が通じたので、私から聞いたとは言わないで、と前置きしたあと、ママの様子が普通じゃないからすぐ電話してみて、と頼んだ。


きのう・・・

前日、デイケアの体操で、痛い身体を随分と折り曲げ、ほぐしたのに、身体の奥の疲れのよどみのようなものが、しこっているので、予約をとって、マッサージを三十分してもらった。

それからバスに乗って、田園調布の書店に行く。曽野綾子さんの『夫の後始末』をまずはぱらぱらとめくってみて、それから買うかどうか決めよう、と思っていたのだ。

この本はすでに、ネットのgenndaiというサイトで、かなりくわしい内容を読んでいた。曽野さんが同業のご主人とは、意外にも共通点は少なくて、彼女が興味を示すものを共有することはなかったということに、うちと同じなのだと同感することがあったこと、自宅介護の詳細と、そのときの彼女の心の動きが書かれているらしいので、いずれ来るかも知れない我が家の危機にそなえられるかも、と期待したからだった。

ところが書店に平積みされているはずの、その本が見当たらない。店員に訊いたら、冷ややかな声で、売り切れです、在庫もなく、いつ入ってくるかもわかりません、と言うのである。

ああ、自分が思うことはみんなも同じなのだ、とつくづく思った。

帰宅してアマゾンをのぞく。新刊はかなり先の手配、中古本はプレミアがついて、1000円の定価なのが、1700円以上になっている。迷ったが、このところ書籍を買っていないので、ま、いいかと、購入にクリック。(続く)

2017年10月12日 (木)

よくぞ、ふたたび

今年の夕顔を可哀そうだった。立派な一番花を咲かせてから、残りの蕾が次々咲くものと期待していたのに、開きかけると、驟雨に打たれ、とうとう次の花が咲かないままに終わるのかと思われた。

003_2

004


ところがツルだけはどんどん伸びて、ついにはモッコウバラのシュートにすがりつき、どんどん昇っていくのである。そのシュートだけは切るにしのびず、そのままにしておいたら、昨日の夕方、あっと思うことが起きた。モッコウバラの葉影に隠れて見えなかった蕾が見事開く、という次なる贈り物をくれたのだ。005_2


どんどん丈をのばすシュートが妙にべたべたしていると思ったら、蜜を含んでいるらしく
蜂がしがみついて、蜜を吸っている様子も、興味深く眺めた。

夕顔の咲き具合の現象は、人間界に起きる運、不運にも似ている。
それがこの年齢になってからこそ、つくづくと悟ったりするこのごろなのである。

2017年10月 8日 (日)

『神々の黄昏』を観終わって

ワーグナーのオペラと聞いただけで、眉をひそめるひとは結構多くて、ましてや五時間という上演時間のリングシリーズを観に行くのは変人あつかいされたりする。

でもその『ニーベルングの指輪』四部作を無事観終った今、まだそれを観終る体力があるうちに、しっかり観られたことを幸いに思わずにはいられない。

『神々の黄昏』の二日目、新国立劇場はほぼ、満員だった。
一番驚いたのは、わたしが気に入っている二階のLと言う席から、見下ろす、オーケストラピットがおよそ百人を超そうかというほどの演奏者であふれていたことである。

ヴァイオリンの弓がふれあってしまうのではないか、と思われたが、その人数の効果は素晴らしかった。オーケストラはストーリーを雄弁に語っていた。
ジークフリートに裏切られた、ブリュンヒルデの悲しみを、ハーゲンの憎悪と欲望を、そして人間界に起こる否定的な感情のすべてを。Photo


指揮者飯森さんはオーケストラで始まり、最後もオーケストラのみでしめくくられる、これもまた円環(リング)であると語っているが、まことにうなずける解釈である。

舞台はどちらかというと抽象的な美術であったが、二幕目の、ブリュンヒルデが悲しみと怒りをみなぎらせてふりむいたままの静止の幕切れは、忘れられぬほど美しかった。
台本作家でもあったワーグナーが、ドラマと音楽をどちらも主役にするための、歌劇を楽劇に変えたという、音楽界での、役割は偉大だったのだということがうなずける観劇に終わった。

この十日間で五時間オペラを二度観るというのは、かなりきつかったが、居眠りが一度もでなかったのも不思議なことだ。階段や歩行距離もかなり長い、新国立劇場への往復も、へたりこむことなく、終えることができたのも、音楽に癒され、感動していたからだと思う。

2017年10月 2日 (月)

伊豆高原クラフトの森フェスティバル

004002_3


006_2
大室山のさくらの里でフェスタがあります、泊りがけでいらっしゃい、と刺し子の吉浦先生からお招きがあって、生徒の三人いそいそと出かけた。

見るだけでなんとも癒される、なだらかな大室山の曲線、ふもとのさくらの里にクラフト作家の出店が並んでいる。

入口に一番近い陶芸作品に早くも、買いたいものが見つかった。夫用の御飯茶碗、織部風の色合いのわたし用マグカップ、おはし、備前風の小皿、合計でも3000円以下、東京ではこれほどのセンスのよい作品がとてもこんな値段では買えない。018_4

009_5

刺し子のお作品の鑑賞に堪能したあとのお手作りの夕食のメニューは驚くばかり、カワハギのお刺身、シャケと玉ねぎの南蛮漬け、トウガンの煮物、栗ごはん、根菜たっぷりのお汁。、

010_2014
翌日の午前中、織糸でする刺し子コースターをお習いする。
ランチの煮ソーメンのおどんぶり、おんだ焼がぴったりで一段とおいしさが増した。
017
お宅の廊下に珍しい木製の小物干しがぶらさげてあった。何とも言えない風格の品なので、どこのですか?と伺ったら、アーミッシュのものです、というお答えに感動。主婦の買い物の楽しみと奥行きはここまで広がるのだな、と思った。


« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »