2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 近所の桜 | トップページ | おくる日に »

2017年4月 9日 (日)

ティータイムにはこれを

コーヒーは朝飲むので、午後は紅茶を飲みたい。それもミルクも砂糖もなしで、フレーバーのいいもの、とりわけ好むのがアールグレイとシナモンティー。
英国なら、ビスケットを添えてということになるが、ビスケットのおいしいものは、日本ではなかなか見つからない。クッキーは甘すぎるものが多くぴったりしない。

と、いうわけで、ケーキはよく焼いていたのだが、もっと手軽なものをと考えて、英語で言うところのbars、バーズという、形式のものに変えてみた。

つまり四センチくらいの深みの四角い焼き皿に入れて焼く、分量がフランス風に言えばキャトルカー、出来上がりのもので言えば、ブラウニー的な焼き上がりのものである。
キャトルカー的分量、すなわち粉、バター、砂糖、すべてが同量で、普通のケーキの二分の一くらい、それに玉子一個。
バターをかきまぜ、砂糖を入れ、玉子加え、粉(ベーキングソーダ(パウダーでもいい)と塩少々、好みに応じてスパイス)これでクッキーを焼く温度と時間に設定して出来上がり。
慣れると、三十分もしない早業で仕上がる。簡単だから苦にならない。
フルーツケーキ的なドライフルーツ、レーズンなどを入れたものや、バナナケーキなどもこの要領で。チョコレートでなくココアでつくる、あっさりブラウニーもいい。

とりわけ満足しているのが、ジンジャーブレッド。モラセスという黒蜜とジンジャー、シナモン、ときにはクローブなども加えて風味よく、焼き上げる。006

出来上がりを四角く切りわけると十六個になり、三、四日はもつ。
バターはケーキ用マーガリンの半本、砂糖はきび糖、玉子一個、ともかく、楽チン、倹約スイーツである。

我が家はほとんど外食しないし、一個四百円以上もするケーキなど買ったことがないので、食費のあまったぶん、近頃はタクシーをよく利用している。

« 近所の桜 | トップページ | おくる日に »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の桜 | トップページ | おくる日に »