2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 『花森安治の仕事』展へ | トップページ | 咲いた!! »

2017年3月 5日 (日)

オーディション

孫娘のオーディションを観に来ないか、という娘からの誘いの電話をもらった。
金管楽器のファイナリストのオーディションで、46人中5人の中に選ばれたのだという。
その中からたった一人が、オケと共演できて8万円の出演料をもらえるのだ、とか。
5人のうち、女性は孫娘だけで、あとは全部男性。
場所は川崎ミューザ。
トランペット、ユーフォニアム、テューバ、そしてトロンボーン二人、孫娘は最後の出番で、しかももう一人のトロンボーン奏者は彼女より2年下の芸大生である。
彼女は芸大入試に失敗、授業料全額無料といって招かれた私立の音大に通っている。
しかも、しかも、二人同じ曲を吹かされるのだ、こりゃ、もうダメ、さぞ、プレッシャーだろうと同情した。

休憩まえにトロンボーン以外が演奏、ユーフォニアムとテューバは大学院卒の、超大柄な男性、出る音も迫力だった。
娘が言った。このうちのどっちか、もう決まったようなものよ、と。

トロンボーンの芸大生もすごい太め、だから音はかなりの迫力だったけれど、このトマジの曲は、曲想がつかみにくい、楽しくもなんともないメロディ、このあとは大変だろう、と、ますます不安。

孫娘はぴったりした黒のパンツに、襟のあいた黒シャツという、すっきりした出で立ちで、大男ばっかりのあとだったので、すごく可憐に見えた。
こんな女の子に金管がふけるのか、と思われそう、でも始まりの音は澄んでいて美しかった。落ち着いて吹き切ったと思う。なにより、楽しくもなんともないメロディを、聴かせる魅力がそこにあった。
終ってから、「よかったよ、というタイトル、あなたの演奏には確かな音楽があった!!」とメールを送った。

そのあと一緒に食事をする約束だったので、エスカレーターを降りると、孫娘は同級生数人に囲まれていて泣き顔だった。「思うようにできてない、悔しい」と言ってまた涙ぐむ。
娘が言った。「泣くのは、まだ上昇志向が残ってる証拠、大丈夫」

もう、わたしの出番を必要としない、親子関係を見たという気がした。

« 『花森安治の仕事』展へ | トップページ | 咲いた!! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですが、時々拝見させてもらっていました。
ここに来ると、いつも質の高い生活に励まされます。
年々、行動も思考も楽な方に行ってしまうので、ある程度の「質」を
考えたライフスタイルを心に留めておくように心がけていますが、なかなか・・・。

オーディションはこんな風にして行われるのですね~。コンクールと一緒ですね。
先進国を自認している日本にしては、芸術に関する予算も関心も低いと思われ
ませんか?
心にゆとりを持てば、ぎくしゃくした世の中も緩和されますよね。
人間だけが持つ芸術性を義務教育の時から大事にするようにしたら、情操面でも
画期的な飛躍になるのではといつも思います。
小学校でも音楽、体育、図画工作は専門課程を経た人が受け持つようにすべきだと、
私は思っています。

ちゃぐままさま
ご訪問、コメント、うれしいです。
あなたのブログもいつも楽しみに拝見しています。

そしてゆとりある、福岡のご生活をうらやましく思ったりもします。
東京はせわしない・・・なにか流されている日々を感じることが多いです。

コメント最後の二行、大賛成、音楽、体育、図画工作の時間の良し悪しで人生が
変わる例は多いですものね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『花森安治の仕事』展へ | トップページ | 咲いた!! »