2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 咲いた!! | トップページ | 続、危うい買い物 »

2017年3月13日 (月)

危うい買い物


土曜日はブリッジトーナメントの日で、夕食はオレがつくるよ、と言ってもらえたので,夫にまかすことにした.。

帰宅すると夫がおでこの真ん中にヒエピタを貼っているので、どうしたの?と訊くと、タクシーに乗ろうとして転んだのだという。
あぶなかったよ、ショウちゃん帽かぶってたから、この程度ですんだけどさ、オマワリサン三人に助けてもらって、車乗ったんだ・・・

なんでも六本木の明治屋まで行ってベーコン買い、(夫は六本木の明治屋のベーコンにこだわっている)帰りに自由が丘に出て東急で得意のレシピ、「パプリカポーク」の材料を買い、ついでにビールのどごしの小缶二個、ポカリスエット二缶、おまけにコーラまで買ったら、かなりの重さになったのだという。そうだろう、それに杖ついてるのだから、どだい無理。
東急からタクシー乗り場に歩きながら、相当よろよろしていたらしい。
そして転んでしまった。前に倒れたので、おでこを打った・・・

三人のポリスがさ、オレのこと「おとうさん、大丈夫ですか?」って何度も訊くんだよ。
そうそう、わたしがいつかタクシーにぶつかりそうになったとき検証したオマワリサンも「おかあさん、どのへんにいたのか、おしえてください」って言ってた。

呼称がおかしい。ヘンな呼称で呼ばれるより、主語はぶけばいいのに。
でも神さまにお礼を言わなければ、よく無事で帰ってこられたものだ。それに、クリスマスプレゼントだった、娘からの毛糸編みのショウちゃん帽、これもお守りみたいなもの。

あとでヒエピタはがしたら、赤むけみたいになっていて、そこにヨーチンつけて手当をした。寝るまえはわたしがお風呂に入っていたので、息子がやってくれたという。買い物には行かないほうがいい、とまで言われたらしい。

夫は料理をつくりたいひとなので、ついつい甘えてしまうけど、なるべく材料はそろえておいて、買い物を少なくしなくては、とつくづく思ったのだった。

« 咲いた!! | トップページ | 続、危うい買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご主人様、擦り傷ですんで良かったです。心配の種は尽きませんよね。でも、ご自分の目で品物を選ぶことは料理をする人にとってこだわりでもあり、楽しみでもあるかと思います。お届けサービスを利用して手ぶらで帰れば少しは安心ではないでしょうか。

そうそう、私の祖母も昔怒ってました。「おばあちゃん、って他人に言われるのは不愉快極まりない。私はあなたのおばあちゃんじゃありません!っていつも思う」と言っていました。

テレビのインタビューなどでも「おかあさん、おかあさん」とご婦人に声をかけたりしていますが、とても失礼だと思います。

いわゆる、英語の「マダム」的な呼び方は「奥様」にあたるのかもしれませんが、日本の場合これもまた使いにくい呼び方でありますよね。私も先日「おかあさん」と呼びかけられてぞっとして飛び上がりそうになりました。子供がいないから違和感が普通の人よりも大きいのかもしれませんが。

ご主人様と同じ年の私の父も先日体調をくずした時は心配で眠れなくなりましたが、ちょっと良くなるとケロっとしたもので、「大げさすぎる」と怒られました。でも、やはり高齢なので小さなことが引き金で大事になったらどうしょう、と不安になるのです。もっとも楽天的なほうが病気の治りは早いそうです。やれやれ。お大事にしてくださいね。

へこたんさま
ご訪問ありがとうございます。
高齢者をよく理解なさっていますね。

我が家でも息子が娘に知らせたらしく、娘から重い買い物はこれからわたしに頼んで、などと電話してきました。
いまのところ介護の心配はない反面、ちょっとした事件が気になる様子です。

呼称のこと、むかしは奥さん、と呼びかけることは多かったですが、このごろは聞くことが少なくなりました。見知らぬ男性への呼び方は、警察でも困るのでしょうか。でもおとうさん、おかあさん、というのはやはりオカシイですよね。

Cannellaさん、度々失礼します。その後ご主人様のほうはいかがでしょうか。

昨日時々電話をくれる87歳のおじいちゃんとお話ししました。お元気で農家のボランティアと趣味の水泳を続けておりますが、85歳のおばあちゃんのほうが認知症が進み心配な状態だそうです。おばあちゃんのほうも良く知っていますが、とてもインテリでユーモアがあって笑顔が魅力的な素敵な女性だったのを覚えています。うちの母とも気が合って、会えば笑ってばかりだったのですが、母より深刻な状況のようでした。

「ちゃんとストレス解消してますか?」と聞いたら、「プールで泳いだり、友達と話したりしているよ」とおじいちゃん。明るい人柄なので人気者なんです。夫婦二人暮らしで一人娘はニューヨークで働いているのですぐには駆けつけられません。仲良し夫婦のことを想うと何とも複雑な気持ちです。自分たちも進み道なので、これからどう生きたらいいのかきちんと考えないとなりません。

へこたんさま
その後のことはブログでご推察ください。
ウオーキングも新種が出てきました。
ともかく、人間、最後までなんとか歩けなければ、つくづく思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 咲いた!! | トップページ | 続、危うい買い物 »