2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« オペレッタ『天国と地獄』を観る | トップページ | オーディション »

2017年2月26日 (日)

『花森安治の仕事』展へ

この展示会は、ぜひとも同世代の友と行きたいと思い、同級生をさそったら、二つ返事でOK。
田園調布から千歳船橋行きバスに乗り、彼女は上野毛から乗って出会うという段取りのよさ。
「美術館まえ」まで三十分足らずで到着。
世田谷美術館は建ったときとほとんど変わらない好ましいたたずまいで、レストランも以前と同じハイセンスは雰囲気、終わったら食べにいくことにして、名前を記入する。

展示物は地味すぎるぐらい、時を経たものばかり。原稿はどれも色あせているし、『暮らしの手帖』の表紙はカラフルではあるが、作品ではないから、デザインは素晴らしくてもインパクトが弱い。Photo


強烈な印象はむしろ花森氏の文章にあった。「戦争がないということは・・・夜になると電灯のスイッチをひねり、ねるときはねまきに着がえて眠るということ・・・」これは経験したひとでしかわからない、ようやく得た心の安らぎだったと、あの七歳のときのことをまざまざと思いだした。

「直線裁ち」の服のことを「動きやすく、着てらくで、うすくしい服、こんな服を着たとき、ひとはだれでも、ものごとは素直に考え、生きていることを幸せなことと思い、ひとにはやさしくしてあげようと思うようになる・・」と述べている。
本当にそう、女性はそういう、着る楽しみをもっているけれど、いまこれだけいろいろな服があふれていて、そのうちでどれほど、そういう思いをさせてくれる服があるだろうかと考えさせられ、またそういう服を選択するむずかしさのことも思った。
最後の部屋で大きく掲げられた「見よ、ぼくら一銭五厘の旗」の詩は反戦の思いと、空しさと、あれほどの思いをしたあとの、今の現実への怒りがこめられていて、胸せまる迫力の言葉である。

彼の夫人への私信や、お子さんへの絵入りのハガキなどには、率直で優しい、好ましい愛情がにじみでていて、人柄がしのばれた。Photo_2


このひとは編集者でなく、作家や画家としても十分に成功したと思われる逸材だったことは確かだが、『稀代のマルチアーティスト』と称されているように、その才能をフル回転させることに生きがいを感じていたひとなのだろう。

書籍の装填も素晴らしい。一番関心をもって眺めたのは、創元文庫のミステリーの表紙である。Photo_3


ともかく一見の価値ある展示の数々、しかも過ぎ去った過去だけでなく、現在にあってなお、暮らしとは、真に人間が生きるにふさわしい衣食住とは?を考えさせられつつ、時間がすぎていった。


« オペレッタ『天国と地獄』を観る | トップページ | オーディション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オペレッタ『天国と地獄』を観る | トップページ | オーディション »