2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 『たかが世界の終わり』を観る | トップページ | オペレッタ『天国と地獄』を観る »

2017年2月17日 (金)

通りすがりに

近くに住む友人からお茶に招待され、車を出すついでがあるからと、拾ってもらえた。
ついでに見せたいところがある、と言って、通った場所が、石原元都知事邸、まえにカメラをかかえたマスコミ陣が列をなしている。
これが毎日続いていて、それを見に来るひとも大勢いるのだそうだ。
「ご苦労さん、ご苦労さん」などと虚勢をはって出てくる当主は、シミも増え、むくんで容貌のおとろえがひどい。

このひとがトップ当選で都知事となったとき、東京をよくしてくれるのではないかと、半信半疑ながら期待しようとした。とりわけ築地の移転問題に真剣にとりくんでくれて、なんとか、豊洲なんぞに行かないようにしてくれればいいのに、と思った。
築地に一度でも足を運んで、日本の市場を代表するあの活気の中を歩いたならば、市場はあそこでなければ、という気持ちを実感できるのに、彼はそれをしたのだろうか。
週三回の出勤では無理だったのだろう。それを助言するひともいなかった、いや、いたとしても怖くて言いだせなかったのかも知れない。

過去の栄光、と自分だけの思い込みに、すがっているひとに哀れをもよおしさえする。

男性は晩年になって過去をふりかえるとき、自分は社会にどれほど認められたか、なにを成し遂げたのかということに思いをめぐらすものなのかもしれない。
それが思い通りでなかったとしても、晩年になってこそ明らかになるのは、社会でどう生きたよりも、毎日ひとりの生活者としてどう生きているか、のほうが、より意味が深い、よりj重要なのではないかと、いうのが実感としてせまってくるのである。

石原氏の虚言、それを追うマスコミ陣のはがゆさを見ながら、むなしさがつのる日々である。

« 『たかが世界の終わり』を観る | トップページ | オペレッタ『天国と地獄』を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

政治の世界は魑魅魍魎・・・
威勢だけで期待していたくちこがバカだったのかなあ?
真実って解りませんね。
裏には、またその裏がありそうで。
自分が既に過去の人でしか無いこと、
寂しいし、情けないって思っています。
それでも、やはり、今が有難いです。

くちこさん
少なくとも、魑魅魍魎の世界を少しでも明らかにしようとしている小池さんの
努力は認めたいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たかが世界の終わり』を観る | トップページ | オペレッタ『天国と地獄』を観る »