2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 老いながらP.D.ジェイムズ | トップページ | 通りすがりに »

2017年2月13日 (月)

『たかが世界の終わり』を観る

ユニオンチャーチのバイブルクラスで映画『沈黙』についてディスカッションすることになっていたので、みんな一緒に観に行くという六本木ヒルズはやめにして、きょう二子シネマに一人で出かけたのだが、時間を間違えてしまって、朝十時始まりのを見逃してしまった。
二度目のを、夕方まで待つのは、つらいし、あきらめようかと思ったら、先日孫息子が、これは絶対見逃せない、と力説していたグザヴィエ・ドランの『たかが世界の終わり』がちょうど始まるところだったので、急きょ方針を変えて、観ることにした。カンヌのグランプリをとり、アカデミー賞の外国映画賞も獲得したというのだから、大いに期待していたのだが、意表をつかれることばかりで、作品にのめりこめなかった。
不治の病をかかえた36歳の劇作家が家族に別れを告げるために。12年ぶりに帰郷するという物語。Photo


ともかく大写しの画面ばかり、それも語気荒い、本音だらけの、ののしりあいのせりふの連続で、疲れてしまう。伴奏の音楽もすさまじい音響で、難聴をわずらった友人が、これがひどいからシネコンにはいかないと言う気持ちをまさしく理解できた。
マリオン・コーティヤール、ヴァンサン・カッセル、名優揃いの大写しの一瞬、一瞬の表情の変化がすさまじく、これが満足というひともいるだろう。だが、しんみりとした胸にしみいるような場面が好きなわたしにとっては、内容のまったくない、わめきあいは不快でしかなかった。
だが、死病を患い、ほかのみんなは普通に生きていられるその生活感の差の中に歴然とあらわれる孤独を、ギャスパー・ウリエルはよく演じていたと思う。

高齢で死にゆくときも、みなから置き忘れられるような、孤独感を味わうに違いない。そのとき、饒舌になるのか、寡黙になるのか、わたしはどちらなのだろうか、などと思ってしまった。

エンドロールとともに歌われる「誰にも届かぬ心の叫び、ただ神のみが耳を傾ける」の言葉が心にひびいた。

« 老いながらP.D.ジェイムズ | トップページ | 通りすがりに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老いながらP.D.ジェイムズ | トップページ | 通りすがりに »