2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 身辺雑記 | トップページ | 枯れの美 »

2017年1月12日 (木)

ある日のランチ

自由が丘や、澁谷、まして銀座などで、1000円のおいしいランチが食べられるところを探すのは、まずむずかしいけれど、表参道から青山にかけてはそれが可能であることがわかった。

きのう、ユニオンチャーチのバイブルクラスのあと、仲良しの若いメンバー二人と一緒で、ランチをしようということになって、あちこち歩いた。どこも1000円、写真付きの立て看板を点検し、さらに中に入って、実際の料理を一瞥したりして、結局、クレヨンハウス近くのカフェに決める。

メインのチョイス、パエリャ、スパゲティナポリタン、タラコ味のチキンのどれか一皿に、野菜たっぷりのサラダバー、スープ、お代わり自由のドリンク付きで1000円というメニュー。若い人がターゲットだから、きっと盛りがいいだろうと推量して、一皿ずつ違うものをとって、シェアすることにした。
サラダバーは、レタス、キューリ、コーン、人参千切り、味付きもやし、豆腐などがあって、ドレッシングは和風、フレンチ、野菜などの三種、わたしは野菜というのをかけたのだが、これは当たりであった。ドリンクはコーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレンジジュース。スープはコンソメ風野菜スープ。

推量どおり、メインを一皿同じものを食べたら、残したくなりそうな盛りのよさだったが、およそ合いそうもないたらことチキンが抜群の味、どれもチョイスに失敗なく、三人で分けたら、取り合わせも、量もちょうどよく、おしゃべりもはずみながら、おいしい、おいしい、の連発で終わった。

高齢になると一人で食べにいくのは、なんとなく気おくれするものだが、顧客獲得競争が盛んな、青山や麻布十番などには、値段も手ごろで、おいしく、しかも入りやすい店がいっぱいある。
こういう経験をすすんでしてみて、情報を確保するのも、ボケ防止になるのでは、と思った。

ともかく、食べることは人生最後までつきまとうものなのだから、楽しみでいられるような努力だけはあきらめないでいたいものである。

« 身辺雑記 | トップページ | 枯れの美 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 身辺雑記 | トップページ | 枯れの美 »