2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 予期せぬ訪問者 | トップページ | 身辺雑記 »

2017年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます

Gallo_gallese_2017
イタリアのヴィテルボに住む友人のイタリア語教師夫妻から酉年にちなんだヴィテルボの噴水の写真入りメールが届いた。彼らは日本に五年滞在していたことがあり、二月に訪日するという。十年ぶりの再会が楽しみだ。

002

我が家のおせち。手づくりは五目きんぴら、紅白なます、田作り、サーモンマリネ、黒豆、そして、久しぶりに挑戦した長芋のきんとん。真ん中の黄色が鎌倉井上蒲鉾店の二色玉子と昆布包みのかまぼこ、写真一番奥の箱入りのミニおせちは京都和久傳から取り寄せたもの。数の子が少し食べたくて、奮発したのだけれど、さすがにどれも美味だし、見た目も見事美しい。

おせち料理は千切りが多い。きんとんも固まってくるまでかなり練らなければならない。きざみながら、練りながら、つくづく、孤独な作業だと思った。そしてこれをしなければ、三が日楽にならない、と言って六十代で亡くなった二人の模範主婦の親友たちのことを想った。

大晦日の午前中にマッサージしてもらったとき、パンパンですね、と言う感想に、しっかり愚痴を聞いてもらった。


« 予期せぬ訪問者 | トップページ | 身辺雑記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。美味しそうなおせち実に年季を感じます。特に興味を引いたのが、長芋のきんとんです。お時間あるときに作り方のレシピを教えて頂ければ嬉しいです。私が必ず手作りするのは、黒豆、伊達巻、栗きんとん、たまに昆布巻きなどです。主人が亡くなってからは、孫の好物の甘いもの中心になってしまいました。ばあば様、今年もブログ楽しみにしております。

ばぁばさま
あけましておめでとうございます。
フルーツケーキ焼いてみました。
想像通りのあっさりしたおいしいケーキができました。
分量の表記の仕方もばぁばさまらしさが出ていて
またファンになってしまいました。
今年もまたいろいろ教えてくださいませ!
ありがとうございました。

aiaiさま
伊達巻や昆布巻きを作られるのですか? スゴイ!1
一番むずかしそうです。 私は挑戦するまえからあきらめています。
それにサツマイモのきんとんは正統派で、これもむずかしそう。

長芋(一本)は煮えやすいし、やわらかいので扱いやすいです。
皮をむいて、二センチくらいの輪切りにし、酢水につけておいてからやわらかくなるまでゆでます。砂糖100グラムを二分の一カップの水で煮とかし、蜜にしてそれをマッシュにした長芋と合わせ、あとはひたすらぽってりするまで練る、というもの。
長芋はすりばち(小でも大丈夫)でちょっとするだけで十分マッシュになります。
白い中に黄色い栗というのが、品があって、なかなか良いのです。

ばという方はいつか見習いとおっしゃってくださった方でしょうか?

フルーツケーキお試しいただいたようでうれしいです。
あのレシピでは、玉子の白身と黄身をわけるというものでしたが、それを省略して、
いつものパウンドケーキの分量(ケーキマーガリン、半カップ、砂糖三分の二カップ、まぜ)玉子をそのまま二個分割りいれ、混ぜ、スパイス入り粉加え、酒類に一日以上つけておいた砂糖漬けと、ラムレーズンなど、そしてクルミのみじんぎりを加えて、焼いても、十分おいしいフルーツケーキができることがわかりました。
少々手抜きですけどね。

ばぁばさま
おはようございます。
今見てびっくり!
失礼しました。ばぁば見習いと打ったつもりが、、
前回の材料が残っているのでもう一つのレシピで焼いてみます。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予期せぬ訪問者 | トップページ | 身辺雑記 »