2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 日々好日を | トップページ | ご近所事情 »

2017年1月31日 (火)

ウイメンズ・カンファレンス2017

一昨年、一人参加したときは、みぞれまじりの寒い日だった。そして去年は膝の故障のためにキャンセル、天城山荘の外気にさらされた長い渡り廊下を通ってチャペルまで行くことが不可能に思われたからだ。

今年は快晴、くっきり晴れた空を背景にそそり立つ、富士の威容が瞳の奥にきざまれる。
ユニオンチャーチのバイブルクラス仲間と一緒だったので、心細さはまったくなかった。
六十周年記念、赤いものを身につけてほしい、という要望があったので、赤いスカーフとブラウスを持参。
膝の痛みがあることを幹部に知らせておいたので、エレベーター付きの建物の一人部屋を与えられる。Wocon


ゲストスピーカー、スミスカレッジ、ハーバード出身の才媛の女性牧師、いきなり聖書の放蕩息子の例え話を朗読してから、そこに登場しない脇役たちを想像してセリフや、インタビューを試みるようにと、難題が出されて、たじろぐ。若いひとたちは難なく入り込み、演じ始めて、怖気づくばかり。苦手な部分をさらけ出すことになった。
休憩時間のスナックタイムが相変わらず楽しい。
手製のクッキーやケーキ、チーズやめずらしいルパーブのジャムまであって、それをつけてたべるパンにも手がのびる。初参加というひとたちとずいぶんしゃべった。
食事メニューは一昨年より、更においしくなったようだ。チキンのソティにニンジン、インゲン、コーンの付け合せ、ポテトグラタン、サラダ、野菜スープ、残さず完食。

二日目のワークショップは出席せず、昼寝に当てて部屋で休む。三時過ぎのバス送迎つき温泉に参加。
日帰り温泉の『湯の国会館』、湯ヶ島の山中に流れる河を見下ろす露天風呂は、薬草風呂もあって、満足感大。

最終日の夜、六十年をふりかえるヴィデオが紹介され、さすが海外の才女たちのすることは違うと感心しつつ鑑賞。日本人のピアニストの演奏やアメリカ人のギターの弾き歌いなどもあり、最後は六十周年の六、を代表する六人の女性が語るストーリーで締めくくられる。
翌朝、九時から礼拝、女性だけの礼拝だからこその細かい気配り、讃美歌の選択のよさに感動、パンをちぎり、ワインかグレープジュースに浸して口にする聖餐式、一年の最初を祝すのにふさわしい儀式は終わった。


« 日々好日を | トップページ | ご近所事情 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日々好日を | トップページ | ご近所事情 »