2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 題名負けの『グランドフィナーレ』 | トップページ | チャイの死 »

2016年8月29日 (月)

お弁当は母の味

先日、夫とわたしの二人ともが一日中留守をするときがあって、飼い猫でいまや、衰弱の一歩をたどっているチャイが「ひとり」になるので、孫娘に留守番に来てもらうことにした。
お昼にお弁当つくっておくからね、と言って、玉子焼きとトリ手羽の照り焼き入り、あとは漬物、黒ゴマをふって、梅干しを真ん中にしたのを、用意しておいたのだが、それがスゴ~くおいしかった、と置手紙がしてあった。

娘の仕事は英会話スクールの教師だが、夕方から出かけて、九時過ぎまで教えるので、食事が不規則になるらしい。外のものはおいしくないから、と言って、近頃手作り弁当持参だという。
きのう、夜遅く、チャイに会いに来るというので、じゃあ、お弁当のおかずに、味噌豆と炒り豆腐つくっておこうか?と言うと、歓声をあげて喜んだ。

そういう常備食的なものは得意なのだが、トリや魚嫌いの夫とのメインは近頃本当に悩みのタネなのだ。

そこで考えた。この日は朝教会に行くし、この暑さ、出かけるだけであとが疲れる。夕食はこの常備食とあとは出来合いのコロッケを買って、わたしたちもお弁当にしてみようか、と。001

味噌豆というのは実母の得意料理で、大豆を一晩水に浸してふやかし、油でいため、それにお砂糖をまぶし、あとはお味噌をからめるというもの。
これはお弁当のおかずにぴったりなのである。
炒り豆腐は、シイタケと、人参、ネギだけを入れたものだが、ゴマ油でいためたら、香ばしく仕上がった。
お弁当に入れてしまえば、おかずのアクセント、揚げ物が買ったものでも、サラダ菜入り刻みキャベツにくるめば、けっこうおいしい。

熟練の主婦の腕の見せどころは、こういう、付け合せの工夫ではないか、と思いつつ、近頃、買ったものの味があまりにも一律なのに、がっかりするたび、自分を励ましている。

« 題名負けの『グランドフィナーレ』 | トップページ | チャイの死 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなお弁当!煎り豆腐は、主人が健在だったときには、よく作りました。味噌豆、作ったことがありません。大豆を一晩浸して、炒めてお砂糖をからめ味噌で味付けとは、常備菜に良さそうです。早速試します。毎日のおかず、食欲の無い夏は、工夫が要りますね。

なんとまぁ素晴らしいお弁当の中のお弁当でしょう!
詰め方がまた美味しそう!!
店頭の画一的なお弁当も、もう限界にきている・・・といつも思います。
自分で詰めるのはかなり時間も手前も取りますが、「お弁当」という響きには心がゆすぶられます。
大豆を煎って・・・、これは私にも出来そうです。

久しくお弁当を作っていませんが
時には良いものでしょうね
お弁当のふたを開ける楽しみ
ドキドキ感が思い出されました
味噌豆ですか
大豆も自家製ですので早速挑戦

クルージングから帰ってきました

aiaiさま
ちょっとゴマをかけすぎました。お皿にとって、パラパラとまけばいいものを、袋から直接かけるという、ずさんなことをしたので・・・

みそ豆おすすめです。一晩ふやかすと二倍ぐらいの大きさになります。よく水気とって、サラダオイルでいため、薄皮がはがれるぐらいになったら、お砂糖をまぶします。
(豆半カップに対して大匙いっぱいぐらいでしょうか)そしてお味噌これも大匙1、では多すぎることもあるので、味噌がおおすぎないように、豆をほんのり包むぐらいがしつこくなくおいしいです。鉄火味噌というのがありますがあれは味噌が多いですね。
これって、お茶漬けにも合うんですよ。(なぜかお砂糖を先にまぶすと、味噌がからまりやすくなります)

ちゃぐままさん
あなたのようなお料理達人にそう言っていただけると、恥ずかしいのですが、味噌豆は家族のだれもが喜ぶ副菜です。
買ったお弁当は「なだ万」のでさえ、おいしくない、私の私見ですが・・・
粗末な手のかからないおかずでも、自分でつくったものを、少しずつ入れ、あま、から、すっぱ、などの五味を考慮しいれると、心あたたまるお弁当が出来上がります。
入れ物にも凝りたい、わっぱは、まだ手がでませんが・・・写真の弁当箱は塗りのものですが、義母が使っていたもの、色違いで四人分そろっています。

おばさんさま
味噌豆、ぜひお試しください。簡単につくれます。

クルージングですか。お元気なのですね。うらやましい・・・
わたしはいま、旅をしようという気がおこらない毎日です。

さっそく作りました!味噌豆!
ただ大豆ではなく、蒸した大豆ドライパックを使いましたが上出来。
ご飯にもビールにも合いました。とても美味しかったです。
次回は大豆を使います。歯ごたえが違って更に美味しいと思います。
味噌と聞くと「アドレナリンもの」の私です。飽きるほど食べたいです。
ありがとうございました。

おいしそう!
というか、美味しいのが解ります。
家庭の味が一番ですよね。
歳と共に、惣菜には、なかなか手が出なくなりました。
旅行に行くと、だんだん自分の料理が食べたくて欲求不満になります。
お幸せな孫娘さんですね。

ちゃぐままさん
大豆をきらしたとき、蒸したものを使ったことがありますが、出来上がったものは似て非なる味でした。

くちこさん
本当にそう・・・旅行に行くと、自分の味が恋しくなりますね。
売っている惣菜はセンスなしの同じ味、たまに小さな店の手づくり惣菜、初めは家庭の味らしいおいしい、と思うものでも、そのうち、量産になるせいでしょうか、おいしくもなんともなくなるものが多い・・・

でも、この暑さ、体調もイマイチのときは、手づくりが億劫・・・老人ホームに入らないかぎり、主婦業は一生続く、ということで、手抜きの工夫に頭を悩ます毎日です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 題名負けの『グランドフィナーレ』 | トップページ | チャイの死 »