2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月に作成された記事

2016年7月30日 (土)

平塚らいてうを知りたくて

「元始、女性は実に太陽であった・・・」のあとにどういう言葉が続くのか、『青鞜』の内容をもっと知りたいと思っていた。

母校の夏季学寮、軽井沢の三泉寮で、『成瀬仁蔵と平塚らいてう』と題する講演があると知って、この機会を逸してはならないと、申し込んだ。寮の宿泊の締め切りが過ぎていたので、担当者には迷惑をかけてしまったが、二泊三日の滞在も決まった。
ところが、出発二日前から、就寝時の身体のほてりや、食欲不振にみまわれ、出かけるのが危ぶまれるほどとなり、ホームドクターに薬を処方してもらって、なんとか出発した。

当日は土砂降りの雨、洗われた軽井沢の緑はまばゆく美しく、澄んだ空気に、体調が好転する予感をおぼえたが、何しろ二時間以上の長時間の講演、会場の食堂はよりかかる椅子ではなく木製のベンチなので、もしも中座するような場合のことを考え、あえて最後部の端に座る。

講師、日本女子大学名誉教授倉田宏子姉は、豊富な資料と、よく整理された論点満載の内容をゆったりと、落ち着いた語り口で解き明かし、最後まで耳を十分に傾けて聞き入ることができた。

午後には必ず眠気をもよおすのに、この日はまったくそれが起きず集中できたのも不思議だった。

『青鞜』発刊の辞、元始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。
今、女性は月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のように蒼白い顔の月である・・・・という言葉が続く。激しい憤懣と、今のままではならないという決意と励ましの主観的な鋭い言葉が羅列する。これが今から百年前の日本女性の言葉であるとは、驚きである。しかも母校出身の女性であったことをあらためて誇らしく感じた。
四十数年まえ、アメリカ中西部に四年暮らしたとき、ベティ・フリーダンを中心とする女性解放運動の影響を受け、女性学を学んだ経験がある。そのときより半世紀以上も前に、日本ではすでにフェミニズムが台頭していたのだ。日本のこのころの女性の底力を感じた。

創刊号の表紙絵はらいてうの同窓生長沼智恵子、のちの高村光太郎夫人、である。西洋の女性の立像であるが、周りを囲んでいるのは日本の着物で、西洋の女性のように自由に自立していきたいと言う、熱い想いを表現していると講師は語っていた。Photo


創刊号執筆者の筆頭に与謝野晶子の名があり、『そぞろごと』という詩が掲載されている。

山の動く日来る。
かくつたえども人われを信ぜじ。
山はしばらく眠りしのみ。
・・・・・・・
すべて眠りし女今ぞ目覚めて動くなる。
・・・・・・・
額にも肩にも
わが髪ぞほつるる。
しをたれて湯滝に打たるるこころもち。

ほとつくため息は火のごとくかつ狂おし。
かかること知らぬ男。
われを褒め、やがてまた誹るらん。

十二人の子を育てつつ、創作をしていた晶子の苦悩ののじむ行間、文語表現の美しさに魅せられる。

文明の発達した現在、女性が働くのが当たり前のようになっているが、女性であるがゆえの悩みは終わっていないように思う。
専業主婦となって、報われることの少ない家事を究めれば、究めるほど、別の憤懣も生まれるし、それを語りたがらない同性の中で孤独を感じることもあるのではないか、女性であるが故の幸せは同時に、苦悩がつきまとうことを感じつつ、この資料に目を通していた。(続く)

2016年7月25日 (月)

ある終わり

車を手放す日が近づいている。と、いうことは夫が免許を返上するときでもある。
およそ六十年間、無事故無違反で家族のために運転を続けてくれた。
とりわけ、四年間のアメリカ生活、今から四十年まえ、まだ日本にマクドナルドもない頃、四十州以上をも、行く先々でレンタカーを走らせて仕事をこなした。
仕事ばかりでなく、休日には、私たち親子三人を乗せて、ドライブに連れていってくれた。
最初に出かけたロングドライブ、私のたっての希望で、サウスダコタのラシュモアパークに出かけたときのことは、今でも鮮明に記憶の中にある。ヒッチコックの『北北西に進路をとれ』の舞台となったラシュモア、四代大統領の顔が岸壁に刻まれている、いかにもアメリカらしい雄大な眺めの場所だ。

わたしの運転歴はアメリカだけにとどまったので、帰国してからも、夫の家族サービスは続いた。
娘がシングルマザーとなってからは、父親がわりの役を果たした。休日は二人の孫を乗せて保育園の送り迎え、公園通いなど、夫の出番は絶えることがなかった。

先日、マイカーを使う墓参りの最後となる日、瑞泉寺に出かけた。駐車場から墓地までの急な坂道、昨年末足を傷めた直後の墓参のときは、杖をついてそろそろと上ったわたしだったが、今回は先に立ってスタスタと上る。夫は杖をつきながら、ゆっくりと・・・桶やひしゃく、小箒、塵取り、たわしを持つのもわたし、墓は苔むして黒ずんでいた。その苔を二人でこすり取るのだが、夫の手に力が入り切れていない。年齢差が出ていた。

運転は安定している。彼はかなり短気なのだが、運転に関してはそれがあらわれない。精神の制御が巧みなのだろう。

これまでの感謝をあらわしたい、と思い、表彰状と書いた色紙をつくり、娘一家とわたしで寄せ書きをすることにした。言葉にしてそれを残すことが、何よりのプレゼントになることを期待して。

2016年7月18日 (月)

わたし好みのビール

001

ハイネケンにもいささか飽きがきて、なにか新しい味のビールを探していたら、ネコマークが目について買ってみたのが、右の『水曜日のネコ』というビール、ベルジャンホワイトビアスタイルと称されたアルコール度5パーセントの発泡酒、オレンジピールとコリアンダー入りという、私の大好きなハーブ入りのせいか、ライトで風味よく飲みやすい。
ところがこれがどこにでもあるというシロモノではなく、出先で、見つからないことも多い。

そんなとき、すすめられたのが、左の『キリンフレビア』、レモンで仕上げたビアスタイルという但し書きつき、シチリア産レモンをひと絞り、アルコール度も3パーセントのライトでまろやかな口あたり、今はすっかりこれにハマっている。セブンイレブンにおいてあることが多いので探しやすい。

先日息子の彼女が来日、こんなおいしいビールは飲んだことない、と大気に入り。国際都市に住んでいる彼女をも虜にした。

ビン入りだから飲みのこしても、新鮮さを保てるし、やっと本当においしい、私好みのビールに出会えたと満足している。

2016年7月12日 (火)

スイミングスクール跡地が病院に

多摩川の東急スイミングスクールが移転し、旧施設の解体工事がおよそ半年かかって終了、跡地に、田園調布中央病院が建つことが正式に提示された。

跡地には二子玉川行と国立医療センター行き発着のバス停があり、バスや多摩川の駅は頻繁に利用するわたしは、その工事の一部始終をずっと見守ってきたという思いがある。
いかに老朽化したとはいえ、鉄筋の建物を解体するのにどれほどの労力を要するものか、如実に実感した。ガレキになったものを更に砕き、その砕いた破片にひそむ鉄線まで抜き取るという作業を機械がするとはいえ、運搬の気配り、作業の目配り、費やされた労力のすごさは並大抵ではなかった。ガレキが撤去されたあとも、プールのあった、凹凸の激しい場所だから、盛り土など、整地にも相当な人力と時間を要した。
きれいに更地となった4600平方メートル以上の広大な場所を眺めるたびに、かかわった人々一人一人にねぎらいの言葉をかけたくなってくる。

地盤が整えられるということは当然だとされ、一番目立つ、設計家のプランや建築工事の仕上がりより、評価はされないのかもしれないが、実はこの整地の作業が一番認められてしかるべきものではないか、と、そんなことさえ感じたりした。

東急スイミングスクールでわたしは泳ぎを習得した。いまから三十年以上も前のことだ。
大病もせず、ここまで生きてこられたのは、水泳の効果大だったと思う。

田園調布中央病院にもずいぶんお世話になっている。十年まえ、左足の甲を骨折したとき、整形にかかったし、眼科にはいまも通院している。胃カメラの技術には定評があるので、これも三度ぐらい経験した。

人生で一番大切な健康面を助けられた二つの施設の場所がいま、合致したことに、感慨ひとしおである。

地上四階地下一階の建坪2000余平方メートルの病院が完成するのは二年先、どのように病院が建ちあがっていくのか、また通りすがりに見守っていけるように、それまで元気で生きていたいと願う。


2016年7月 9日 (土)

夏は黄色

001
夏の色は何と言ってもヒマワリの黄色。
近くの社宅の前にあるすえつけてある石造りのコンテナに丈の低いヒマワリがいっぱい植えられていて、目を奪われる。花が大輪なだけに、とても効果的な選択だな、と思った。

002

我が家の、ウッドデッキに並べてある植木鉢の一つ、パンジーが終わってしまって、さて、何を補充しようかと思っていたら、いつのまにか、葉が立派な植物でいっぱいになり、葉に囲まれた奥に黄色の花穂がのびてきたのに、驚いた。ケイトウらしいのだが、植えた覚えも、ないのに、これは、神さまの贈り物なのかしら?
庭にはときどき、こういう不思議が起こる。
広い庭があったとき、真っ赤なヒガンバナや、ピンクの芙蓉などが、これもいつのまにか、一隅に育っていたのを、今になってなつかしく思い出す。

2016年7月 4日 (月)

バス待ちトーク

バス停のベンチには先客がひとり、白髪の美しい婦人がスマホを手にしていた。
隣りに腰を下ろしたのだが、しばらく待ってもバスは来ない。

後れてるんでしょうか? わたしは何気なく声を発した。
>そのようですね。こんな暑い日にかぎって・・・
そのひとは親しみのこもった声で応えた。
>お近くにお住まいですか?
>歩けない距離ではないのですけど、足が痛くて・・・
>わたしも今、膝が痛いんです。
>わたくしも以前は膝で、今は股関節が・・・
>お膝、どのぐらいでよくなりました?
>二年ぐらいだったでしょうか・・よくなったというより、おさまったんですよね。
 ああ、そのぐらいはかかるのだ、と覚悟がもらえたような気がしてきた。
>そんなにスリムでいらっしゃるのに、やはり足のお悩みが?
 カーブスの計測の数字がさっぱり下がらないのを思い出しながら尋ねた。
>後期高齢者ですから、ここまで使ってくれば身体は悲鳴をあげても仕方がありません。

それから買い物の話になった。
>『プレッセ』はなんでもお高くなりましたね。
私は大きくうなずいた。
>リニューアルの仕上がりもよくありませんよね。前の方がよかったのに。
>五千円以上買わないと配達してくれなくなったんですよ。
驚いた。値上げにもほどがある。

>二子が変わったの、ご存じですか?
 最新の情報を知ってほしかった。
>新しいライズのほうですか?まだなんです。
>シネコンもほかと違ってガラス張りで明るくていいんですけど、『TSUTAYA家電』がすごいんです。
 やっと来たバスに乗り込んでからも、わたしは最新の情報について語った。書籍やビデオの陳列のあいだにソファーや座り心地のいい椅子があちこちあり、食、美容、健康、インテリア、旅行、ガーデニングなど、生活全般の最新の電気製品と雑貨が並んでいる。
その広々とした空間とデザインの素晴らしさに圧倒されながら、数時間が過ごせそう。
この夏は避暑がわりにここへどうぞ、と言われたという話をした。

>まあ~つ、出かけてみますわ、いいニュース本当にありがとうございました。

見知らぬひととの、世間話で気持ちが高揚することがある。
高齢になると、同時代に生まれた者同士は、なにかを共有する仲間のようになれるものなのかも知れない。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »