2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« メトライブ『ロベルト・デヴェリュー』を観る | トップページ | ジュリアン・バーンズ作『終わりの感覚』を読む »

2016年6月 7日 (火)

ひざ痛レポート

膝の痛みが始まった一月から半年になる。
あのころ杖をついて、やっとのことで浅草まで出かけた、同じコースを、今日たどってみてかなり回復しているのを実感した。
膝の違和感がまったくなくなったわけではないけれど、歩行時の痛みはほとんどない。
地下鉄の出口から、浅草公会堂の通りに右折、公会堂手前を左折してしばらく進み、日之出せんべいを買い、大通りに出る。前回は歩くのがつらくなって、バスに乗ったけれど、その必要を感じなかった。
雷門は修理中なのか、幕が張られていたので、気が付かずに通り過ぎそうになったほどだ。
でも階段の上り下りはできるだけ避けたい。エレベーターやエスカレーター利用が多い。

カーブスはずいぶん慣れてきた。先週あたりから週二度、出かけている。12台の健康器具、なかなかよく考案され、組み合わされていると思う。機械に身体を合わせるわけだから、負けないようにしないと、痛みを感じるようなことになってしまう。器具の特徴をよく理解して、人間のほうが優位にたてるような、熟練が必要だと理解し、慎重な利用を心がけている。
器具使いの三十分を終えたあとのストレッチはよくプログラムされているので、これは自宅でも毎日寝る前に必ずするようにしている。

あとは水泳と水中歩行を週一度、肩こりを感ずることは、不思議なことにほとんどなくなったけれど、疲労感がつよいときにはマッサージも週一、二度通う。

そして寝る前、痛みがあったり、沢山歩いたあとなどには、湿布薬を膝、腰に貼ることを忘れない。

夫のケアマネージャーさんからのアドヴァイス、ゴムまりを膝裏に当て、ごろごろ転がして、痛みをやわらげること、これも毎日実行している。

先刻、恐る恐るそお~っと、正座してみたら、できたのに、驚き、喜びを感じた。

飼い猫チャイはどんどん弱っていて、体重減少はなはだしく、外に出なくなってしまった。排尿が近いけれど、律儀にネコ砂トイレでしてくれて、失敗はない。階段も降りるのが不安らしく、ニャオニャオ啼いて、おろしてほしいと要求する。洗面所の蛇口から水を飲みたいのだ。そのときはついていて、下してやらなければならない。飛び降りると足を容易にくじくほど、弱っているからだ。

夫の難聴が進んでいるような気がする。チャイが下で啼いていても聞こえていないことが多い。
幸いプロ野球のDeNAが強くなってきたので機嫌はいいのだけれど、夫とネコのことが気になるので、温泉行は当分実現しそうにない。

« メトライブ『ロベルト・デヴェリュー』を観る | トップページ | ジュリアン・バーンズ作『終わりの感覚』を読む »

心と体」カテゴリの記事

コメント

膝通 快方の良し何よりです。 僕は、ワイフの股関節の置換、再置換を身近に見ていますし彼女は右をかばう為、左膝の心配が大きいようです。勿論、膝は隔週ヒアルロン
サンの注射をしています。
娘がトレーナー(在米)していますので、リハビリメニュウを送っ来ます。彼女は忠実に感心に実行しています。幸い体重は増えませんが、杖は常用です。
週一プールで約20分ウオーキングをしています。奥様の状態 はるかに良いですね。
無理をしないこと、臆病に成らないこと、皆、同じこと浅草まで行けることうらやましい限りです。頑張って。。。

Massyさま
確かに、左ひざをかばうと、右の腰が痛むようになり、それを繰り返しておりました。

筋力を鍛えることが一番大切だと、医師もマッサージ師も筋トレのリーダーも強調しますが、これは真実のようで、いくつになっても筋力を鍛えるのは、意志さえあれば可能だと、今回悟りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メトライブ『ロベルト・デヴェリュー』を観る | トップページ | ジュリアン・バーンズ作『終わりの感覚』を読む »