2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« カーネーションではなく | トップページ | すがすがしい朝のブランチパーティ »

2016年5月15日 (日)

脱テレビ生活になりかけ・・・・

テレビなしの生活をもう十日続けている。

四年まえ新築したときに購入した私の部屋のテレビはスペース確保のため壁掛けにしたので、大型ではなく、韓国製のLGという製品、スイッチをオンにしても画面の出方が遅かったり、一部音声がどもるみたいになって消えたりするので、不満いっぱいだったのだが、業者にみにきてもらうと、来るだけで二万円もするというので、ばからしいと、放っておいたら、ついに映像が出なくなってしまった。

今見ているのは、朝ドラと『真田丸』だけなので、見たいときは二階の夫の部屋に行けばよい。

テレビがなくなって思ったのは、いかに、無駄な時間をチャンネル検索に費やしていたかということ。リクライニングチェアに座ると、ついテレビをオンにするのが習性になってしまっていたのだ。

今から二十年まえ、自分が訳したミステリー小説の一節に、テレビのコマーシャルや、お笑い番組、テレビドラマを毎晩のように目にしていたら、どれほど良識が損なわれ、知性が損失するかわからない、というせりふがあったが、もうその時期はとうに過ぎて、いまや惰性に陥りかけている。

せっかくクリーンになりかけた生活だったが、テレビの代わりに、インターネット検索や、パソコンのゲームについついのめりこみがちだ。フリーセルなどは100パーセントまで到達し、今は91から94を上がったり下がったり。

それでも、読書の時間はずいぶんふえて、一週間で三冊読破できた。

もう、テレビなしの生活にするわ、と夫に言ったら、もう新しいのを手配しちゃった、というのである。LGは彼が選んだので、責任を感じたらしい。

以前は近所の電気屋さんがこれという資料やら、情報やらを、持ってきてくれて、こちらはただ選べばいいという、便利な生活があったが、いまは、なんでも自分でやらねばならない。量販店探し、寸法をはかり、ケーブルテレビようの、機器が合うかどうかも判断しなければならない。それらを全部やってくれて、今度は一回り大きい32インチのを買ったよ、というのだから、感謝しなければならない。

本音を言えば、もう少し待ってくれればよかったのに、と思ったのだけれど。

しかも、テレビを置くテレビスタンドなるものが、今は品薄、というのも、近頃は大型家具にテレビが組みこまれるのが流行りなのだそうで、それも苦心して探し、腰が痛くなったよ、と言いながら、組み立ても自分でやってくれた。
テレビも自由が丘のヤマダ電機と、大岡山の電気店のを比べ、結局そこの、今度は日本製ということで、三菱電機のが随分安く購入できた、とちょっと自慢、その上中年店員と懇意になって、壁掛けテレビをはずしに来てもらうことまで手配、近所の便利屋業者に頼むと、一万円ぐらいするところを、サービスでしてもらえた。

旦那さま、ありがとう、と言うべきだな、と自分に言い聞かせている。

« カーネーションではなく | トップページ | すがすがしい朝のブランチパーティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カーネーションではなく | トップページ | すがすがしい朝のブランチパーティ »