2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 『とと姉ちゃん』きょうの名言 | トップページ | メトライブ『ロベルト・デヴェリュー』を観る »

2016年5月30日 (月)

新国立劇場『ローエングリン』を観る

オペラは沢山観ているけれど、ワーグナーの楽劇は長い、むずかしい、疲れそうと決め込んで、敬遠していた。
昨年、メトロポリタンライブで『タンホイザー』は馴染みのメロデイ―が沢山あるから、わかりやすいかも、と期待し、ワグナーオペラを初めて観て、これまでの自分の偏見を恥じたのであった。

ワーグナーは劇作家としてもすぐれた才能の持ち主であるゆえにこその、構成の巧みさ、合唱の組み込みの的確さ、なによりも楽劇と称せられるだけのことはある、見事なストーリー運びの迫力に圧倒されるのである。

これはナマを観てみなければ、と決意し、『ローエングリン』のチケットを購入した。
延々五時間の超大作である。あいだに二度の40分の幕間。
少々はりこんで前から9列目の平土間席だったが、高齢のせいかそこでも顔の輪郭がぼやける。オペラグラス持参がのぞましかったと後悔。
三幕の、どの場面もドラマ性に満ちているので、眠気をもよおすことなどまったくない。

何よりも、タイトルロールのクラウス・フロリアン・フォークトの歌唱の素晴らしさに酔いしれた。Photo


こんなテノールの声は初めてである。耳に吸い込まれるようにやさしい、しかも透明で、音程もこれ以上ないくらい確かな、それでいて、聞かせどころの張り上げる声は迫力に満ちている。白鳥の騎士役にこれほどの適役テノールはいない、と欧米で評価が高いのもうなずける。二枚目テノールのカウフマンをも、はるかにしのぐ魅力では、と感じた。

無実の罪に陥れられたエルザ姫が夢で見た騎士の出現、白鳥に導かれた騎士をどのように登場させるのか、花道もない舞台、息をつめて見守るうちに、騎士は上から宙乗りで登場、これも劇的でよかった。Photo_2


舞台は抽象的なつくりではあるが、美しく、衣装や色調も現代風の粋が感じられ、エルザ姫の重なりの多いショートスカーのドレスも可憐さ、はかなさが強調されていて見事。Photo_3


幕間の40分、ブルスケッダつきシャンパン、カプレーゼやバーニャカウダ、一皿パスタ、それにディナーメニューなど、ドルチェコーナーも充実していた。私はこんなこととは知らず、終演後のレストラン予約をしていたのだが、しまった、と思ってもあとのまつり。
ローエングリンサンドイッチなるひと箱ケースものもあり、長時間オペラの食は劇場内ですべて用が足りるのだと、今頃悟ったのだった。


« 『とと姉ちゃん』きょうの名言 | トップページ | メトライブ『ロベルト・デヴェリュー』を観る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も昨日「ローエングリン」行って参りました。私もばあば様同様まずクラウス・フロリアン・フォークトの声に引き込まれました。この様な声は、聴いたことがありませんでした。透明なのに弱くない不思議な魅力で、釘付けになりました。彼が来年「タンホイザー」で、出演来日すると知り、嬉しくなりました。

aiaiさま
フォークトの声は何度でも聴きたいという思いにさせられますね。
「やわらかな声」と評されていますが、聴くたびに癒されます。
You Tubeで早速、フォークトの、ワルキューレのアリアを見つけ、何度もクリックして聴きほれています。
來シーズンのワルキューレは絶対観にいこうと思っています。
彼は「自分が楽しんで歌うことで聴衆も幸せにできる・・・」と言っていますが、歌うために生まれてきたひとのなんと奥深い言葉でしょう。
本当にあの『ローエングリン』はまだ映像が目にちらちらするぐらい、印象深いものがありました。

お久しぶりです。
足の具合も回復に向かっているとのこと何よりに思います。

5時間のオペラ、それもワーグナーと聞いただけで
もう鑑賞の一大行事ですね。
素晴らしい経験をされましたね。私にはちょっと無理でも
オペラ通の方の楽しさがぐんぐん伝わってきます。
幕間のおいしそうな話、これもオペラの内ですね。
私なんぞ、コンサートの3階席でも満足しています・・(´゚Д゚`;)

ちゃぐままさん
ありがとうございます。だいぶ歩行が楽になってきました。

さて、まさか自分がワグネリアンになりかけるとは思っていませんでした。それほど、オペラの醍醐味を感じさせてもらえます。

次の『ワルキューレ』が楽しみ・・・外国に行くことを考えれば、オペラ鑑賞はむしろリーズナブルな楽しみではないかと・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『とと姉ちゃん』きょうの名言 | トップページ | メトライブ『ロベルト・デヴェリュー』を観る »